人生最後の車としてニュービートルEZを検討しています

人生最後の車としてニュービートルEZを検討しています
フォルクスワーゲン ニュービートル フォルクスワーゲン ニュービートル EZ フォルクスワーゲン ニュービートル フォルクスワーゲン ニュービートル 画像ギャラリーはこちら

人生最後の車としてニュービートルEZを検討しています

年配の者です。人生の最後の車をどれにしようかと選択に迷っております。

狙いは高級車ではなく一般的な耐久性がある車ということで、VWニュービートルEZに狙いをつけました。如何でしょうか?

デザイン、ボリューム、使い心地、参考意見を願いいたします。(ユゲタ)

其の疑問、MJブロンディがお答えいたします!

フォルクスワーゲン ニュービートルフォルクスワーゲン ニュービートル

人生最後のクルマにニュービートル。

スバラシイ選択ですね!私もそんなふうに、ちょっとファンキーに生きてみたいです!

ニュービートルは、ファミリーカーとしてはやや弱点のあるクルマです。FFレイアウトのプラットフォームを、RRレイアウトだったビートルに無理に似せたプロポーションに仕立てたために、リヤシートが狭く、荷物はあまり積めません。

運転席からは、フロントノーズの先端がまったく見えず、湾曲したAピラーは、交差点を曲がる時に少し視界の邪魔になります。

しかし、恐らくお子様も巣立たれたであろう今、居住性や積載性にこだわったところで大した意味はないはずですし、そういう小さな弱点にはすぐに慣れます。すでに自由な境遇なのですから、自由に、楽しいクルマ選びをするのは、すばらしいことだと思います!

ニュービートルは、現在モデル末期で、来年には北米で新型が発売される予定です。

しかし、こういったクルマは、新型の発表を待つ必要は特にないと私は思います。

もともとがレトロなリバイバルカーですし、新型は値段も上がるでしょうし、来年すぐに日本に導入されるかどうかもわかりません。それより、モデル末期で熟成が進んだ現行モデルを安く手に入れて、長く乗る方がイイのではないでしょうか。

グレードはEZを検討されているんですね。

EZは現在、「プライムエディション」という名前になっていますが、1,600ccエンジンに6速ATの組み合わせです。これは非常にイイ選択です。2,000ccよりもオススメです。ニュービートルに合ってます。

フォルクスワーゲン ニュービートル

フォルクスワーゲンは現在、TSI(新世代過給器付き)エンジン化を急速に進めていますが、TSIが出るまでは、私はこの1,600のノンターボエンジンが一番好きでした。非常にトルクがあって、軽快に走ってくれます。

トップパワーはあまりないですが、アクセル全開で走るような使い方はあまりされないでしょうから、最適なチョイスだと思います。

ダッシュボードの一輪挿しに花を挿して、陽気に走ってください!

MJブロンディの「ひとりごと」

人間、年を取ると、人生の自由度が増すので、クルマ選びの自由度も本来増すはずです。

昔は「こんなクルマ、葬式に乗って行けない」みたいな意見が幅を利かせていましたが、今どき、葬式に乗っていくためにクルマを選ぶなんてバカバカしいですよね。

私は葬式のことは一切考えず(笑)、極楽に行けそうなクルマ選びを心がけています!

自動車評論家MJブロンディこと清水草一氏に聞きたいことを受付中!

自動車評論家、清水草一(MJブロンディ)が、みんなの疑問に面白く答えてくれる自動車用語解説。みなさんのクルマに関する疑問についてアンケートを実施しておりますので、皆さんドシドシご応募下さい!

https://service.autoc-one.jp/mypage/article/message_detail?no=112

上記URL、もしくは

マイページにログイン」→「マイページトップ」→「マイページの最新情報」にある【アンケート】からも投稿頂くことができます。

この記事の画像ギャラリーはこちら
清水 草一
筆者清水 草一

1962年東京生まれ。慶大法卒。編集者を経てフリーライター。代表作『そのフェラーリください!!』をはじめとするお笑いフェラーリ文学のほか、『首都高はなぜ渋滞するのか!?』などの著作で交通ジャーナリストとしても活動中。雑誌連載多数。日本文芸家協会会員。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 古屋旅館
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

フォルクスワーゲン ニュービートルの最新自動車ニュース/記事

フォルクスワーゲンのカタログ情報 フォルクスワーゲン ニュービートルのカタログ情報 フォルクスワーゲンの中古車検索 フォルクスワーゲン ニュービートルの中古車検索 フォルクスワーゲンの記事一覧 フォルクスワーゲン ニュービートルの記事一覧 フォルクスワーゲンのニュース一覧 フォルクスワーゲン ニュービートルのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる