autoc-one.jp 記事・レポート 特集 特別企画 マツダ「ロードスター」の新型と旧型を比較してみた/渡辺陽一郎

特別企画 2015/4/27 17:33

マツダ「ロードスター」の新型と旧型を比較してみた/渡辺陽一郎(1/5)

マツダ「ロードスター」の新型と旧型を比較してみた/渡辺陽一郎

人気のオープンスポーツ2シーター、マツダ ロードスターの新型と旧型を比較!

マツダ 新型(ND)ロードスター進化度数の基準

今はトヨタ「86」、スバル「BRZ」、軽自動車のホンダ「S660」と、コンパクトなスポーツカーが増えた。それでも長年にわたって高い支持を得続けている車種として、マツダの『ロードスター』がある。

初代ロードスターの登場は1989年で、2015年に4代目が登場した。コンパクトなサイズ、オープンボディ、後輪駆動のレイアウトは、26年間にわたって変えていない。

旧型(先代型)のエンジンは直列4気筒の2リッターだったが、4代目の新型は1.5リッターになる。北米は2リッターのみ、欧州は1.5/2リッターの2種類だが、日本仕様は1.5リッターしか選べない。日本仕様はボディを軽く抑え、動力性能を使い切る楽しさも重視して1.5リッターになった。

今回のロードスターも、分かりやすい進化度数の基準として採点表を設定し、劇的な変化から、これまで「何となく変わったかも」程度だった違いまで、進化の度合いを徹底的に採点していく。

ボディスタイル&サイズ 

マツダ 新型(ND)ロードスター先代(NC)ロードスター

新型ロードスターの全長は3915mmで、旧型よりも105mm短い。全幅は逆に15mm広がって1735mmになった。ホイールベース(前輪と後輪の間隔)は2310mmで、旧型よりも20mm短い。

全長は105mm短くなったが、ホイールベースは20mmの違いだ。なので全長からホイールベースを差し引いたオーバーハング(ボディがタイヤから前後に張り出した部分)は、前側で45mm、後ろ側で40mm短くなった。

全高は新型が1235mm。わずか10mmだが低くなる。

ボディ全体の見栄えは、前後のオーバーハングが短くなったことで、新型は引き締まり感を強めた。しかし逆にいえば、旧型の伸びやかさは薄れている。ロードスターには各世代にそれぞれ違う魅力が感じられ、同じことが新旧比較にも当てはまるだろう。

進化度数:2点/10点(もう少しがんばりましょう)

[次ページへ続く]

マツダ 新型(ND)ロードスターマツダ 新型(ND)ロードスターマツダ 新型(ND)ロードスターマツダ 新型(ND)ロードスターマツダ 新型(ND)ロードスター
先代(NC)ロードスター先代(NC)ロードスター先代(NC)ロードスター先代(NC)ロードスター先代(NC)ロードスター

マツダ ロードスター 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

マツダ ロードスター の関連記事

マツダ ロードスターの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マツダ ロードスター の関連記事をもっと見る

マツダ ロードスター の関連ニュース

マツダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/21~2017/7/21