autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 燃費レポート 【燃費】マツダ アクセラスポーツ(ディーゼルターボ)燃費レポート/永田恵一 4ページ目

燃費レポート 2014/5/5 14:08

【燃費】マツダ アクセラスポーツ(ディーゼルターボ)燃費レポート/永田恵一(4/5)

【燃費】マツダ アクセラスポーツ(ディーゼルターボ)燃費レポート/永田恵一

マツダ アクセラスポーツ(ディーゼルターボ)燃費レポート【市街地編】

マツダ アクセラスポーツ(ディーゼルターボ)燃費レポート

市街地編ではシフトアップのポイントに代表されるATに関することと、アイドリングストップについてお伝えしたい。

ATに関してシフトアップのポイントから書くと、普通に乗っていると2000回転弱でシフトアップされる。シフトアップとシフトダウンはどちらも「スパッ」と歯切れのよい素早いもので、乗っていて気持ちがいい。

上位のギアに入るスピードはDレンジで4速:50km/h、5速:60km/h、6速:80km/hと、信号や渋滞などがあり、それほど速度が出ない市街地路などでは5速までで走ることが多く、「シフトアップが遅い」と感じることもあるだろう。

マツダ アクセラスポーツ(ディーゼルターボ)燃費レポートマツダ アクセラスポーツ(ディーゼルターボ)燃費レポート

またアイドリングストップは、他のマツダ車と同様に停止後にブレーキを踏み増すことでアイドリングストップが作動するタイプで、一時停止などで不要なアイドリングストップが起きないという意味では好ましい。

その他の部分も他のマツダ車と同様にアイドリングストップが可能なのにブレーキの踏み増しが弱くアイドリングストップが作動していない場合には、「i-stop」の文字が緑色に点滅し、アイドリングストップを促す点や、エンジン再始動時のセルモーターの音の小ささ、エンジン再始動の素早さ、アイドリングストップの頻度の多さや時間の長さなど申し分なかった。

ただ、テスト日は雨だったこともあり市街地ではガラスの曇りがひどくなり、途中からデフロスター(曇り防止)を使うことになったのだが、デフロスターを使うと視界確保を重視するためか、アイドリングストップがほとんど作動しなくなった。このあたりのセッティングは難しいところだが、個人的にはもう少しアイドリングストップの時間を優先してもいいようにも感じた。

市街地での燃費は「13.2km/L」と、前述のデフロスターのことを考慮すれば納得のいく数値であった。

マツダアクセラXDの市街地における実燃費/13.2km/L

マツダ アクセラスポーツ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

マツダ アクセラスポーツ の関連記事

マツダ アクセラスポーツの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マツダ アクセラスポーツ の関連記事をもっと見る

マツダ アクセラスポーツ の関連ニュース

マツダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/9/17~2017/10/17