なぜ最近の新車にはスペアタイヤが載っていないの?

なぜ最近の新車にはスペアタイヤが載っていないの?
スペアタイヤイメージ 画像ギャラリーはこちら

なぜ最近の新車にはスペアタイヤが載っていないの?

スペアタイヤを載せていない車が増えてきていますが、本当にこれでかまわないのですか?

運輸省は、スペアタイヤを載せていない車の安全基準を問題視していないのでしょうか。 ディーラーは、タイヤのサイドが切れることは最近ほとんどないので問題ないと回答しました。清水さんの意見を聞かせてください。

其の疑問、「MJブロンディ」がお答えいたします!

スペアタイヤイメージ

なぜスペアタイヤ搭載は義務ではなくなったのでしょう?

その背景には、タイヤ交換を自力でできる人が減少し、ほとんどのスペアタイヤが一度も使われないまま廃棄され、しかも重量増加によって燃費を悪くしている・・・という実態があります。

私にとって最初のスペアタイヤレスのクルマは、17年前、中古で買ったフェラーリ348でした。スペアタイヤの代わりにパンク修理剤を積んでおくように、ということでしたが、当時はまだスペアタイヤがないクルマというのは極めて珍しく、またジャッキアップすら難しいのでジャッキ自体積んでない(!)。ちょっとだけ「片道燃料の特攻気分」でした。

スペアタイヤレスの場合の問題点は、パンク修理剤に賞味期限があることです。2~3年に一度、新品に買い換えなければいけない。

しかし、まったく使っていないパンク修理剤を新しくするという消費行動には心理的な抵抗があり、正直あまり励行できていません。

スペアタイヤを積んでいないクルマの安全性についてですが、これは安全性というより、パンクした後どうなるか?という問題ですね。

危険なのはパンクしたまま走り続け、高速走行中にバーストすることです。それはスペアタイヤの有無とはあまり関係ありません。路肩でタイヤ交換中にクルマにはねられる事故もあるので、ならばいっそスペアタイヤなし、すべてJAF任せが一番安全、という見方もできます。

パンクは、クギ踏み等で傷が浅い場合、早期に気付けばスタンド等で補修することができます。

気付くのが遅れてペッチャンコのまま走り続けてサイドウォールを傷めてしまうと、もうそのタイヤは使えなくなるし、最悪の場合は事故につながります。

つまり、ドライバーとしては、パンクに早期に気付いて傷が浅いうちにスタンド等に駆け込む、それが無理ならJAF等を呼ぶことが、安全上最も重要なことです。

JAFでも現場でパンクの応急修理をやってくれます。ディーラーの「サイドが切れることはほとんどない」という答えは、つまり「現在は応急修理が効くパンクがほとんど」ということです。

ちょっとハンドルが取られるな、などと感じたら、できるだけ早くタイヤの状況を確認するようにしましょう。くれぐれも、パンクしたまま走り続けないでください。

スペアタイヤは、もしもの時に、自力でその場から離脱することをたやすくする道具にすぎません。

もちろんスペアタイヤを積んでいても、タイヤ交換が自力でできなければ無意味ですし、スペア用の小型のテンパータイヤは、飛ばすのも長距離使うのも危険です。

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

清水 草一
筆者清水 草一

1962年東京生まれ。慶大法卒。編集者を経てフリーライター。代表作『そのフェラーリください!!』をはじめとするお笑いフェラーリ文学のほか、『首都高はなぜ渋滞するのか!?』などの著作で交通ジャーナリストとしても活動中。雑誌連載多数。日本文芸家協会会員。記事一覧を見る

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 和味の宿 角上楼

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる