スズキ次期型「スイフト」10月パリで公開か!注目の「スイフトスポーツ」はダウンサイジングターボ搭載(1/2)

スズキ次期型「スイフト」10月パリで公開か!注目の「スイフトスポーツ」はダウンサイジングターボ搭載
スズキ スイフト スズキ バレーノ スズキ イグニス スズキ スイフト スズキ スイフトXS-DJE エンジンルーム スズキ スイフト スズキ スイフト スズキ バレーノ インテリア スズキ バレーノ インテリア スズキ バレーノ スズキ バレーノ 画像ギャラリーはこちら

日本では来年早々のデビューか

スズキ バレーノ

10月のパリサロンで発表され、来年早々日本発売と言われている次期型スズキ「スイフト」のスクープ写真が出回り始めた。スズキを見ていると、ここにきてクルマの完成度で劣化の傾向を見せている。

特に厳しいのは普通車登録のモデル。コストダウンを重視し過ぎでいるのか、酷い。

先日もインドで生産されるバレーノに乗って驚いた!到底、日本車の品質と思えなかった。インドで生産されているのだから当然でしょう、と言われればその通りなのだけれど、韓国車のレベルにも全く届いておらず、最近輸出を開始した中国車である『長城汽車』や『長安汽車』と同等。

長城汽車や長安汽車は日本車の70%程度の価格で販売しているのに、日本に於けるバレーノの価格を見ると同じクラスの日本車より高いほど。

イグニス、バレーノの品質はどうしたのか?

スズキ イグニス

というか、スズキの幹部がバレーノの品質で日本のユーザーに受け入れられると思っているのなら、何か決定的な思い違いをしているのかもしれない。

バレーノの前に出した、軽自動車ベースのイグニスも厳しい。こちらも軽自動車として考えれば平均的なレベルながら、同じ価格帯のフィットあたりと比べてしまえば、もはや比較対象にならないくらいクルマ作りのクオリティが違う。

最近のスズキ、どうなってしまったのか?

1 2 次へ

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

国沢 光宏
筆者国沢 光宏

1958年生まれ。ベストカーガイド編集部員を経て自動車評論家に。空気を全く読まず言いたいことを言い、書きたいことを書くので自動車メーカーから嫌われている。現在所有しているクルマは日産 リーフやトヨタ MIRAIなど多数。趣味はラリーに出場すること。人気のない(本人談)Webサイトを運営中。記事一覧を見る

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 山科伯爵邸 源鳳院

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

スズキ スイフトの最新自動車ニュース/記事

スズキのカタログ情報 スズキ スイフトのカタログ情報 スズキの中古車検索 スズキ スイフトの中古車検索 スズキの記事一覧 スズキ スイフトの記事一覧 スズキのニュース一覧 スズキ スイフトのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる