新型フォレスター、デザイン面に批判的声多数は相変わらずも、実車を見た層からは「意外とカッコいい」といった声も【みんなの声を聞いてみた】

  • 筆者: 望月 達也(MOTA編集部)
画像ギャラリーはこちら
2021年秋に正式発売予定のスバル 新型フォレスター。既に2021年6月14日(月)にはマイナーチェンジした新型モデルが発表されており、先行予約も開始している。D型となる新型フォレスターでは同社の人気モデルであるレヴォーグと共通する最新のデザインテイストが取り込まれ外観デザインを大幅変更。また、先進安全装備にも新世代アイサイトを搭載した。発表直後の反応は、大きく変更されたデザイン面に賛否が分かれていたが、正式発売を間近に控え、また新しい声も聞こえ始めてきた。ここでは新型フォレスターについてSNSで挙げられているみんなの声を紹介していく。
目次[開く][閉じる]
  1. 新型フォレスター発表直後は大幅変更された外観デザインに意見が割れた
  2. 相変わらず否定的な声は多い
  3. 実車を見た層からは、一転「カッコいい」の声も

新型フォレスター発表直後は大幅変更された外観デザインに意見が割れた

1997年に初代モデルがデビューしたスバル フォレスター。現行型となる5代目は力強いスタイリングや、新開発のSGP(スバルグローバルプラットフォーム)を採用し、2018年より登場している。

今回のマイナーチェンジでいわゆるD型へと進化した型フォレスターは、2020年デビューしたこれまた同社の人気ワゴン、新型レヴォーグから始まったスバルの新デザインテーマ“BOLDER(ボルダー)”の概念に基づき、フロントマスクを一新。さらに、新世代アイサイトを採用しているほか、走行性能の改良などかなり大掛かりなマイナーチェンジが行われている。

新型フォレスターは、6月14日に発表され同時に先行予約もスタート。当初は、その大幅に変わった外観デザインに大きく賛否が分かれる形となった。しかし、発表からおよそ2ヵ月近くが経ち、その声にも微妙な変化が出始めてきているようだ。

相変わらず否定的な声は多い

今一度、新型フォレスターについて、SNS上ではどのような意見が飛び交っているのか確認してみた。

やはり、発表直後同様否定的な声は多く、

「もう少しSPORTに変更点欲しかった」

「X-BREAKに心が揺れたが、内装は今のC型と変わりないので今回は見送る」

「X-BREAKにスポーツ同様1.8Lターボがあれば…」

「スバル共通のコの字型ヘッドライトに無理やりした感じが受け入れられない」

「コアラ顔がどうしても無理」

「C型(従来型)を大切にしていこうと思ったマイチェンだった」

「スバリストだが今回はなし」

などの声が見受けられた。外観デザインは大きく変更されているものの、中身に進化を感じられないとする層が多く、その変更されたデザインも納得がいってない様子だ。また、

「アイサイトXになってたら乗り換えていた」

「アイサイトXが搭載されなかったのはショックだった」

「アイサイトXが載っていたら、ここまでデザインが批判されていても関係なく支持されていたハズ」

「新世代に進化したアイサイトは一定の評価ポイントだが、それでもさらに上があるのを知っていると躊躇する」

といった声もあるように、注目されたアイサイトXの搭載が見送られたのも大きな要因の一つとみられる。極端な話、アイサイトXが搭載されていれば、ここまでデザイン面に話題が集中していなかったかもしれない。

実車を見た層からは、一転「カッコいい」の声も

従来型オーナーと思われる層からは、

「後期型で顔を大きく変更してくるということは、メーカーが前期型を否定しているということ。C型以前のオーナーは触手が伸びないのでは?」

「買い換えるなら劇的に変わるフルモデルチェンジしてからにする」

と厳しい声も。

そんな中、新たな声も一部見受けられるようになった。

「恵比寿のスバル本社で実車見学。D型めっちゃカッコいい! これは実車で見ないと分からない」

「ディーラーでカタログで見たときはデザイン的になしだと思ったが、ふらっと恵比寿で実車を見たら180度気持ちが変わった。意外とカッコいいかも」

「今風のフロントフェイスがカッコよかったのが決め手」

このように実車を見たという層からは、それまで否定的だったが一転してありという声も僅かながら挙がり始めている。

スバルに限らず、自動車メーカーでは昨今、実車導入の前から現物を見せることなく事前予約を開始するスタイルが定着しつつあるが、その弊害がここにもあるようだ。

この辺り、販売店などに試乗車が配備されると、また風向きも大きく変わってきそうな気配。販売店各社としても早く正式発売が来てほしといったところだろう。

「乗り換え層はステイで望み薄っぽいけど、別車からの乗り換えは有望株では?」

といった声もあり、まだまだ先の読めない新型フォレスターのセールス状況。結論を下すのは実車を見てからでも遅くはない。

[筆者:望月 達也(MOTA編集部)]

スバル/フォレスター
スバル フォレスターカタログを見る
新車価格:
293.7万円330万円
中古価格:
29.8万円367.3万円

MOTAおすすめコンテンツ

一年中履ける! 話題のオールシーズンタイヤ「セルシアス」の実力をテストしてみた[晴れの日編]/TOYO TIRES(PR)

この記事の画像ギャラリーはこちら
筆者望月 達也(MOTA編集部)
監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 渓谷に佇む隠れ宿 峡泉

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

スバル フォレスターの最新自動車ニュース/記事

スバルのカタログ情報 スバル フォレスターのカタログ情報 スバルの中古車検索 スバル フォレスターの中古車検索 スバルの記事一覧 スバル フォレスターの記事一覧 スバルのニュース一覧 スバル フォレスターのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる