マツダ初の量産EVがデビュー!【東京モーターショー2019】

  • 筆者: MOTA編集部
  • カメラマン:MAZDA
画像ギャラリーはこちら
マツダは東京モーターショー2019にて、マツダ初の量産EVのコンセプトモデル「MX-30 Concept」を世界初公開した。

走る楽しさと操る楽しさを両立した電気自動車が登場!

マツダの新型EVは、同社のカーラインアップに加わる新世代商品の第3弾となるモデルだ。マツダの開発哲学である人間中心の設計思想を元に、マツダらしい走る楽しさなどはそのままに、電気自動車ならではの特性を最大限に生かすという。

マツダが考える魂動デザインを採用したカッコイイ電気自動車の姿をまずは御覧いただこう。

先日公開されたプロトタイプモデル、マツダ e-TPVとは異なり、専用のボディデザインとなったMX-30 Concept。もっとも特徴的なのは、観音開きのドアであろう。リアドアはBピラーではなくCピラー側にヒンジを設けるRX-8のようなスタイルとなる。このまま市販される可能性は高くはないが、ブランド初の電動自動車というメッセージ性を考えると採用されるかもしれない。

またフロントグリルは空力を意識して大幅に小型化され、左右のヘッドライトをつなげる新しいデザインとなった。さらにインテークのデザインも異なっている。

この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる

日本カーオブザイヤー
カー用品・カスタムパーツ
人気記事ランキング

おすすめの関連記事