押し出し感の強まった新型ノア/ヴォクシーのカスタムに好印象の様子! 一方で「そろそろオラオラデザインを見直す時期では」の声も【みんなの声を聞いてみた】

  • 筆者: 望月 達也(MOTA編集部)
  • カメラマン:森山 良雄/トヨタカスタマイジング&ディベロップメント/トヨタ自動車
画像ギャラリーはこちら
東京オートサロン2022にて、トヨタの純正アフターパーツブランド「モデリスタ」がカスタムを手がけた新型ノア/ヴォクシーが登場した。エアロパーツを装着し、今流行りの押し出し感がよりいっそう高まった新型ノア/ヴォクシーの登場に、購入検討者やクルマファンなどはどう捉えているのか? ここではSNS上で挙げられているみんなの声を紹介していく。
目次[開く][閉じる]
  1. 新型ノア/ヴォクシーに早速カスタムパーツが登場!
  2. アルファードにも引けを取らない押し出しの強さに好印象の声
  3. そろそろ押し出しの強すぎるデザインを見直す時期!?

新型ノア/ヴォクシーに早速カスタムパーツが登場!

トヨタの純正アフターパーツブランド「モデリスタ」は、2022年1月14日(金)〜1月16日(日)の期間開催された東京オートサロンにて、新型ノア/ヴォクシーに同社製のカスタマイズパーツを装着したモデルを出展した。

新型ノアでは「Brand new Elegance」をデザインコンセプトに、ワイドに伸びたメッキ加飾を施すことで、精悍さの中にエレガンスを感じる個性的な表情を演出。

「MODELLISTA エアロパーツセット」は「フロントスポイラー」「サイドスカート」「リヤスカート」と、メッキ加飾の煌めきを際立たせた「フロントグリルキット」、先進的でプレミアム感あふれる「シグネチャーイルミブレード」、LEDの組み合わせでリヤビューに存在感を与える「イルミルーフスポイラー」の6点セットと、「フロントスポイラー」「サイドスカート」「リヤスカート」のみの3点のセットを用意する。

新型ヴォクシーでは、「Sharp × VALOUR」をデザインコンセプトに、様々な造形のメッキ加飾を施すことで、低重心で存在感のあるスタンスと上質感を与えている。

「MODELLISTA エアロパーツセット」は「フロントスポイラー」「サイドスカート」「リヤスカート」と、横一文字に伸びたLED加飾が特徴の「シグネチャーイルミグリル」、ノアにも装着可能な「イルミルーフスポイラー」の5点セットと「フロントスポイラー」「サイドスカート」「リヤスカート」のみの3点セットも用意する。

アルファードにも引けを取らない押し出しの強さに好印象の声

トヨタディーラーで販売される純正オプションだけにクオリティの高さは折り紙つきなモデリスタパーツたち。新車購入時のローンにまとめられるといった強みもあり、新型ノア/ヴォクシーに限らず人気の高いカスタムアイテムだ。

そんなモデリスタパーツで押し出し感が増した新型ノア/ヴォクシーに対してSNS上では「こういうのが好きな人は多い」とする声が挙がっている。

これに追従するように、

「サイズが上のアルファードにも引けをとらない迫力で良いと思う」

「煌びやかで、豪華に見えて個人的にはあり」

「カスタムなんだからこれぐらい派手にしないと」

といった声などを含め、早速購入検討に動いている様子も垣間見れた。

そろそろ押し出しの強すぎるデザインを見直す時期!?

そんな肯定的な声が挙がっている中、それ以上に多かったのが以下を代表する否定的な声だ。

「下品」

「フロントだけ派手で、サイドとリヤとのバランスが変」

「これが嫌な人が、セレナ、ステップワゴンにいくのだろうな」

「そろそろ押し出しの強いフロントマスクにも飽きてきた。どこもやることが一緒」

「夜中のコンビニとか、ドンキに停まっていそう」

「未だにミニバン=ヤンキーから変わってない」

そのあまりの押し出しの強さに、これら嫌悪感を露にする声は多い。また、単に否定するだけでなく見逃せなかったのが、

「煽り運転するユーザーが増えそう」

「メーカーもいい加減煽り運転を増長するようなデザインは控えるべき」

「そもそも威嚇するようなデザインはそろそろ見直す時期なのでは?」

といったメーカーの姿勢を問う声たち。所謂“オラオラ顔”と言われるもので、昨今問題となっている煽り運転に繋がると危惧する声は少なくない。メーカーサイドとしては販売台数を伸ばしたいところだが、こういった声にも耳を傾ける必要があるのではないだろうか。

人気銘柄なだけに新型でも多くの販売台数が予測されるノア/ヴォクシー。それでも、世間の声しかり、ライバルであるホンダ 新型ステップワゴンのデザインなどを見ても、ミニバンの押し出しの強すぎるマスクにも変化の時が来ているのかもしれない。

[筆者:望月 達也(MOTA編集部)/撮影:森山 良雄/トヨタカスタマイジング&ディベロップメント/トヨタ自動車]

トヨタ/ノア
トヨタ ノアカタログを見る
新車価格:
267万円389万円
中古価格:
27.5万円479万円
トヨタ/ヴォクシー
トヨタ ヴォクシーカタログを見る
新車価格:
309万円396万円
中古価格:
12.8万円499.4万円

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

望月 達也(MOTA編集部)
筆者望月 達也(MOTA編集部)

1984年生まれ。埼玉県出身。週末はサッカーや自転車でツーリングなど体を動かすことが大好きな1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから10余年、乗り換えに悩むユーザーの目線に立ったコンテンツ作りを常に意識し続けている。記事一覧を見る

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 夢乃井庵 夕やけこやけ

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

トヨタ ノアの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ ノアのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ ノアの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ ノアの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ ノアのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる