新型アクア、「ヤリスのデザインに抵抗感があった人の受け皿」との見方も、足踏み式パーキングブレーキに不満の声【みんなの声を聞いてみた】

  • 筆者: 望月 達也(MOTA編集部)
画像ギャラリーはこちら
圧倒的な低燃費を誇り、コンパクトハイブリッドカーのとして一時代を築いていたトヨタ アクアが、初のフルモデルチェンジを実施し、2021年7月19日(月)より2代目となる新型モデルの発売を開始した。そこで気になるのが、同社のもう一つのグローバルコンパクトカーであるヤリスとの関係性。共通のプラットフォーム、エンジン、先進安全機能などを備える新型アクアとヤリスについて、ここではSNSで挙げられているみんなの声を紹介していく。
目次[開く][閉じる]
  1. 同じトヨタのコンパクトカーでも若干異なるキャラクターの2台
  2. オーソドックスなアクア、攻めのヤリス
  3. 足踏み式パーキングブレーキとジョイスティック式シフトレバーには不満の声

同じトヨタのコンパクトカーでも若干異なるキャラクターの2台

2011年に登場したトヨタ アクアは、コンパクトなサイズと低価格。そして燃費性能が広く支持され、グローバルで累計約187万台を販売したコンパクトハイブリッドカーである。

2代目となる新型アクアは、2020年発売のコンパクトカー「ヤリス」と同様のTNGA-Bプラットフォームを採用。低燃費や動力性能を確保するため、ヤリスとは異なる新開発の「バイボーラ型ニッケル水素電池」を搭載(Z、G、Xグレードで採用)している。

これにより、従来モデルに比べ2倍の出力を発揮し、アクセル操作へのレスポンス向上。低速からパワフルでスムースな加速性能が改善されたほか、電気だけでの走行可能距離も拡大し、時速40キロ前後の街乗り領域までEV走行が可能となっている。

さらに、カタログ燃費値では初代から20%向上させ、35.8km/L~33.6km/L[WLTCモード燃費]を達成している。

新型アクアのボディサイズは、全長4050mm×全幅1695mm×全高1485mm。従来型同様に5ナンバーサイズ枠に収まる。ホイールベース(前後車軸間の距離)2600mmとなり、従来型比で50mm延長されたことで、後席の足元や荷室空間などが拡げられた。

一方のヤリスは、全長3940mm×全幅1695mm×全高1500mm-1515mm、ホイールベース2550mmのボディサイズ。ヤリスのほうがよりコンパクトなモデルだ。

また、新型アクアでは、災害時など万が一の際に役立つ機能として、大容量バッテリーを活用した「非常時給電モード」を全車に標準採用した。

これは非常時の車両駐車時、AC100V・1500Wの非常用電源を供給できる機能。また通常運転時にはアクセサリーコンセントとしても活用できるもので、ヤリスには非搭載の装備だ。

オーソドックスなアクア、攻めのヤリス

そんな新型アクアについて、SNS上ではどのような意見が飛び交っているのか確認してみた。

まず、これまで同社の代表的な低燃費コンパクトカーだったアクアに対しては、

「今時は低燃費が売りのハイブリッドが目新しくなくなってきた中、新型アクアは新しいニッケル水素の技術で低燃費+αの価値を出していた」

といった声があり、

「初代アクアのオーナーからの乗り換え需要は高そう」「旧型プリウスからの乗り換え需要も見込めるのでは」

など従来の燃費重視のユーザー層もからも熱視線が注がれている様子だ。

また、ヤリスと比較する声としては、

「尖ったデザインが欲しい人はヤリス」

「正統派はアクア、尖った攻めたデザインを推す人はヤリスという棲み分けか」

「新型アクアはヤリスに抵抗感があった人の受け皿になるだろう」

と、デザイン面ではオーソドックスなアクア、攻めのヤリスとする声が見受けられる。

ヤリスよりも広い後席ながら、絶対的アドバンテージとは言えず

一方、内装面については、

「後席広くなったのは嬉しい」

としながらも、

「後席はヤリスよりは広そうだが、コンパクトカーで居住性を望むならフィットやノートもテーブルに上がる」

「後席が広くなった新型アクアといえど、ファミリーユースかというと考える。シエンタやカローラなど、トヨタにはまだまだ他のモデルが包括的にある」

といった声も。コンパクトカーで内装・居住空間を重要視している層からは、広くなった新型アクアと言えど競合よりアドバンテージが大きくあるわけではないようだ。

しかし、そうした場合でもまた別の車種を選択候補にできるラインナップを揃えるトヨタの総合力の高さがやはり驚異的と捉えているようだ。

足踏み式パーキングブレーキとジョイスティック式シフトレバーには不満の声

そんな中、新型アクアの不満な点、改善を望む声として、

「新型アクアの方が若干上級なモデルの位置づけか? それだけに足踏み式パーキングブレーキなのは惜しい」

「コストの面での採用なんだろうけど、足踏み式パーキングブレーキにはがっかり」

と、足踏み式パーキングブレーキに不満の声が多く挙がっている。また、同様に、

「シフトノブや足踏み式パーキングブレーキは年配層には敬遠されそう」

「新型アクアよりも尖がったデザインのヤリスだが、シフトレバーが普通のだから高い年齢層には操作性で優位だと思う」

など、足踏み式パーキングブレーキ同様、新型アクアに採用されているジョイスティック式シフトレバーが、特に高齢者には不向きとみる声も少なくない数で挙がっている。

コンパクトなサイズ、低燃費、低価格で一時代を築いた初代アクア。果たして、2代目となる新型はそれに倣うことはできるのか? 今後の販売展開にも注目していきたい。

[筆者:望月 達也(MOTA編集部)]

トヨタ/アクア
トヨタ アクアカタログを見る
新車価格:
198万円259.8万円
中古価格:
29.9万円305.2万円
トヨタ/ヤリス
トヨタ ヤリスカタログを見る
新車価格:
139.5万円252.2万円
中古価格:
117万円536.3万円

MOTAおすすめコンテンツ

一年中履ける! 話題のオールシーズンタイヤ「セルシアス」の実力をテストしてみた[晴れの日編]/TOYO TIRES(PR)

この記事の画像ギャラリーはこちら
筆者望月 達也(MOTA編集部)
監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... ぎおん畑中

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

トヨタ アクアの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ アクアのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ アクアの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ アクアの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ アクアのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる