autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ランドローバー 新型レンジローバー 試乗レポート/森口将之 2ページ目

試乗レポート 2013/1/28 19:34

ランドローバー 新型レンジローバー 試乗レポート/森口将之(2/2)

ランドローバー 新型レンジローバー 試乗レポート/森口将之

レンジローバーらしい“極上のしなやかさ”は変わらず

ランドローバー 新型レンジローバー [5.0 V8 SUPERCHARGED VOGUE]試乗走行画像
ランドローバー 新型レンジローバー [5.0 V8 SUPERCHARGED VOGUE] 5.0 V8 スーパーチャージドエンジンランドローバー 新型レンジローバー [5.0 V8 SUPERCHARGED VOGUE] 5.0 V8 スーパーチャージドエンジン

エンジンは従来どおり5リッターV8の自然吸気とスーパーチャージャー付き。

でもボディはジャガーの経験を生かしたオールアルミ製になって、自然吸気では約200㎏も軽くなったうえに、ATは6速から8速になっているから、375ps/52㎏mでも不満なし。510ps/63.8㎏mのスーパーチャージドは、アクセルを踏み込めば文字どおり突進する。

乗り心地とハンドリングは、自然吸気とスーパーチャージドで違いがあった。新たに採用されたダイナミックレスポンス、つまりコーナーでのロールを抑えるデバイスが後者のみ装備されるからだ。

どちらもレンジローバーらしく“極上のしなやかさ”なのだが、スーパーチャージドはフラット感、自然吸気はフンワリ感が強い。

電動アシストになったステアリングは以前ほど繊細ではなくなって、良く言えば万人向けの感触。乗り心地で想像できるとおり、しっとりロールしながらコーナーに入る自然吸気に対して、スーパーチャージドは背の高さを感じさせないハンドリングが印象的だ。

つまりインポーターが望むセダンからの乗り換えならスーパーチャージド、初代以来のあの乗り味が好きな僕などは自然吸気という棲み分けができていた。

ランドローバー 新型レンジローバー [5.0 V8 SUPERCHARGED VOGUE]試乗走行画像

今回はオフロードは走らなかったけれど、クラス最長のサスペンションストロークを誇りつつ、テレインレスポンスにオートモードが追加されるなど、スペックだけ見ても盤石の体制であることは分かる。

オフロードなんか行かないからセダンでいいという人もいるだろう。でもイザとなれば道なき道を行けるというのは、スーパーカーで300km/h出せるのと同じ。男のロマンなのである。そんな力を秘めながら、舗装路では高級セダン並みに快速安楽。

世界最高峰の万能車としての地位は、今回もまた揺るぎなかった。

筆者: 森口 将之

ランドローバー レンジローバー 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ランドローバー レンジローバー の関連記事

ランドローバー レンジローバーの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ランドローバー レンジローバー の関連記事をもっと見る

ランドローバー レンジローバー の関連ニュース

ランドローバー 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/24~2017/7/24