まるで“ベータ” vs “VHS” 戦争の再来!? 電気自動車でも覇権をめぐり大バトル【未来モビリティ総研】

  • 筆者: MOTA編集部
  • カメラマン:MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
かつてベータマックスとVHSが、ホームビデオの覇権を争ったように、電気自動車業界でも急速充電器の規格統一に向け、熾烈な戦いが行われていた。が、間も無くその戦いに終止符が打たれそうだと言う。今回は、最近よく見かけるEVの急速充電器についてのお話。
目次[開く][閉じる]
  1. 2つの規格で大バトル!制するのはどっち?
  2. 充電できない輸入車が!? そのワケとは
  3. EV大国のおかげで規格が統一!?

2つの規格で大バトル!制するのはどっち?

電気自動車が使用する自動車用急速充電器には、CHAdeMO(以下、チャデモ)とコンボという充電規格が二つ存在する。わかりやすくスマホの充電ケーブルで例えると、アンドロイドがUSB タイプC、iPhoneがライトニングといったらイメージしやすいだろうか。前者がトヨタや日産、三菱自動車などの日本勢が、後者は主に欧州メーカーが普及を進めている規格だ。

この二種類の規格はシステムやコネクタ、さらには充電器とクルマをつなぐ通信方法がワンセットとなっており、チャデモ対応のクルマにはコンボ規格には対応しないのだ。もちろんその逆も然り。

ただ、欧州メーカーの電気自動車が日本に正規導入される場合、チャデモに対応させたうえで販売するなど、ユーザーにとっての障害はほぼないと言っていい。だが、今後電気自動車を世界規模で普及させるのは一早い規格の統一が必要なのは言うまでもない。

今新車で買える電気自動車をイッキ見!

充電できない輸入車が!? そのワケとは

ユーザーにとってほぼ障害はないといったが、筆者・木村は、かつてこの急速充電規格によって冷や汗をかいた経験があった。それは、ジャガー I-PACEで東京-富士スピードウェイ間を往復した時の話。

ジャガー初の電気自動車は超カッコいい! I-PACEの全貌はコチラ

富士スピードウェイから帰る際のバッテリー残量は50%以下。東京まで走行可能な残量だったが、念のため充電していから帰路に付くべく急速充電器へ! 1番近かった日産ディーラーで、いざ充電しようとしたら、エラー表示。作業手順ミスかと思い、再び試すもエラー、と数回チャレンジするもダメだったため、他の国産ディーラーの充電スポットで試すも、いづれもダメ。コネクタは刺さるのに充電がスタートしないのだ。ダメ元でファミリーマートの急速充電器を試すと、やっと充電がスタート!

チャデモのなかに幾つもの種類が! 一部対応していない場合も

いずれも規格はもちろんチャデモだったが、なぜ充電ができなかったのか? と調べると、実はこの規格の中にもいくつか種類があるという。国産車では基本的に問題はないが、輸入車の場合対応していない充電器もある可能性があるという。筆者・木村はまさにこれに該当してしまったのだ。

今回はなんとか充電できたものの、わずかな残量の際に、もし充電ができなかったとしたら、急ぎの際に充電エラーと表示されたら、と考えるだけでもゾッとする。なんども言うが、一早く規格を統一すべきだ。

EV大国のおかげで規格が統一!?

とここに来て、世界一の電気自動車大国である中国のおかげで、規格統一が実現しそうな動きが。これまで、中国は独自の規格をGB/Tを採用していたが、チャデモをベースとする規格に舵を切るというのだ。

日本メーカーのみならず欧州メーカーなど、世界各国の自動車メーカーが新型車を続々投入している中国市場がチャデモを採用するとなると、世界規模でチャデモが一般化する日も相当くないかもしれない。

国産・海外勢もアツい! 今年注目のEVを全部見せ▼

【筆者:MOTA編集部 木村 剛大】

寝ながらマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。

鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝ながらマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし!

簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる2社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 奥湯河原 結唯 -YUI-
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる