autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース スズキ、新型ワゴンR搭載の低燃費化技術「エネチャージ」「エコクール」を開発

自動車ニュース 2012/8/9 14:30

スズキ、新型ワゴンR搭載の低燃費化技術「エネチャージ」「エコクール」を開発

スズキ

スズキは、燃料消費を抑制し燃費向上に貢献する技術として、減速時エネルギー回生機構「ENE-CHARGE(エネチャージ)」と、蓄冷材を通した冷風を室内に送る「ECO-COOL(エコクール)」を開発した。

9月に発売予定の「『新型ワゴンR』に搭載される新技術は「ENE-CHARGE」と「ECO-COOL」。

この2つの技術を、エンジン停止速度の見直し、適切なタイミングでのエンジン再始動などが施された、新アイドリングストップ機能に組み合わせることで、加速性、快適性を高めながら低燃費を実現する。軽自動車で搭載されるのは初。

「ENE-CHARGE」は、これまでのアイドリングストップ車専用の鉛バッテリーに加え、リチウムイオンバッテリーと高効率・高出カのオルタネーターを併用。スズキ独自の減速エネルギー回生機構により、減速時の運動エネルギーを電気に変えて充電する。蓄えた電気を走行に必要な電装品に供給し、発電によるエンジンの負担を軽減させ燃料消費を抑制させる。

「ECO-COOL」は、エアコン空調ユニットの中に蓄冷材を採用し、アイドリングストップ中の車室内に蓄冷材を通した冷風を送る機構。この冷風により室温の上昇を抑え快適性を保ちながら、エンジン再始動時間を遅らせることで燃料消費抑制に貢献。

9月に発売予定の『新型ワゴンR』には、「ENE-CHARGE」と新アイドリングストップ機構や、軽量化をはじめとした様々な低燃費化技術が投入され、軽ワゴンクラスでトップの低燃費「28.8km/L」(JC08モード:NA2WD CVT車)を実現。さらに「ECO-COOL」の採用により、乗員の快適性を高めながらアイドリングストップ機構の効果を高めた。

ENE-CHARGEの特長

■既存のアイドリングストップ車専用の鉛バッテリーに加え、リチウムイオンバッテリーと高効率・高出カのオルタネーターを併用した、スズキ独自の減速エネルギー回生機構システムで、リチウムイオンバッテリーに蓄えた電気をメーターやストップランプ、燃料噴射装置など、車の走行に必要な電装品の電力に利用する。

■アイドリングストップ車専用の鉛バッテリーに加え、効率よく充電できるリチウムイオンバッテリーを搭載し、より多くの電気を蓄えることができる。

■従来の約2倍の発電能力を持つ高出カのオルタネーターを採用し、必要な電力の大部分を減速時に集中して発電し、2つのバッテリーに効率良く充電する。

■通常走行時は、2つのバッテリーに充電した電力を電装品に供給するため、オルタネーターの常時発電が最小限に抑えられ、発電させるためのエンジン負担を軽減し燃料消費量を抑制するとともに、加速も軽やかになる。

■リチウムイオンバッテリーは、助手席の下に収納できる軽量・コンパクトな設計とした。

ECO-COOLの特長

■アイドリングストップ中、エアコンが停止し送風状態になった時、蓄冷材を通した冷風を室内に送ることで車室内の温度上昇を抑制する機構を軽自動車で初めて搭載した。

■エアコン空調ユニット内のエバポレーター(冷媒の気化によって冷却を行うエアコン部品)の中に短時間で凍る蓄冷材を採用。

■アイドリングストップ時の快適性を保つとともに、エンジン再始動時間を遅らせ、アイドリングストップ時間を長くすることで燃料消費を抑える。

スズキ ワゴンR 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スズキ ワゴンR の関連記事

スズキ ワゴンRの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スズキ ワゴンR の関連記事をもっと見る

スズキ ワゴンR の関連ニュース

スズキ 新車人気ランキング  集計期間:2017/9/24~2017/10/24