autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車解説 国産最後のFR+MTスポーツセダン!? トヨタからマークX“GRMN”第2弾が350台限定で発売

新型車解説 2019/1/11 10:00

国産最後のFR+MTスポーツセダン!? トヨタからマークX“GRMN”第2弾が350台限定で発売

関連: トヨタ マークX Text: 渡辺 陽一郎 Photo: トヨタ自動車
トヨタ マークX “GRMN”[V6 3.5L/FR(後輪駆動)/6速MT]
トヨタ マークX “GRMN”[V6 3.5L/FR(後輪駆動)/6速MT]トヨタ マークX “GRMN”[V6 3.5L/FR(後輪駆動)/6速MT]トヨタ マークX “GRMN”[V6 3.5L/FR(後輪駆動)/6速MT]トヨタ マークX “GRMN”[V6 3.5L/FR(後輪駆動)/6速MT]画像ギャラリーはこちら

GRシリーズの頂点“GRMN”モデルが全国のGRガレージで350台の限定発売

トヨタでは「TOYOTA GAZOO Racing」として、一部のトヨタ車をベースに、走行性能と内外装をスポーティにアレンジした仕様、“GR”シリーズを用意している。通常モデル同様にトヨタの新車ディーラーが扱い、車検などの対応も可能だ。ユーザーが完成されたチューニング&ドレスアップモデルを購入する「コンプリートカー」という扱いだ。

また新店舗業態として「GR Garage」(GRガレージ)もオープンし、TOYOTA GAZOO Racingと“GR”シリーズの各地域拠点とした。

“GR”シリーズの走りに関するチューニングのランク分けは、ベーシックな仕様が「GRスポーツ」、中級クラスは「GR」とされて、ボディ剛性の強化やサスペンションの変更などが行われる。

そして最上級に位置するのが「GRMN」だ。エンジンなどを含めた各部にチューニングを施す本格的な内容になる。

3段階あるTOYOTA GAZOO Racingのカスタムカー“GR”シリーズの最上級に位置するGRMNに、2019年1月11日よりマークX GRMN」が加わった。

これは2015年に限定100台で発売したマークX GRMNの最新版となる。販売は他の“GR”シリーズとは異なり、全国のGR Garageのみで扱われ、3月11日より成約順で350台が限定発売される。

>>TOYOTA GAZOO Racingのカスタムカー「トヨタ マークX “GRMN”」はここがカッコいい![フォトギャラリー]

こだわりがつまってる! 新型マークX GRMNの入念チューニングポイントを徹底解説

トヨタ マークX “GRMN”[V6 3.5L/FR(後輪駆動)/6速MT]

クロスレシオの6速MT採用、V6 3.5Lエンジンの出力向上はなし

トヨタ マークX “GRMN”[V6 3.5L/FR(後輪駆動)/6速MT]

新型マークX GRMNのベースグレードは、V型6気筒3.5リッターエンジンを搭載する350RDSだ。マークX GRMNの最高出力は318馬力(6400回転)、最大トルクは38.7kg-m(4800回転)だから、350RDSと同じ数値のままだが、エンジンの出力特性は変更されている。

この理由のひとつが、6速MT(マニュアルトランスミッション)の採用だ。350RDSは6速ATのみだが、マークX GRMNは変速操作を楽しめる6速MTとしており、ギヤ比も変更された。マークX GRMNでは2~6速をクロスレシオ(各ギヤ比を近付けた設定)にすることで、峠道やサーキットの走行では高回転域を保ちやすい。

4速目のギヤ比も、350RDSでは1.000だが、マークX GRMNは1.185になり、5速目を1.000とした。従ってオーバードライブの比率は6速のみだ。最終減速比は少しハイギヤードな設定で、バランスを取っている。エンジンもこのトランスミッションに合わせてセッティングした。車両重量は1560kgだから350RDSと変わらず、優れた加速性能を発揮する。

スポット溶接を252カ所追加しボディ剛性を大幅に向上、足回りやブレーキも強化した

トヨタ マークX “GRMN”[V6 3.5L/FR(後輪駆動)/6速MT]

ボディについては、スポット溶接打点を252箇所追加した。これによりボディ剛性を大幅に強化している。

足まわりも変更を受け、ショックアブソーバーは新開発された。電動パワーステアリングも、スポーティな運転に合わせるために操舵感を変更している。

外装では19インチのBBS製アルミホイールを装着した。タイヤサイズは、前輪が235/40R19、後輪は255/35R19と前後異サイズになる。ベース車の350RDSは、前後輪ともに235/45R18だから、タイヤのグリップ性能が大幅に高まった。

ブレーキは350RDSも4輪に放熱効果の優れたベンチレーテッドディスクを装着するが、マークX GRMNではスポーツパッドを備えて、前輪が対向4ポットキャリパーと18インチ2ピースローターになる。後輪側は17インチだ。ブレーキキャリパーはホワイトで塗装され、前側にはGRのロゴも入る。

内外装もスポーティに格好良くカスタマイズ

トヨタ マークX “GRMN”[V6 3.5L/FR(後輪駆動)/6速MT]

マフラーは大型バッフルを備えた4本出しだ。このほか前後左右にエアロパーツを装着して、フロントバンパーなどの形状もドレスアップした。新型ではフロントバンパーなどに装着される高輝部品の加飾をダーク化するなど、カッコ良さを従来以上に追求している。

内装では、インパネにカーボン調の加飾と光沢のあるピアノブラック塗装を施し、専用スポーツシートにはウルトラスエードのシート表皮を使う。すべてがブラックに塗装され、高性能セダンならではの渋いスポーツ感覚と、優れた走行性能を表現した。

価格を抑えるためカーボンルーフはオプション設定に

トヨタ マークX “GRMN”[V6 3.5L/FR(後輪駆動)/6速MT]

オプションではカーボンルーフパネルも用意され、10kgの軽量化を達成している。ルーフパネルは当然ながら車両の最上部に位置するから、この部分を10kg軽くすれば、走行安定性に与えるメリットはきわめて大きい。ちなみに2015年に100台限定で発売されたマークX GRMNではカーボンルーフは標準装備だったが、今回は価格を抑えるためオプションの扱いとなった。

マークX GRMNのボディサイズは、全長が4795mm、全幅は1795mm、全高は1420mmだ。全長は25mm伸びたが、全幅は変わらず、全高はわずか15mmだが低くなった。

昨今の後輪駆動セダンは全般的にボディを拡大傾向にあるが、マークXは比較的コンパクトな部類で車両重量も軽い。発売から9年を経過して操舵感などに古さを感じるようになったが、基本設計のバランスは良い。

この素性を生かしながら、スポット溶接打点数を250箇所以上も増やすなど、入念にチューニングしたのがマークX GRMNだ。

マークX GRMNの価格513万円は安いか高いか!? マークX GRスポーツやクラウンRSなどと比較してみる

トヨタ マークX “GRMN”[V6 3.5L/FR(後輪駆動)/6速MT]

新しいマークX GRMNは、成約順に350台の限定販売とした。価格は513万円で、カーボンルーフパネルのオプション価格は27万円になる。ちなみに2015年発売のマークX GRMNはカーボンルーフが標準装着で540万円だったから、全体に価格は抑えられている。

なおマークX GRMNの価格は、ベースとなった350RDS(385万200円)に比べると127万9800円高い。

マークXではほかにも“GR”シリーズが既に用意されている。350RDS“GR SPORT”[3.5L/4,428,000円]と、250S“GR SPORT”[2.5L/3,809,160円]だ。

こちらは共に6速ATとの組み合わせで、GRMNほどではないにせよ専用内外装や19インチタイヤ&ホイールを始め、専用チューニングサスペンション、スポット打点追加+ブレース追加など、こだわりのチューニングが施されている。なおマークX GRMNとGR SPORT(3.5L)で比較すると、約70万円の差がある。

買い得感の判断に迷うところだが、ちなみにクラウンの2.0RSは、同程度の動力性能を発揮する直列4気筒2リッターターボエンジンを搭載して、価格は518万4000円だ。ほぼ同じ価格で、V型6気筒3.5リッターを搭載して高度なチューニング&ドレスアップを施した(しかも今どき希少な6速MTも備える)マークX GRMNが手に入るなら、これは妥当な設定だと筆者は考える。

平成の終わりと共に・・・消えゆく希少国産FRスポーツセダン「マークX“GRMN”」

トヨタ マークX “GRMN”[V6 3.5L/FR(後輪駆動)/6速MT]

ちなみに次期スープラはBMWと共同開発されたが、方向指示機のレバーはハンドルの左側に装着され、ATレバーもBMWと同じ形状だ。プロトタイプを試乗すると、走行性能が高く運転感覚も楽しいが、BMWのOEM車のような印象を受けた。トヨタとかつてのスープラが好きな日本のユーザーとしては、一抹の寂しさを感じた。

その点でマークXは、国内市場向けに開発された純粋な国産セダンだ。これをベースに、マークX GRMNは走りの楽しさを追求している。

そして悲しいことにFRセダンのマークXは、現行型が最終モデルだと言われている。マークXが別れを告げて、BMW風のスープラがやってくる。

平成の終わりに登場したマークX GRMNは、純粋な国産スポーツとして、最後の輝きを放とうとしているのかも知れない。

[筆者:渡辺 陽一郎/撮影:トヨタ自動車]

トヨタ マークX “GRMN”[V6 3.5L/FR(後輪駆動)/6速MT]の主要スペック

グレードトヨタ マークX “GRMN”
全長4,795mm
全幅(車幅)1,795mm
全高(車高)1,420mm
ホイールベース2,850mm
車両重量(車重)1,560kg
乗車定員5人
排気量3,456cc
エンジン種類2GR-FSE型 V型6気筒 DOHC24バルブ ガソリン直噴エンジン
最高出力234kW(318PS)/6,400rpm
最大トルク380N・m(38.7kgf・m)/4,800rpm
駆動方式FR(後輪駆動)
トランスミッション専用6速マニュアルトランスミッション
燃料無鉛プレミアムガソリン(ハイオク)
JC08モード燃費--
専用サスペンション(前)ダブルウィッシュボーン式(後)マルチリンク式
ブレーキ:ベンチレーテッドディスク(前)対向4ポットキャリパー/18インチ2ピースローター(後)17インチ
タイヤサイズ(前)235/40R19(後)255/35R19
ベース車両マークX 350RDS
価格5,130,000円(消費税込)

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

トヨタ マークX の関連編集記事

トヨタ マークXの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ マークX の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
オートックワンのおすすめ特集
編集企画(パーツ・用品)PR