autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車解説 三菱 新型 コンパクトカー「ミラージュ」新型車解説/渡辺陽一郎

新型車解説 2012/8/1 12:45

三菱 新型 コンパクトカー「ミラージュ」新型車解説/渡辺陽一郎(1/2)

関連: 三菱 , 三菱 ミラージュ Text: 渡辺 陽一郎 Photo: 茂呂幸正
三菱 新型 コンパクトカー「ミラージュ」新型車解説/渡辺陽一郎

コンパクトカーの中でも特に小柄なボディを持つ新型「ミラージュ」

三菱 新型 ミラージュ リアバンパーのコーナー部にエッジを効かせ、フロントからの空気の流れを整え空気抵抗を低減させることで燃費向上にも寄与する。三菱 ミラージュ「G」[ボディカラー:カシスパープルメタリック] エクステリア・フロントノーズ部

この数年間、OEM車を除くと三菱からの新型車投入が途絶えていたが、久々にニューモデルとして「ミラージュ」が発表された。直列3気筒の1リッターエンジンを搭載するコンパクトカーで、生産はタイの工場(ミツビシ・モーターズ・タイランド)が受け持つ。日産の「マーチ」と同様、日本メーカー製の輸入車になる。

ミラージュのボディサイズは全長が3710mm、全幅が1665mmだから、コンパクトカーの中でも小さな部類。全長はマーチよりも70mm短く、「トヨタ パッソ」よりは70mmほど長い。全高はまったく異なるが、「スズキ ソリオ/三菱 デリカD:2」と同じ数値だ。

全幅はマーチ、パッソと等しい。全高は1490mmだから少し低めで、マーチを25mm下まわる。「マツダ デミオ」よりは15mmほど高い。パッソとマーチの中間的なサイズで、少し背が低いと考えれば良い。

エンジンは前述のように直列3気筒の1リッターのみを搭載する。最高出力は69馬力(6000回転)、最大トルクは8.8kg-m(5000回転))だから、最高出力の数値はパッソの1リッターエンジンと同じ。最大トルクは0.6kg-mほど下まわる。

小型車では随一、軽自動車にも迫る超・低燃費!

三菱 新型 ミラージュ 3A90型 MIVECエンジン(3気筒 1.0リッター)三菱 新型 ミラージュ(M・Gグレード)は平成27年度燃費基準プラス20%を達成し、エコカー減税100%免税に適合する

三菱ミラージュのグレードは「E」「M」「G」の3種類で、車両重量は中級のMと上級のGでも870kg。この数値はパッソの1リッターモデルを40kg、マーチの12Xを80kgほど下まわり、数あるコンパクトカーの中でも最軽量の部類だ。軽自動車の「ホンダ N BOX」や「ダイハツ タント」よりも軽く、「スズキ ワゴンR スティングレー」のXアイドリングストップと同じ数値になる。

エンジンやプラットフォームも新開発となるため、ボディサイズをコンパクトに抑え、ルーフを低めの設定にすることで、徹底的な軽量化が図られた。

その成果が、抜群の燃費性能だ。MとGグレードにはオートストップ&ゴー(AS&G)と呼ばれるアイドリングストップ機構が標準装着され、JC08モード燃費は27.2km/L。「マツダ デミオ」13スカイアクティブの25.0km/Lを上まわり、ハイブリッドを除いた小型車の中では最も優れている。

軽自動車との比較では、「ダイハツ ミライース」の30.0km/L、「スズキ アルトエコ」の30.2km/Lにはおよばないが、アイドリングストップを備えた「ダイハツ ムーヴ」の27.0km/Lには僅差で勝ち、「スズキ MRワゴンエコ」と同じ数値だ。1リッターエンジンを搭載するコンパクトカーでありながら、燃費性能は軽自動車の中でも、特に優れた車種と同程度になる。ミラージュの一番のウリは燃費といえるだろう。

三菱 ミラージュ「G」[ボディカラー:カシスパープルメタリック] エクステリア三菱 ミラージュ「G」[ボディカラー:カシスパープルメタリック] エクステリア・正面三菱 ミラージュ「G」[ボディカラー:カシスパープルメタリック] エクステリア・サイド三菱 ミラージュ「G」[ボディカラー:カシスパープルメタリック] エクステリア・リア三菱 ミラージュ「G」[ボディカラー:カシスパープルメタリック] エクステリア・リア周り

エコカー減税は100%免税に適合!

三菱 ミラージュ「E」[価格:998,000円(消費税込み)]

新型ミラージュは、エコカー減税でも有利だ。MとGグレードは、平成27年度燃費基準プラス20%を達成したので、購入時に支払う自動車取得税と同重量税が免税(100%のカット)になる。加えて購入の翌年度に支払う自動車税が50%、3年後の初回車検時に支払う重量税も50%の軽減となる。

一方、最廉価のEにはアイドリングストップが装着されない。JC08モード燃費は23.2km/Lだから、数値の落ち込みも小さくない。ほかの車種では、アイドリングストップの採用で節約できる燃費数値は7~8%程度だが、ミラージュの場合は17%に達するためだ。MとGには、アイドリングストップに加えて、減速エネルギー回生システム、高効率オルターネーター、インテリジェントバッテリーセンサー、各種のエアロパーツなど数々の燃費向上対策部品が備わる。これらの相乗効果でMとGの燃費性能は大幅に高まり、ベースのEグレードに対し17%の向上となった。

Eは相対的に燃費で不利なグレードだが、それでも23.2km/Lだから立派。Eもエコカー減税75%に適合する。アイドリングストップを備えた日産 マーチ 12Xを0.2km/Lではあるが上まわっているのだからすごい。ミラージュは根本的に燃費性能が優れている。

三菱 ミラージュ「E」[価格:998,000円(消費税込み)] エクステリア三菱 ミラージュ「E」[価格:998,000円(消費税込み)] インテリア三菱 ミラージュ「E」[価格:998,000円(消費税込み)] メーター周り三菱 ミラージュ「E」[価格:998,000円(消費税込み)] フロントシート三菱 ミラージュ「E」[価格:998,000円(消費税込み)]は平成27年度燃費基準プラス10%を達成し、エコカー減税75%に適合する

三菱 ミラージュ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

三菱 の関連記事

三菱の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

三菱 の関連記事をもっと見る

三菱 の関連ニュース

三菱 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/21~2017/7/21