スズキ 新型ワゴンRスマイルの登場で軽自動車市場は変わる!? 今後メインとなるのはハイトワゴンのスライドドアモデルたちだ

画像ギャラリーはこちら
スライドドアをもつ軽自動車が当たり前の存在となりつつある。というのも2020年度における軽自動車の販売比率のうち5割以上の台数がスライドドアモデルなのだ。その筆頭がホンダ N-BOXに代表されるスーパーハイトワゴンたちだ。その一方でひとまわり小さなハイトワゴンベースのスライドドアモデルが大盛況となっている。そこで今回は先ごろ発売されたスズキ 新型ワゴンRスマイルの存在により、今後変わりゆく軽自動車市場を予想していこう。おそらくスライドドアを持つハイトワゴンモデルが軽自動車のメインストリートとなりそうだ。
目次[開く][閉じる]
  1. スライドドアを持つハイトワゴンモデルは後発だが、スズキは新ジャンル開拓が得意!
  2. 新型ワゴンRスマイル最大のライバル「ムーヴキャンバス」。ヒットの要因はスライドドアモデルだから
  3. スライドドアのメリットは多数! 扱いやすさがクセになるユーザーも
  4. 「ハイトワゴンでスライドドアが欲しい」というユーザー多数! その一方でデメリットも
  5. 新型ワゴンRスマイル投入でライバル社も参入する可能性大
ワゴンRスマイルの最新業界ニュース・自動車ニュース&記事

スライドドアを持つハイトワゴンモデルは後発だが、スズキは新ジャンル開拓が得意!

スズキというメーカーは、「この手があったか!」というモデルを商品化するのが得意なメーカーである。古くは商用車とすることで全国一律47万円という低価格を実現した初代アルトや初代ワゴンRが挙げられる。

それだけに軽自動車業界ではダイハツがスズキに続くことが多かったのだが、先日登場した新型ワゴンRスマイルは、タントに対するパレット&スペーシアのようにムーヴキャンバスの影響を受けたモデルという点で珍しいケースである。

ここではムーヴキャンバスに対するワゴンRスマイルが出たことによる、軽自動車業界への影響を考えてみた。

>>新車がたった47万円!? 常識をブチ壊した初代アルトはエポックメイキングなクルマだった【偉大なクルマ】

新型ワゴンRスマイル最大のライバル「ムーヴキャンバス」。ヒットの要因はスライドドアモデルだから

まず、ムーヴキャンバスが本家のムーヴを凌ぐほど好調に売れている理由を考えてみよう。一番大きいのは、ワーゲンバスのようなかわいらしいスタイルだろう。ギスギスとしたことも多い世の中をホッと和ませてくれるような雰囲気がある。

また2020年に約133万台売れた軽乗用車のうち、ムーヴキャンバス、ホンダN-BOXのようなスーパーハイトワゴンとスズキ エブリィワゴンやダイハツ アトレーの軽1BOXワゴンが該当するスライドドア車が占める率は50%を超えるのだ。

ムーヴキャンバスが売れている理由には「スライドドアだから」ということも小さくないだろう。

>>N-BOX一強時代は終わるのか!? ムーヴキャンバスなどハイトワゴンにスライドドアを持つモデルが新たな人気車となる

スライドドアのメリットは多数! 扱いやすさがクセになるユーザーも

話は変わってスライドドアのメリットを考えてみると、乗降のしやすさ。ドアの開閉で隣のクルマをヒットすることがない、そして狭いところでも乗降できるなどメリットは多く、一度スライドドアのクルマに乗ると「手放せない」という気持ちも分かる。

ムーヴキャンバス登場まではスーパーハイトワゴン程度であった

ただムーヴキャンバスが登場するまで、近年の軽乗用車でスライドドアだったのは前述のスーパーハイトワゴンと1BOXワゴンだけだった。

このため、高齢者の方が後席に乗る、子どもが立ったまま着替えなどができた方がいい、福祉車両に使うといった人なら、全高が高くスライドドアとなるスーパーハイトワゴンと軽1BOXワゴンを選ぶのは正しい。

「ハイトワゴンでスライドドアが欲しい」というユーザー多数! その一方でデメリットも

しかし軽1BOXワゴンは別として、「全高はハイトワゴンくらいでいいけど、スライドドアが欲しいのでスーパーハイトワゴンにしていた」という人だと、スーパーハイトワゴンは全高の高さにより失うものも少なくなかった。具体的には3つ挙げられる。

>>ムーヴよりも売れているムーヴキャンバス! 程よいサイズにスライドドアが大ウケも、新型モデルはカスタムモデルに期待【ディラーの声を聞いてみた】

最大のデメリットは価格の高さにあり

全高が高いことによる走行安定性、コーナリング性能の低下。この2つを補うため、全高の高いクルマはスプリングが固くなるため、乗り心地も悪化傾向。

そして全高が高いため、空気抵抗は大きく、車重も増すため燃費も低下してしまうのだ。

さらにはグレードにもよるが、スーパーハイトワゴンは原価が高いのに加え、各メーカーのフラッグシップとなることもあり、価格は高い。

失うものを感じる人も、タントの登場以来20年近くが経つこともあり増え始めているのもあるのか、ムーヴキャンバスは好調に売れ、スズキもワゴンRスマイルで「スライドドアの軽ハイトワゴン」というまだ新しいジャンルに参入したのだろう。

新型ワゴンRスマイル投入でライバル社も参入する可能性大

ムーヴキャンバスと新型ワゴンRスマイルは、ワゴンRのようなヒンジドアのハイトワゴンとスライドドアを持つスーパーハイトワゴンの中間のような存在だ。

2台が該当する「スライドドアの軽ハイトワゴン」は今後まだまだ需要や必要性も増えそうだ。そして今後のことを考えると軽乗用車業界は、ハスラーやタフトのようなクロスオーバーとEV化くらいしか、新しいジャンルはなさそうだ。

>>三菱 eKワゴン、日産 デイズの電気自動車が2022年初頭に発売! しかも価格は200万円だ

じつはスライドドアのハイトワゴンの元祖は三菱だった

それだけにワゴンRスマイルが成功すれば、ホンダと日産&三菱も「スライドドアのハイトワゴン」に参入する可能性は十分ある。ちなみに三菱 2代目eKワゴンにスライドドアモデルをラインアップしていた。三菱はこのジャンルの真のパイオニアだったのを思うと惜しいことをしたものである。

以上のことを総合すると、軽乗用車業界において新型ワゴンRスマイルの売れ行きと、そろそろフルモデルチェンジがあってもおかしくないムーヴキャンバスの動向には目を配っておいた方が良さそうだ。

【筆者:永田 恵一】

スズキ/ワゴンRスマイル
スズキ ワゴンRスマイルカタログを見る
新車価格:
129.7万円171.6万円
中古価格:
121.9万円196万円

MOTAおすすめコンテンツ

一年中履ける! 話題のオールシーズンタイヤ「セルシアス」の実力をテストしてみた[晴れの日編]/TOYO TIRES(PR)

この記事の画像ギャラリーはこちら
永田 恵一
筆者永田 恵一

1979年生まれ。26歳の時に本サイトでも活躍する国沢光宏氏に弟子入り。3年間の修業期間後フリーランスのライターとして独立した。豊富なクルマの知識を武器に、自動車メディア業界には貴重な若手世代として活躍してきたが、気付けば中堅と呼ばれる年齢に突入中。愛車はGRヤリスと86、過去には日本自動車史上最初で最後と思われるV12エンジンを搭載した先代センチュリーを所有していたことも。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 飛騨つづり 朧

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

スズキ ワゴンRスマイルの最新自動車ニュース/記事

スズキのカタログ情報 スズキ ワゴンRスマイルのカタログ情報 スズキの中古車検索 スズキ ワゴンRスマイルの中古車検索 スズキの記事一覧 スズキ ワゴンRスマイルの記事一覧 スズキのニュース一覧 スズキ ワゴンRスマイルのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる