鳴く子も黙る豪華な装備とハイパワーエンジン!バブル期を彩ったトヨタのスポーツカー3選

  • 筆者: MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
今でこそ300馬力や400馬力を超えるスポーツカーは当たり前に販売されていますが、1980年代から1990年代半ばのいわゆるバブル期の日本では、速さだけじゃなく豪華さも兼ね備えた魅力的なスポーツカーがいくつも存在していました。そこで、今回はバブル期に販売されていた、トヨタ製スポーツカー3選をご紹介します。
目次[開く][閉じる]
  1. GTカーからフラッグシップスポーツカーに転身したA70型スープラ
  2. 豪華さと速さの両方を目指した欲張りクーペ|2代目ソアラ
  3. トヨタが生み出したミッドシップスポーツの傑作|初代MR2

GTカーからフラッグシップスポーツカーに転身したA70型スープラ

2代目まで「セリカ スープラ」として北米で販売され、日本ではセリカXXを名乗っていましたが、3代目のA70型からスープラ(SUPRA)として独立。ロングノーズショートデッキのスタイリングは、主に北米を意識したものでした。また、高性能スポーツカーのアイコンでもあったリトラクタブルヘッドライトを装備し、まさにスポーツカーらしい1台と言えるでしょう。

ボディは、5ナンバーの標準ボディと3ナンバーのワイドボディ2種類を用意。エンジンは1990年以前は2.0リッターと3.0リッター、1990年以降は2.0リッターと3.0リッターが用意されます。

レースにも投入された生粋のスポーツカー

1990年のマイナーチェンジで投入された、2.5リッターツインターボエンジン(1JZ-GTE)は、当時トヨタの5速MT設定車として初の280馬力モデル。

また、1988年には、全日本ツーリングカー選手権(グループA)のホモロゲーション取得用モデルとして、500台限定で発売された「ターボA」が登場。240馬力だった7M-GTEU型エンジンは270馬力にまでパワーアップされ、フロントバンパーには、通称「ターボAダクト」と呼ばれる3連ダクトを装着されています。また、ターボAではないモデルにも、あとからダクトを追加するカスタムが流行しました。

トヨタ スープラ(A70)の中古車相場

■中古車掲載台数:24台

■中古車相場:125万円~443万円(応相談含む)

※中古車掲載台数および相場は、2020年8月28日時点のデータ

豪華さと速さの両方を目指した欲張りクーペ|2代目ソアラ

1986年に登場した2代目トヨタ ソアラは、高級パーソナルクーペとして確固たる地位を確立していた初代のスタイルを継承しつつ、曲線を取り入れたスタイリッシュなデザインになっています。

最上級グレードが450万円を超えという、当時としてはかなり高額な価格設定だったにも関わらず、バブルの好景気と重なったことで1991年の販売終了までの5年間で、30万台以上を売り上げる大ヒットを記録。上級グレードはさることながら、入門グレードであっても内装は豪華で、トヨタの最上級パーソナルクーペらしい仕上がりとなっています。

パワーだけじゃなくハイテクで豪華な装備が自慢

エンジンは上記のスープラにも搭載されていた3.0リッターターボの7M-GTEU型と、2.0リッターツインターボの1G-GEU型、2.0リッター自然吸気の1G-EU型の3種類で、トランスミッションは4速ATと5速MTが用意されます。

さらに、ソアラと言えば、当時のトヨタが誇る最新技術を詰め込んだフラッグシップモデル。世界発となる電子制御式エアサスペンションや、電子制御サスペンションのTEMS。そして、虚像表示方式を採用したデジタル情事のスピードメーター「スペースビジョンメーター」など、ハイテクで豪華な装備が満載されています。

トヨタ ソアラ(2代目)の中古車相場

■中古車掲載台数:38台

■中古車相場:48万円~378万円(応相談含む)

※中古車掲載台数および相場は、2020年8月28日時点のデータ

トヨタが生み出したミッドシップスポーツの傑作|初代MR2

「ミスター」という愛称で呼ばれ、国産初の市販型ミッドシップとして1984年に誕生した初代MR2(AW型)。生産コストを抑えるため、サスペンション、エンジン、トランスアクスルは、カローラ(E80型)のものが流用されています。

グレード構成は、「S」「G」「G-Limited」の3つ。「S」には、3A-LU型1500ccエンジンが搭載され、「G」「G-Limited」には、4A-GELU型1600ccエンジンが搭載されています。

最大の武器は軽さ

1986年のマイナーチェンジでは、エクステリアやインテリアを変更するとともに、今でも名機と呼ばれる4A-GE型エンジンにスーパーチャージャーを装着したモデルをリリース。最高出力は145馬力を発生し、当時としては1.6リッタークラス最強のエンジンを搭載していました。重量物であるエンジンを車体中央に配置したミッドシップレイアウトと、1トン前後という超軽量な車両重量によって、トヨタが生んだライトウエイトスポーツの傑作として、今でも多くのファンが存在します。

トヨタ MR2(AW)の中古車相場

■中古車掲載台数:30台

■中古車相場:109.7万円~229万円(応相談含む)

※中古車掲載台数および相場は、2020年8月28日時点のデータ

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。

鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし!

簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

トヨタ/スープラ
トヨタ スープラカタログを見る
新車価格:
499.1万円702.8万円
中古価格:
125万円1,230万円
トヨタ/ソアラ
トヨタ ソアラカタログを見る
新車価格:
660万円693万円
中古価格:
48万円475万円
トヨタ/MR2
トヨタ MR2カタログを見る
新車価格:
236.5万円340.5万円
中古価格:
40万円249.5万円

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... おごと温泉 びわこ緑水亭
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

トヨタ スープラの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ スープラのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ スープラの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ スープラの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ スープラのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる