autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート アウディ A5&S5 海外試乗レポート

試乗レポート 2007/5/21 18:41

アウディ A5&S5 海外試乗レポート(1/3)

関連: アウディ A5 , アウディ S5 Text: 河村 康彦 Photo: アウディ・ジャパン株式会社
アウディ A5&S5 海外試乗レポート

美しいファーストバック・プロポーションを纏ったプレミアムクーペ

フロントランプ

4つのドイツ民族資本系メーカーが合併して生まれた事を表す、銀色に輝く4つ輪のマーク――現在でもそれをエンブレムに採用するのが、フォルクスワーゲングループに身を置きつつもメルセデス・ベンツ、そしてBMWという自国の“両巨頭”に肩を並べるプレミアムカーメーカーである事を標榜するアウディ。

かつては4ドアセダンやそれに派生をするステーション・ワゴンが商売の中心であったこのメーカーだが、このところはそうしたモデルのコンポーネンツを生かしたコンパクトなクーペ&ロードスターであるTTシリーズや、自らが得意とするアルミ骨格技術を駆使して生み出した初のミッドシップスポーツカーR8など、いかにもプレミアムブランドらしい特徴あるモデルを意欲的に手掛ける点にも注目だ。遠目にもアウディ車である事を識別出来る、大胆な“シングルフレームグリル”をメインとした派手な顔付きを各車に採用するのも、このところのこのメーカーのクルマづくりの大きな特徴。ひと頃は「ちょっと地味な存在」と受け取られていたアウディも、このところこうして急速に自己アピール性を強めつつあるのだ。

そんなこのメーカーも、パーソナルな雰囲気の強いフル4シータークーペモデルのリリースにはこれまで意外と慎重だった。歴史を遡れば1980年のジュネーブショーで披露をされたクワトロ(通称“オリジナル・クワトロ”)。そして、その10年後の1990年秋のパリ・モーターショーに展示をされたクーペS2が目につく程度。しかも、後にラリー界で大活躍する“オリジナル・クワトロ”では、オンロード・タイプの4WDシステムの採用を何よりも強くアピールするなど、むしろクーペ・ボディがもたらす美しさの訴求などは当時二の次という雰囲気でもあったのだ。実際、これらいずれのモデルも明確なノッチバックのルーフラインを採用。ライバルメーカーのクーペたちが、まずはセダンやワゴンとは一線を画すその流麗さを売り物とするのに対して、『クーペ』を名乗りつつもライバルとは少々異なる立ち位置を選んだのがアウディのモデルだったのである。

A5と河村康彦

しかし時代は流れ、アウディの4シーター・クーペに対する考え方にも微妙な変化が生じた模様。それは、ここに紹介のブランニュークーペであるA5/S5が、先に紹介の“先輩”たちとは異なってメルセデスやBMWが世に出すクーペとも真っ向勝負が可能な、美しいファーストバックのプロポーションで生を受けた事にも明確だ。

そんなアウディ最新のクーペの国際試乗会が開催されたのは、イタリア北部はヴェローナの街の郊外。幸いにもそこでの天候は、まるで初夏を思わせる雲ひとつない快晴に恵まれる事になった。

アウディ A5 関連ページ

アウディ S5 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

アウディ A5 の関連記事

アウディ A5の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

アウディ A5 の関連記事をもっと見る

アウディ A5 の関連ニュース

アウディ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/23~2017/11/23

  • アウディ
    A1

    新車価格

    249万円364万円

  • アウディ

    新車価格

    293万円461万円

  • アウディ
    Q5

    新車価格

    657万円704万円