スバルの走る愉しさはEVになっても不滅!?【スバルの未来Vol.1】|【未来モビリティ総研】

画像ギャラリーはこちら
2020年1月20日、スバルが今後世界で戦い抜くための戦略を発表した。これからの時代に外せない電動化やアイサイトの未来、さらには未来の“走り”という内容だ。本コラムでは、3回にわたって“スバルの未来”をお送りする。初回は「SUBARUの電動化」について山本シンヤが深掘り!

>>走りのスバルが考えたEVの全貌はコチラ!

目次[開く][閉じる]
  1. スバル×トヨタEV第一弾はSUV?
  2. トヨタのHVシステムをスバル流に味つけ
  3. ボクサーエンジンは不滅? さらなる進化に期待

スバル×トヨタEV第一弾はSUV?

スバルの大きな課題の一つとなる「環境性能」だが、トヨタとの共同開発によるピュアEVモデルのデザインモックアップがお披露目された。昨年6月にトヨタの電動車普及に向けたチャレンジ説明会でそのトヨタ版が展示されていたが、スバル版はフロントフェイスやライトまわりに違いがある。

スバルデザインのキーマン・石井 守氏(商品企画本部 デザイン部 デザイン部長)は、「これはいくつかあるデザイン提案の一つです。共同開発モデルとなりますが、トヨタさんにダイナミック&ソリッドやボールダーなどスバルデザインの想いは伝えています、このモデルも上手く表現できたと思っています」と語る。

トヨタのHVシステムをスバル流に味つけ

ハイブリッドモデルはすでに独自で展開中の開発のe-BOXERに加えて、トヨタのTHS技術を融合させたストロングハイブリッドを2020年代前半に導入予定だ。「トヨタのシステムを買ってポン付け」と悪口を言う人もいるが、縦置き、更に常時四駆であることを考えると、あくまでもトヨタはシステムサプライヤーと言う認識と考えたほうがいいだろう。

ハイブリッド専用ボクサーエンジンはモーターアシスト前提の制御にすることで、エンジンをより効率的に使えるはず。また、直結4WDのメリットを活かし、回生効率アップ(FF比30%)と車両安定性向上も。

ボクサーエンジンは不滅? さらなる進化に期待

もちろん内燃機関の追及も続けられており、新型レヴォーグより新世代ボクサーエンジン(1.8L直噴ターボ)の導入も開始。現在鋭意開発中だが、最適燃焼の追及、全摺動部フリクションの追及、最適設計&制御などにより熱効率は40%近いそうだ。つまり、パフォーマンスと環境性能を高いレベルで両立させるユニットと考えていいだろう。

これらにより、2030年には全世界販売台数の40%以上をピュアEV+ハイブリッドモデル、2050年にはWell—to-WheelでCO2の90%削減(2010年比)を目指すそうだ。

>>次回【スバルの未来Vol.2 先進安全装備編】は2020年2月3日に掲載予定! アイサイトの未来など、スバルの気になる未来を徹底解説する。

最後まで読んで頂いた方には超豪華な旅館宿泊のチャンス!

2019年12月17日からMOTAにてリリースされた「ドライブ/宿」企画。

今回は、MOTA厳選宿公開記念として、1組2名さまに抽選で当たる宿泊券プレゼントキャンペーンを実施します。

応募条件は、以下のページからMOTAのメールマガジンに会員登録し、当キャンペーンに応募するだけ。

豪華宿泊券プレゼントキャンペーンのご応募はコチラ

この機会に是非ご応募ください! 中には1泊10万円以上の宿も…!?

どんな宿があるかは、ページ上部右端の「ドライブ/宿」ページで見れるので要チェック!

豪華宿泊券プレゼントキャンペーンのご応募はコチラ

【筆者:山本 シンヤ/撮影:MOTA編集部】

スバル/XV
スバル XVカタログを見る
新車価格:
220万円292.6万円
中古価格:
139.4万円317.7万円
スバル/レヴォーグ
スバル レヴォーグカタログを見る
新車価格:
291.5万円412.5万円
中古価格:
104.8万円465万円
スバル/フォレスター
スバル フォレスターカタログを見る
新車価格:
286万円317.9万円
中古価格:
24万円388.6万円
この記事の画像ギャラリーはこちら
山本 シンヤ
筆者山本 シンヤ

自動車メーカー商品企画、チューニングメーカー開発を経て、自動車雑誌の世界に転職。2013年に独立し。「造り手」と「使い手」の両方の気持ちを“解りやすく上手”に伝えることをモットーに「自動車研究家」を名乗って活動をしている。西部警察は子供時代にリアルでTV放送を見て以来大ファンに。現在も暇があれば再放送を入念にチェックしており、当時の番組事情の分析も行なう。プラモデルやミニカー、資料の収集はもちろん、すでにコンプリートBOXも入手済み。現在は木暮課長が着るような派手な裏地のスーツとベストの購入を検討中。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 和心亭豊月
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる