autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース NEXCO中日本、中央道-小仏付近の渋滞緩和のため車線運用を変更

自動車ニュース 2012/3/9 12:37

NEXCO中日本、中央道-小仏付近の渋滞緩和のため車線運用を変更

NEXCO中日本は、中央自動車道の渋滞削減のため、上り線小仏トンネル手前の3車線化運用と、下り線元八王子地区付近のゆずり車線運用を、それぞれ開始すると発表した。

中央自動車道(上り線)小仏トンネル手前の3車線化

小仏トンネル手前「2車線+登坂車線」車線変更イメージ図

渋滞が頻発する小仏トンネル手前の登坂車線区間において、登坂車線を走行車線に変更することにより、現在の「2車線+登坂車線」を「3車線」へと変更するもの。 始点側では、追越車線の右側に1車線が付加されて3車線となる。終点側では、3車線の左側の走行車線が減少して2車線となる。

 この車線運用に変更することで、右側に車線が増えるため追越しが容易になり、交通量が多い場合に速度の遅い車両などによる交通密度の高い状態を解消させ、交通の流れを良くし、渋滞の発生を抑制する。

運用開始日時:2012年3月14日(水)午後3時

(天候等により日時が変更になる場合があります)

中央自動車道(下り線)元八王子地区のゆずり車線

元八王子地区「ゆずり車線」ゆずり車線運用イメージ図

中央自動車道(下り線)元八王子地区は、八王子市街地区から山間部にさしかかる場所に位置し、縦断勾配が0.3%の下りから2.7%の上りへと変化する。

このような緩やかな上り坂となっていることから、ドライバーが気付かないうちに速度が低下し、交通量の多くなる週末や大型連休などには渋滞が発生している。

今回の渋滞対策事業は、渋滞を緩和するために、速度低下が始まる片側2車線の区間に「ゆずり車線」(延長1.1km)を新たに設置するもの。速度低下した車が「ゆずり車線」を利用することで、全体の速度低下が抑制され、渋滞の緩和が期待できるという。

運用開始日時:2012年3月14日(水)午前10時

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!