autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート マセラティ ギブリディーゼル 試乗レポート/金子浩久 2ページ目

試乗レポート 2014/12/3 19:55

マセラティ ギブリディーゼル 試乗レポート/金子浩久(2/2)

関連: マセラティ ギブリ Text: 金子 浩久 Photo: マセラティジャパン株式会社
マセラティ ギブリディーゼル 試乗レポート/金子浩久

ディーゼルらしからぬ、滑らかな回転とレスポンシブルなドライブフィール

マセラティ ギブリ インテリアマセラティ ギブリディーゼル

各部分の操作方法もガソリンモデルと一緒だから、ギアレバーを“D”に入れてさっそく走り出した。トランスミッションは8速AT。

アクセルペダルに乗せた右足に少しづつ力を入れていくと、アイドリング時の微かなディーゼル音がフッと消え失せ、風切り音とタイヤノイズの渦の中に掻き消されていった。この辺りで、20km/h出ているかどうか。

宿泊しているマスカットのリゾートホテルの敷地内をゆっくりと走っている分には、エンジン音はほとんど聞こえてこない。他のノイズの方が大きくて掻き消されてしまうからだ。

ホテルは海辺に建てられているが、反対側はすぐに丘陵地帯が迫っていて、道は空いている。片側2車線の上等なアスファルト舗装。そして、ヨーロッパのようにラウンドアバウトで交差している。

マセラティ ギブリディーゼル

敷地から一般道に出てスピードを上げるべく、アクセルペダルをさらに踏み込んでいった。

回転の吹け上がりは鋭い。最大トルクである600Nmを発生する2,000rpmにすぐに達し、そのまま3,000rpm近くまでは一気だ。ちなみに、その最大トルクは2,000rpmから2,600rpmまでの回転域のどこでも発生しているから、この間にエンジン回転が収まっていれば、無理にそれ以上回さなくても効率的に加速していくことになる。

BMWやポルシェの3リッターディーゼルは、もう少しタメが効いているというか、いかにもディーゼルらしいパンチの強さを感じる。ギブリはそれらと較べてしまえばディーゼルらしくなく、回転が滑らかで、アクセルペダルの微妙な動きにも忠実に細かく追従してくる点が勝っている。レスポンシブルで、ドライバーとの一体感が強いのはギブリの方だ。ノイズも小さい。

マセラティ ギブリディーゼル

ギブリ ディーゼルが本領を発揮するのは実はその先のことだとわかったのは、マスカット近郊の丘陵地帯を奥の方へ進んでいったてからだった。

アップダウンが激しく、大小さまざまなコーナーが続いていく辺りでアクセルペダルをさらに深く踏み込んでペースを上げていくと、ディーゼルエンジンは鋭く反応し、加速を重ねていく。マセラティのガソリンエンジンのように瞬時に7,000rpmぐらいまで上がるというわけではないけれども、レッドゾーンの4,000rpm近くまではディーゼルを意識することなく回転が上昇していく。その分、チカラが図太い。高回転まで回さなくても力があって、エンジン音も静かだから、いい意味で意外なほどスピード感に乏しく、知らないうちに速度が出ている。

ギブリ ディーゼルのエンジンの特徴は、滑らかな回転とレスポンシブルなドライブフィールだろう。とても静かでもある。

しかし、車外で走行中のギブリ ディーゼルのエンジンサウンドを聞いた同行者によれば、「エンジンの存在をしっかりと主張するマセラティらしいものだった」そうだ。

ギブリという高性能セダンにこそ、最高にクールなディーゼルエンジンが相応しい

マセラティ ギブリ インテリアマセラティ ギブリ リアシート

エンジン以外では、ギブリ ディーゼルはガソリンエンジンのギブリに準じている。ゴージャスなインテリアを持ったスポーティサルーンで、同じセグメントのドイツ勢よりも山道のハンドリングでは軽快感がある。

マスカットでは、同じディーゼルエンジンを積むクアトロポルテ ディーゼルにも乗った。ギブリよりも大きく重たい分、やや鷹揚な動きに終始していた。

リアシートにも乗ったが、足を組んでも前席のシートバックとの間に広大な空間が余裕で残されていた。広大なトランクルームと併せて、この後席の生かし方次第で価値が決まってくるだろう。

僕ら日本人がマセラティに抱いてきたイメージからすると、ギブリへのディーゼル版の速やかな搭載は意外な感じがしたが、乗ってみて何の違和感もなかった。むしろ、最新のディーゼルエンジンは期待以上の仕上がりだった。ディーゼルが本来的に持っている長距離走行に向いた性能や省燃費性能は、ギブリという高性能セダンにこそふさわしいのではないかとも思えてくるものだった。

2015年からの日本市場への投入も、時代は刻々と代わりつつあるということを見事に象徴している。思わぬ伏兵が登場して、面白い時代になった。

イタリアンデザインとスポーティな走行性能を持ったギブリをディーゼルで乗ったら最高にクールだ。うれしく驚いた。

マセラティ ギブリディーゼル 主要スペック

全長×全幅×全高:4,971×1,945×1,461mm/ホイールベース:2,998mm/最小回転半径:11.7m/車重:1,745kg/エンジン:3リッターV6ディーゼル/最高出力:202kW(275CV)4,000rpm/最大トルク:570Nm/2,000-2,600rpm/オーバーブーストトルク:600Nm/2,000-2,600rpm/トランスミッション:8速AT/最高速度:250km/h/0-100km/h加速:6.3秒/フロント・リアタイヤサイズ:235/50R18

筆者: 金子 浩久

マセラティ ギブリ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

マセラティ ギブリ の関連記事

マセラティ ギブリの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マセラティ ギブリ の関連記事をもっと見る

マセラティ ギブリ の関連ニュース

マセラティ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/23~2017/11/23