autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース プジョー、新型208・新型SUV4008などジュネーブモーターショー2012で世界初公開

自動車ニュース 2012/2/27 17:32

プジョー、新型208・新型SUV4008などジュネーブモーターショー2012で世界初公開

関連: プジョー

プジョーは、3月8日から開催されるジュネーブモーターショー2012において、新型「208」「208 XYコンセプト」「208GTiコンセプト」、新型SUVの「4008」ほかワールドプレミアを5車種、計30車種を出展すると発表した。

「再生」プジョー 208

プジョー 新型208 フロントビュープジョー 新型208 リアビュープジョー 新型208 XYコンセプトプジョー 新型208 GTiコンセプト

「再生」と銘打たれた新型208の全長は3.96mとコンパクトで、207と比べて-110kgの軽量化が施され、3ドアと5ドアの2つのボディスタイルが採用されている。インテリアでは計器や操作系が見直され、直感的に操作しやすい大型タッチスクリーンが採用された。

パワーユニットは10種類が用意され、新型3気筒のガソリンエンジンがラインナップされるほか、e-HDiと呼ばれるアイドリングストップシステムも拡大して搭載され、環境にも配慮されたモデルとなっている。

また、同モーターショーで出展される新型208には、都市型ユーザーをターゲットとした「208 XYコンセプト」、「208GTiコンセプト」という2台のコンセプトカーも同時に出展される。

プジョーの新型4x4 SUV「4008」

プジョー 新型SUV 4008プジョー 新型SUV 4008プジョー 508 RXHプジョー 508 RXH

また、新型208と同じくワールドプレミアとなるプジョーの新型SUV「4008」。

PSAプジョー・シトロエンと三菱自動車の技術提携から生まれたとされる「4008」は、ラジエーターグリルを垂直デザインにし、ボディシルプロテクターや機能的なホイールアーチ エクステンションリムを装備して「冒険的」な個性が強調されている。

全長4.34mのコンパクトなボディは、優れた取り回しを実現。広い乗員スペースと多用途性を持ち、毎日の使用にも、レジャー時の使用にも対応できる車に仕上げられている。

エンジンは、ガソリンエンジンが2機種、ディーゼルエンジンが2機種の計4機種を用意。欧州モデルでは電子制御4x4トランスミッションを選択できるという。

そのほか、新型PARTNER(パートナー)や新型EXPERT(エキスパート)がワールドプレミアとして、さらにディーゼルEVハイブリッドの「508 RXH」、今夏発売予定の「508 HYbrid4 サルーン」、世界初のHYbrid4ドライブトレイン搭載モデルの「3008 HYbrid4」なども出展予定だ。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

プジョー の関連記事

プジョーの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

プジョー の関連記事をもっと見る

プジョー の関連ニュース

プジョー 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/24~2017/9/24

  • プジョー
    208

    新車価格

    199万円368.7万円

  • プジョー

    新車価格

    263万円285万円

  • プジョー

    新車価格

    357万円429万円