autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車解説 レガシィ ヒストリー -後編-

新型車解説 2009/6/3 09:00

レガシィ ヒストリー -後編-(1/4)

レガシィ ヒストリー -後編-

走りの本命“GT-B E-tune”の登場

レガシィ三代目 フロントスタイリングレガシィ三代目 インパネ

1998年6月、3代目BH型ツーリングワゴンが発売された。日本を代表するワゴンとしての地位を確立したレガシィは、従来どおり5ナンバーサイズを踏襲。3代目では特徴的な大型ヘッドランプを採用し、空力性能を追求したスタイリッシュなフォルムを得た。

エンジンは、280ps(MT車)を発生する2L DOHC2ステージツインターボのほか、2.5L DOHC(167ps)、2L DOHC(155ps)、2L SOHCリーンバーン(137ps)という3種類の自然吸気ユニットを用意。また、5速MT、4速ATとも新世代に進化した。

1998年12月、ワゴンに半年遅れてモデルチェンジしたセダンが、「B4」として発売された。2Lターボの「RSK」と、NAの「RS」がラインアップ。従来はスポーティグレードを示した「RS」の呼称が、B4では位置づけが変わったことになる。これまでセダンのイメージが希薄なレガシィだったが、B4の登場によりセダンの販売比率がグッと高まっていく。

1999年5月、ブラックフェイスメーター、スポーツシフトE-4AT、欧州仕様のビルシュタイン製ダンパーなどを採用した、ワゴンの走りの本命モデル「GT-B E-tune」が設定された。

1999年9月には、ランカスターにドライバー支援システム「ADA」を搭載した「ランカスターADA」が発売。世界初のステレオ画像認識を用いた同システムは、現代の技術を先取りした画期的なものであった。

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
オートックワンの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

スバル レガシィツーリングワゴン の関連編集記事

スバル レガシィツーリングワゴンの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スバル レガシィツーリングワゴン の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
オートックワンのおすすめ特集
編集企画(パーツ・用品)PR