東京モーターショー2019目前、発売できたら勢力図が変わっていたかもしれないコンセプトカーを振り返る!

もしあのコンセプトカー達が世に出ていたら・・・

間もなく開幕する第46回東京モーターショー。出展社数の減少などネガティブな話題もないわけではないが、やはり未来のコンセプトカーなどが一堂に会す2年に1度の大イベントということで、心待ちにしている人も少なくないハズ。

しかしコンセプトカーと一口に言っても、発売目前まで来ているものもあれば、完全なハリボテでどう見ても夢物語のようなモデルまでさまざま。そんな過去に登場したコンセプトカーの中から、個人的に発売されていたらいろいろ変わっていたかも……と思わせてくれたモデルをピックアップしたい。

トヨタ S-FR

2015年の東京モーターショーで発表されトヨタの小型FRスポーツのS-FR。5ナンバーサイズのボディにエンジンをフロンドミッドシップに搭載し後輪を駆動。ルーフ部分はグラストップとなっており、現代版ヨタハチとも評された。

翌2016年の東京オートサロンではS-FRのレーシングコンセプトも発表され、市販化に期待が集まったが、その後の情報はパッタリ途絶えてしまった。2017年に発売されたゲーム「グランツーリスモSPORT」には同車が収録され、1.5リッターで135PS/15.3kgf・mの車両重量1050kgというスペックとなっていたが、真相は未だに闇の中である。

日産 IDx

2013年の東京モーターショー、日産ブースの目玉となったのが、シンプルでカジュアルなライフスタイルに焦点を置いた「IDx フリーフロー」と、それとは対照的な、ドライビングシミュレーターから飛び出してきたような、スポーティモデルの可能性を示した「IDx ニスモ」の2台だった。

特にニスモは往年の510ブルーバード時代のBREカラーを彷彿とさせるカラーリングが施され、その後のデトロイトショーでは当時の日産のファミリーフェイスに近づけるという、コンセプトカーとしては異例のマイナーチェンジまで行っていた。しかしこちらもモーターショー後の情報はなく、日産のスポーツカーは未だに10年選手のフェアレディZとGT-Rという惨状だ。

スズキ LC

軽自動車はガマンして乗るものではなく、パーソナルな空間を楽しむものという時代になりつつある現代だからこそ登場してもらいたいと思えるのが2005年の東京モーターショーに登場したスズキ・LCだ。360ccエンジンを搭載していた頃のフロンテの型式であるLCを冠したこのコンセプトカーは、軽自動車枠よりも小さいボディに2名分のシートを備えたまさにシティコミューター。

エクステリアは2代目フロンテのデザインを踏襲した愛嬌のあるクラシカルなもので、もしかしたら同年に販売を終了したツインの後継車種となっていたモデルかもしれない。なお、エンジンはリアではなくフロントに搭載され、リアのエアダクトのような部分は給油口と言われていた。

ダイハツ マッドマスターC

基本的には働くクルマでありながら、アクティブなユーザーにも愛用されている軽バン。最近では「アゲ系」と称してリフトアップし、走破性を高めるカスタムも人気となっているが、2007年の東京モーターショーにはそんなコンセプトのモデルが登場していた。それがダイハツのマッドマスターCである。

サイズは全幅こそ軽自動車枠を超える1600mmとなっていたが、搭載エンジンは660ccの3気筒エンジンが想定されており、本格的なオフロード走行も可能とするハブリダクション式4輪駆動を採用しているとアナウンスされていた。現在販売中のハイゼットバンは2004年に登場したものがベースとなっているが、新型ハイゼットがこれだったら欲しい、という人も多いのではないだろうか。

これ以外にも多くの魅力的なコンセプトカーが、登場しながら表舞台に現れることなく消えていった。とはいえ、そんなコンセプトカーが登場したときのワクワク感は計り知れないものがあったのもまた事実。最近は環境や自動運転に関連したコンセプトカーが多くなってきているが、市販する、しないは置いておいて、純粋に心がときめくようなコンセプトカーが登場することを期待したいところだ。

[筆者:小鮒 康一]

この記事の画像ギャラリーはこちら
小鮒 康一
筆者小鮒 康一

1979年5月22日生まれ、群馬県出身。某大手自動車関連企業を退社後に急転直下でフリーランスライターへ。国産旧車に造詣が深いが、実は現行車に関してもアンテナを張り続けている。また、過去に中古車販売店に勤務していた経験を活かし、中古車系の媒体でも活動中。最近では「モテない自動車マニア」の称号も獲得。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる

カー用品・カスタムパーツ
人気記事ランキング

お車の買い替えをご検討中の方へ【車売却ガイド】

車の売却を考えられてる方におすすめする記事です。売却する前に是非参考にしてください!

  • 買い替えでよくある失敗にご注意!

    車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。

  • ネットで複数の買取相場をチェック!

    車に特化した買取店ならディーラーより高額査定を引き出せる場合が多いので、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのが鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込みの電話が掛かってきますのでご注意ください。

  • 営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!

    MOTAの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

お車の購入をご検討中の方へ【車購入ガイド】

車の購入を考えられてる方におすすめする記事です。購入する前に是非参考にしてください!

おすすめの関連記事

トヨタの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタのニュース一覧

日産の最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産の中古車検索 日産の記事一覧 日産のニュース一覧

スズキの最新自動車ニュース/記事

スズキのカタログ情報 スズキの中古車検索 スズキの記事一覧 スズキのニュース一覧

自動車評論家コラムの最新記事

MOTA最新自動車ニュース/記事