フォルクスワーゲン ゴルフ GTI 試乗レポート

フォルクスワーゲン ゴルフ GTI 試乗レポート
フロントビュー リアビュー インテリア フロントシート エンジン 走り タイヤ トランクルーム 画像ギャラリーはこちら

小さいながらも大きな影響力を及ぼした初代「GTI」。

フロントビューリアビュー

他メーカーのモデルにも“その記号”を冠したクルマはこれまで存在した。このグレード名は決してVWの専売特許には当たらないのだ。けれども、「GTI」と耳にした多くのクルマ好きが最初に思い浮かべるのは、やはりきっとVW車であるだろう。時は1976年。すなわち、今からもう30年近くも前のデビューと同時に「追い越し車線はメルセデスとBMWのもの」といったアウトバーンのヒエラルキーをたちまちにして粉砕。それを起源として、今や神格化されたにも等しいブランドバリューを確立させるきっかけとなった一台が、初代ゴルフGTIであった。

そんな初代ゴルフGTIは、しかし今振り返ってみれば決して驚くほどのスペックの持ち主であったわけではない。

搭載していたエンジンは、“わずかに”110psを発するに過ぎない1.6Lの2バルブSOHC式。ただし、キャブレーション・システムには当時としては先進的だった機械式のインジェクションを採用。GTIの“I”の文字は、その方式を示す頭文字であったとされる。全長/全幅はわずかに3730×1610mmだから、むしろ現在のポロよりもグンと小さいという値。驚くべきは車両重量でわずかに810kg。こちらは、現在の“スモーレストGTI”であるルポGTIよりも、さらに200kgほども軽かったのだ。

見分けがすぐつく外見と、わかるひとにはわかる内装。

インテリアフロントシート

そんな初代GTIからすると、まさに隔世の感を禁じ得ないのが日本にも上陸となった最新のゴルフGTI。何しろ、初代モデルからすればそのボディサイズは全長でほぼ50cm、全幅でも15cmと“ドカン”と大きい。もちろん、内外装の質感もベースのゴルフV同様に定評通りの高さ。「見た目はショボイが走れば凄い!」というのが初代ゴルフの特徴でもあったものだが、それを思うと最新のゴルフというのはやはり「名前は受け継いでいるが全くの別モノ」という意識を新たにさせられる。

外観上「GTI」と“普通のゴルフ”を見分けるのはたやすい仕事。何故ならば「GTI」のフロントマスクはご覧のように、フロントグリル部分をバンパー下部まで“U字型”にブラックアウトとし、一体化させた専用デザインであるからだ。

インテリアでまず目立つのは、サイド部分の張り出しの強いフロントの専用スポーツシート。スポーツモデルには一見不釣合いとも思えるファブリック部分のチェック柄に懐かしさを覚える人は、初代モデルの“それ”を知るそれなりの年配者(?)になりそう。ロゴプレート付きのステアリング・ホイールやアルミ製ペダルなどもこのグレード専用のアイテム。後述する“DSG”車用のシフトパドルは、「2005年秋以降にオプション設定の予定」と言う。

走行面は期待を裏切らない。

エンジン走り

まずは325.5万円という“普通のMT仕様”でスタート。ドアを開閉し、クラッチペダルを踏み込んでギアを1速位置に入れた時点で、「そうそう、「GTI」はこういう剛性感の高さが無くちゃね」と好印象を抱く人は多いはずだ。日本仕様のゴルフとしては初めての3ペダル車だが、右ハンドル仕様でもドライビング・ポジションに違和感はない。ヒール&トゥが楽勝で決まりそうなペダル・レイアウトは、いかにも「凄腕のテストドライバーが走り込みながら決めてくれた」という印象が嬉しいもの。一方で、太さや直径だけでなく断面形状まで部分部分で変わってしまうステアリング・ホイールは、個人的な好みには全く合わなかったが…。

加速時のパワーフィールは、1600rpm付近からのターボ付きエンジンらしいトルクの盛り上がり感が印象的。いわゆる“どっかんターボ”のような刺激性はないが、フルブースト時の強力な加速力は文句ナシだ。秀逸なのはフットワークの仕上がり。タイトターンでは「ちょっとノーズが重いかな」という感触を受けるシーンもあるが、ハンドリングとスタビリティを共に極めて高いポイントで両立させているのは、さすがは「GTI」の名に恥じない

購入予定者を悩ませる「DSG」の能力。

タイヤトランクルーム

一方、基本メカはMT同様ながら、クラッチ機構を2組用意してMT特有の加速の途切れを解消させたのが“DSG”。こちらの仕様は336万円と、前出MT仕様よりも10万円プラスのアップ。例えばのハナシ、左足ブレーキをマスターして左右のペダルを両足で使いこなせるとなれば、3ペダル式MT以上の自在なドライビング感覚を手に入れる事が出来るのもこちらのトランスミッションの大きな魅力。それがこの価格差で手に入るとなると……大いに迷う人も少なくないのではないだろうか。

ちなみにこの新しいゴルフGTI、もちろん居住空間やラゲッジスペースなどはオリジナルのゴルフと同様という高い実用性の持ち主。50~60km/h程度までを中心に「しなやか」とは表現のし難いややかための乗り味ではあるが、高速域での安定感とフラット感の高さは「さすがはアウトバーンの国生まれ」と素直に感心出来るレベルだ。ちなみに、同じパワーパックを搭載したより豪華仕様の「GTX」グレードと比較をすると、その乗り味は何故か明らかに「GTI」の方が洗練された印象が強い。無論、装備品の違いはあるが、それを差し引いて価格が逆転したとしても、ぼくだったら「GTI」の方を選びたい!

この記事の画像ギャラリーはこちら

  すべての画像を見る >

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

河村 康彦
筆者河村 康彦

1960年東京生まれ。工学院大学機械工学科卒。モーターファン(三栄書房)の編集者を経て、1985年よりフリーランスのモータージャーナリストとして活動を開始し、現在に至る。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員、ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー選考委員、インターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤー選考委員 などを歴任。記事一覧を見る

MOTA編集部
監修者MOTA編集部

MOTA編集部は自動車に関する豊富な知識を持つ専門家チーム。ユーザーにとって価値のあるコンテンツ・サービスを提供することをモットーに、新型車の情報や、自動車の購入・売買のノウハウなど、自動車に関する情報を誰にでも分かりやすく解説できるように監修しています。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!

愛車の売却を、もっと楽に!もっと高く!

  • 一括査定はたくさんの買取店からの電話が面倒?

    これまでの一括査定は、たくさんの買取店からの電話が面倒でした。MOTA車買取なら、最大20社の査定額をwebで簡単比較。やり取りするのは査定額上位の3社だけ。車の査定が楽に完結する仕組みです。

  • 一括査定は本当に高く売れるの?

    これまでは、買取店に会わないと査定額がわからず、比較がしづらい仕組みでした。MOTA車買取は、申込翌日18時に最大20社を簡単比較。加えて、買取店は査定額上位3社に選ばれるために競い合うから、どうしても高く売れてしまいます。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
最新 週間 月間

新着記事

新着 ニュース 新型車 比較 How To
話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

フォルクスワーゲン ゴルフの最新自動車ニュース/記事

フォルクスワーゲンのカタログ情報 フォルクスワーゲン ゴルフのカタログ情報 フォルクスワーゲンの中古車検索 フォルクスワーゲン ゴルフの中古車検索 フォルクスワーゲンの記事一覧 フォルクスワーゲン ゴルフの記事一覧 フォルクスワーゲンのニュース一覧 フォルクスワーゲン ゴルフのニュース一覧

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる