ハイエースにジャストフィット! 足もとを彩るカスタムホイール「Delf 01」/【PR:FLEX株式会社】

画像ギャラリーはこちら
ハイエースを仕事用だけでなく乗用車として楽しんでいる人も増えていますが、普段使いをするならオシャレに乗りたいものです。今回はランクルの専門店「FLEX」がプロデュースするオリジナルホイール「Delf 01(デルフ・ゼロワン)」を紹介します。
目次[開く][閉じる]
  1. ハイエースとランクルの専門店「FLEX」とは
  2. カスタムの基本はホイールから
  3. ハイエースのためにデザインされたアルミホイール「Delf 01」
  4. オリジナルパーツ「Delfino Line」との相性もバッチリ
  5. ハイエース用ホイールはFLEXのお店で
  6. 足もとをかっこよくして自分だけのハイエースに

ハイエースとランクルの専門店「FLEX」とは

トヨタ ハイエースとランクルを専門に扱う「FLEX(フレックス)」。北は北海道、南は九州まで、日本全国に40店舗以上を展開しています。新車や中古車の販売をメインに、独自に開発したパーツを組み込んだコンプリートカーや、日常のメンテナンス、車検まで行っています。ハイエースとランクルに乗るユーザーが頼れるお店です。

また、北海道と埼玉にある「ハイエースベース」ではアフターパーツに特化した品揃えをしています。ドレスアップのパーツだけでなくキャンプや車中泊で便利に使えるアイテムも数多く扱っているので、ハイエースユーザーを全方位的にフォローしてくれることでしょう。

今回はFLEXが独自にプロデュースしているオリジナルパーツ「Delfino Line(デルフィーノライン)」のなかから、ハイエース専用に開発したホイール「Delf 01」に注目していきます。

>>全国のFLEXのお店はこちら【公式サイト】

カスタムの基本はホイールから

ハイエースは、商用として乗ることがメインのクルマですが、多くの荷物を積める荷室を備えている便利さから普段使いをしている人も少なくありません。日常のシーンでちょっとオシャレに乗りたいという人には、クルマをカスタムするという手があります。

商用車っぽさを消す一番の方法

「オシャレは足もとから」という言葉はクルマについても当てはまります。純正スチールホイール+樹脂製ホイールキャップのままでは、いかにも仕事で使っていますという感じですが、社外のアルミホイールに変更すれば雰囲気はぐっと変わります。ハイエースのボディは大きな箱状なので、ホイールが目立つというわけです。

ハイエースのホイールはちょっと特殊

純正以外のアルミホイールはいろいろと発売されていますが、ハイエース用のホイールはちょっと特殊です。まず荷物を多く積むという特性上、乗用車向けのホイールよりも1本当たりの耐荷重が高く設定されています。同じ理由で、ホイールを車両に留めているナットの数は1輪当たり6本(一般的な乗用車は4〜5本)となっています。どちらも働く車ならではの仕様です。

例えば、スポーティなデザインのホイールが気に入ったとしても、ハイエース専用でなければ履くことはできません。ハブボルトの本数を5本から6本にする変換スペーサーを使って履くことは可能ですが、前述した理由からオススメはしません。

つまり、ハイエースにはハイエース専用として開発されたアルミホイールを履くのが鉄則というわけです。

ハイエースのためにデザインされたアルミホイール「Delf 01」

FLEXでは、ハイエース向けにオリジナルのホイールを複数プロデュースしています。今回はそのラインアップの中から、FLEXとしては初めてのオリジナルホイールで現在も人気の高い「Delf 01(デルフ・ゼロワン)」に迫ってみましょう。

実際よりも大きく見えるデザイン

Delf 01は、Y字型のスポークを6本組み合わせることで構成されたディスクデザインになっています。中央からリムまで伸びるスポークは、リムを乗り越えるリムオーバー仕様になっており、実際のサイズよりも視覚的に大きな印象を生み出しています。

各スポークの側面とボルトホールをブラックとすることで、スポークが浮かび上がってくるように見えます。またスポークはY字の交点部分を頂点にカーブを描いており、ホイールの中央を凹ませる「コンケーブ」形状になっています。これにより、動的な印象を引き出すことができるので、停車時はもちろん走り出しのときもインパクトは抜群です。

専用設計なので安心

ハイエースは特殊なホイールのサイズであることはお伝えしましたが、Delf 01はもちろん専用設計なのでフィッティングはバッチリ。20インチと18インチをラインアップしていますが、どちらもスタイリング重視のためオーバーフェンダーと同時に装着するコンプリートサイズになっています。

Delf 01は純正のスチールホイールからインチアップされていますが、車検は問題ないのかという疑問が出てくるかと思います。しかし心配無用、Delf 01は乗用車用軽合金製ディスクホイールの技術基準である「JWL」、トラック及びバス用軽合金製ディスクホイールの技術基準である「JWL-T」、そして日本車両検査協会適合試験「VIA」のアルミホイール強度試験に合格しているので、オーバーフェンダー装着車であれば車検も問題なく受けることができます。

【Delf 01:20インチ】

・サイズ:20 x 8.5J, ET38

・価格:ブラックポリッシュ4万7,300円(税込み)/ブラックミリング5万2,800円(税込み)

【Delf 01:18インチ】

・サイズ:18 x 8.0J, ET38

・価格:ブラックポリッシュ3万6,300円(税込み)/ブラックミリング4万1,800円(税込み)

>>ハイエース専用オリジナルホイール「Delf 01」の詳細はこちら【公式サイト】

オリジナルパーツ「Delfino Line」との相性もバッチリ

FLEXはホイールだけでなくオリジナルのボディパーツ「Delfino Line(デルフィーノライン)」もプロデュースしています。Delf 01はそんなアイテムと同時期に開発されたこともあり、相性は抜群。

ホイールと一緒にオーバーフェンダーやエアロパーツも一緒にコーディネイトすれば、さらにスタイリッシュなハイエースが出来上がるはずです。

▼Delfino Lineの記事はこちら

ハイエース用ホイールはFLEXのお店で

ノウハウが豊富なハイエース専門店

Delf 01はハイエース専用ホイールとして開発されていますが、履くには前述の通りオーバーフェンダーが必要になります。またタイヤもどのようなものを選べばいいか迷うところでしょう。

そこでオススメなのはFLEXのお店です。経験豊富なスタッフに相談すれば、ホイールの突出をオーバーフェンダーで収めるという法規的な点はもちろん、走り方から最適なタイヤも選び出してくれます。よりカッコよく、快適にDelf 01を履きこなすなら、専門店であるFLEXにお任せしてしまうのがいいでしょう。

カスタムや車検の相談も

ホイールは、カラーや車高によっても見え方が変わってきます。ホイールを装着するなら同時に足回りの調整やホイールナットの装着、ホワイトレタータイヤなど、足もとのコーディネイトは楽しみがいっぱいです。

このようにプラスアルファのカスタムやメンテナンス、車検もFLEXでは受け付けているので、オーナーは何でも相談してみるのがハイエースライフ充実の近道ですね。

>>全国のFLEXハイエース店はこちら【公式サイト】

足もとをかっこよくして自分だけのハイエースに

ボディの大きなハイエースですが、Delf 01はデザインが強く、視覚的に負けない存在感を放ちます。シンプルなボディにインパクトのあるホイールを履けば、カスタム度もぐっと上がります。

仕事だけでなくプライベートでも乗る機会が多いオーナーならば、自分のハイエースがもっとお気に入りになることうけあいです。

>>FLEXはこちらから【公式サイト】

トヨタ/ハイエースバン
トヨタ ハイエースバンカタログを見る
新車価格:
239.2万円452.4万円
中古価格:
68万円911.3万円

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... おちあいろう

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

トヨタ ハイエースバンの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ ハイエースバンのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ ハイエースバンの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ ハイエースバンの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ ハイエースバンのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる