autoc-one.jp 記事・レポート 特集 特別企画 【PR】氷上性能が15%アップ!ヨコハマ史上最高傑作のスタッドレスタイヤ「アイスガード6」の魅力に迫る 3ページ目

特別企画 2018/10/24 12:00

【PR】氷上性能が15%アップ!ヨコハマ史上最高傑作のスタッドレスタイヤ「アイスガード6」の魅力に迫る(3/3)

Text: 岡本 幸一郎 Photo: 和田清志・横浜ゴム株式会社
YOKOHAMA iceGUARD 6(アイスガード シックス)
YOKOHAMA iceGUARD 6(アイスガード シックス)YOKOHAMA iceGUARD 6(アイスガード シックス)YOKOHAMA iceGUARD 6(アイスガード シックス)を装着したBMW X3YOKOHAMA iceGUARD 6(アイスガード シックス)を装着したBMW X3画像ギャラリーはこちら

スタッドレスタイヤが苦手とする静粛性とウェット性能がともに向上

スタッドレスタイヤが苦手とする静粛性についても、アイスガード6は大いに配慮している。アイスガード5プラス比でパターンノイズの騒音エネルギーを実に33%と大幅に低減することに成功したというから驚く。パターンノイズは1.8dB低減しており、車内での快適性が向上している。

また、同じくスタッドレスタイヤには不向きとされてきたウェット性能の向上にも取り組み、アイスガード5プラスに比べて制動距離を5%短縮したことも特筆したい。

これには氷上性能を高めるべく、これまで以上に硬くなりにくく、濡れた路面にも密着するプレミアム吸水ゴムを採用し、路面との接地性が向上したことが効いている。おかげで氷上性能とウェット性能をともに向上させ、ウェット路面でもより安心して走ることができる。

アイスガード6のランフラット仕様も登場

iceGUARD 6 Z・P・S(アイスガード シックス ゼット ピー エス)

なお、2018年10月1日より、ランフラットモデル「アイスガード6 Z・P・S(アイスガード シックス ゼット ピー エス)」が発売された。

ランフラットのスタッドレスタイヤというのはまだ数が少ないのだが、パンクなどで空気が抜けた状態でも一定速度で一定距離を走行できるランフラットタイヤの特長と、アイスガード6の優れた性能が掛け合わされた待望の新商品だ。

ビードフィラー小型化と2ndフィラーの組み合わせによりランフラット耐久に寄与する、横浜ゴムのグローバルフラッグシップタイヤ「ADVAN Sport V105」にも採用した独自開発のサイド補強型ランフラットタイヤ技術を駆使するとともに、専用のプロファイルや構造を開発することで、アイスガード6の優れた氷上・ウェット性能と、空気が抜けた状態での耐久性を高次元でバランスさせた。

サイズラインアップは275/40RF20、245/45RF20、245/50RF19、225/60RF18の全4サイズとなる。

今シーズンのアイスガード6は、まさしく「冬の怪物、再び。」だ!

YOKOHAMAの最高傑作スタッドレス「iceGUARD6」 今度のアイスガードは何かが違う!!

アイスガード6は、このように全方位にわたって進化したことが、ご理解いただけたかと思う。

人間が立って歩くのも難しいような滑りやすい路面を、いかに不安なく安全に走らせることができるか。そこに真摯に取り組むタイヤメーカー各社の技術の進化には本当に感心させられる。

そんな中で、新しい製品であればそれだけ性能も高いことは想像に難くないところ、ヨコハマがあえてアイスガード6を「怪物」と表現したのは、よほどその性能に自信があることがうかがえる。

サイズラインアップが充実し、ランフラット仕様も加わった今シーズンは、まさしく「冬の怪物、再び。」だ。

アイスガード6は冬のカーライフのよきパートナーとしてオススメ

YOKOHAMAの最高傑作スタッドレス「iceGUARD6」 今度のアイスガードは何かが違う!!

タイヤというのは命を預けるもの。ましてや滑りやすい冬の道においてはなおのこと。どんなスタッドレスタイヤを装着しているかが運命の分かれ道となることは十分にあり得る。

あなたが今、使おうとしているスタッドレスタイヤは大丈夫だろうか?

どんな製品を選ぶかがいかに重要であるかはいうまでもないが、アイスガード6のように氷上や雪上の基本性能が高く、それが長期にわたり持続し、しかもウェット路面でも安心して乗れて静粛性も高ければ、それにこしたことはない。

多くのユーザーにとってアイスガード6は、冬場のカーライフをともにするよきパートナーとなってくれることに違いない。

[TEXT:岡本幸一郎/PHOTO:和田清志・横浜ゴム株式会社]

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
オートックワンの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
オートックワンのおすすめ特集
編集企画(パーツ・用品)PR