autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ダイハツ WAKE(ウェイク)試乗レポート/今井優杏 2ページ目

試乗レポート 2014/11/26 19:15

ダイハツ WAKE(ウェイク)試乗レポート/今井優杏(2/4)

関連: ダイハツ ウェイク Text: 今井 優杏 Photo: 和田清志
ダイハツ WAKE(ウェイク)試乗レポート/今井優杏

運転の際に不快に感じるポイントを徹底的にツブす

ダイハツ WAKE(ウェイク)走行イメージ5ダイハツ WAKE(ウェイク)走行イメージ8

実際に試乗してみるとデカデカ改めウェイクの走りは、驚くほど先述のネガティブを打ち消してあるのに感激する。つまり、この背の高さからくるコーナリング時のフラフラ感や不安定なフィールを、すっきりと収めているのだ。

試乗会場では私有地内にて同心円状をグルグル回るような運転や、またハンドルを急激に左右に切ったりする意地悪な運転…とくにこのタイプの背の高いクルマのネガティブが一番出やすい左右へのGを連続して入力してみたのだが、変な振れが反響することもなければ、揺り返しが起こるわけでもない。

一旦車体が傾くとそれなりにロールは進むが、その先はすんなりと挙動が納まる。ボディのねじれが起こってハンドルを切っても後輪がついてこなくなってしまう、というようなグラグラした不安定な感じはまったく感じなかったのが好印象だ。

この辺は開発の際に最も力を入れた部分だという。

ダイハツ WAKE(ウェイク)

「背が高いクルマだからといって、ドライバーに不安を与えるようなモノには絶対したくなかった」というウェイクは、運転の際に不快に感じるポイントを徹底的にツブす作業を、何度もテストしたという。

具体的にはフロントとリアのアブソーバーの高剛性化、ウレタンバンプスプリングの採用、そして重量が追加されるのを承知でスタビライザーを標準装備し、ねじれに対する剛性を確保。また、アシのセッティングも敢えてロール量を止めないことで、荷重変動が少なくピッチング挙動を抑えたしなやかなハンドリングに貢献させているから、街乗りのあらゆるシチュエーションで切り遅れのない、ピタッと舵角の決まる操作が楽しめる。

直進安定性には時速40㎞から効果が発生するという「空力フィン」、ドラミラーの付け根の樹脂部分やリアライトの横なんかにあるポコポコとした突起だが、これにより走行時にボディに起こる気流に小さな渦を作らせ、車体を左右から空気の力で押さえつけて安定させるという、まさに“空気を読む”技術も投入されている。

ダイハツ WAKE(ウェイク)走行イメージ6ダイハツ WAKE(ウェイク)走行イメージ8ダイハツ WAKE(ウェイク)走行イメージ7ダイハツ WAKE(ウェイク)走行イメージ11ダイハツ WAKE(ウェイク)走行イメージ12

アレンジの多さに舌を巻く

ダイハツ WAKE(ウェイク)
ダイハツ WAKE(ウェイク)ダイハツ WAKE(ウェイク)

しかし走りの性能の質感よりも、やはり注目は荷室含む室内の使い勝手だろう。

荷室は『ミラクルラゲージ』と名付けられているのだが、自称に恥じず推敲に推敲を重ねられたことをうかがい知ることが出来るアレンジの多さに舌を巻く。

FFモデルでは荷室の床板のまだ下にアンダートランクが存在し、床板を外すと深さ320mmもの空間が登場するのだ。

また、その床板自体に折り畳み式のちゃぶ台のような脚が付いており、ちょっとした底上げをすることも出来る。

シートスライドやシートアレンジも多彩で、室内がフルフラットの状態にもなるから、車内泊なんかも快適に違いない。

ダイハツ WAKE(ウェイク)ダイハツ WAKE(ウェイク)ダイハツ WAKE(ウェイク)ダイハツ WAKE(ウェイク)ダイハツ WAKE(ウェイク)

ダイハツ ウェイク 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ダイハツ ウェイク の関連記事

ダイハツ ウェイクの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ダイハツ ウェイク の関連記事をもっと見る

ダイハツ ウェイク の関連ニュース

ダイハツ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/23~2017/7/23