autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車解説 “スバリスト視点”で見る新型「WRX S4・STI」徹底解説

新型車解説 2015/7/1 16:26

“スバリスト視点”で見る新型「WRX S4・STI」徹底解説(1/4)

関連: スバル WRX Text: マリオ 高野 Photo: 和田清志/富士重工業株式会社
“スバリスト視点”で見る新型「WRX S4・STI」徹底解説

2014年に発売されたWRXシリーズが、早くも「アプライドB型」へ!

スバルのトップスポーツモデルである「WRX S4」「WRX STI」が、初の年次改良を受けました。

WRXは昨年、2014年8月25日に発売されているので、わずか10ヶ月あまりで「アプライドB型」へ移行することになりますが、「WRXらしい、硬派な乗り味」を支持する従来のユーザーならば、B型でもそうでなくとも走行性能や乗り味の面で落胆させられることはないのでご安心ください。

ただし、WRX S4に至っては人により「新しいB型のほうが断然良くなった!」と感じる可能性が高いです。

スバル WRX S4

新型WRX STI/S4の変更ポイントは“3つ”。まずひとつは、「WRX S4のダンパー変更とハイパフォーマンスタイヤのオプション設定」です。20年以上の伝統があり、MTしかない硬派なスポーツモデルであるWRX STIの場合はユーザー層の嗜好が比較的ハッキリしていますが、ブランニューモデルであるAT(CVT)仕様の「WRX S4」では想定ユーザーが多様化しました。

具体的には、

・硬派なWRXの2ペダルが欲しい人(先代WRX A-Lineのユーザー)

・手頃なサイズの欧州車的なスポーツセダンが欲しい人(欧州車を強く意識するユーザー)

・BL型レガシィ(4代目レガシィB4)からの乗り換えユーザー

といったタイプに大別されます。そのためデビュー直後のWRX S4は、どのタイプのユーザーにも受け入れられるセッティングを施したのですが、B型では欧州セダン党とBL型レガシィB4ユーザーの嗜好寄りに微修正されたといえるでしょう。

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

スバル WRX の関連編集記事

スバル WRXの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スバル WRX の関連編集記事をもっと見る

スバル WRX の関連ニュース

この記事にコメントする

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR