ホンダ 新型フリードは2024年に登場か!? 先進安全装備と使い勝手が大幅レベルアップし3列目シートは床下収納へ

画像ギャラリーはこちら
2016年の登場以来、つねに販売ランキング上位にランクインするほど人気のホンダ フリード。来年2022年には発売6年目を迎えることから、フルモデルチェンジを期待する声も大きい。そこで今回は2024年に登場する見込みの、ホンダ 新型フリードを予想していこう。結論から言えば3列目が床下収納となり、もっと使い勝手が向上する見込みだ!
目次[開く][閉じる]
  1. 新型フリードも5ナンバーサイズをキープ! 先進装備と使い勝手がレベルアップ
  2. 新型フリードのアダプティブクルーズコントロールは全車速対応に
  3. 新型フリードはセンタータンクレイアウト採用で、シートアレンジはより多彩に
  4. 3列目シートは床下収納に! 2列目の快適性も向上

新型フリードも5ナンバーサイズをキープ! 先進装備と使い勝手がレベルアップ

ホンダ フリードは5ナンバーサイズ、そして全長約4.3mとコンパクトボディーにもかかわらず、3列目シートにも大人がゆったりと座れるスペースを確保している。フリードがウケている理由はこのパッケージングにあるのだ。

新型フリードも現行モデル同等のサイズとなる見込みである。ならば対して変わらないのでは? と思うなかれ、先進安全装備と使い勝手が大幅に向上するのだ。

>>フルモデルチェンジ直前のホンダ フリードが今売れているワケとは!? 最大の要因は価格と充実の装備内容にあった

新型フリードのアダプティブクルーズコントロールは全車速対応に

まずは先進安全装備から。

現行モデルも全車にホンダセンシングを標準装備しており、衝突被害軽減ブレーキはもちろん、アダプティブクルーズコントロール(以下ACC)が装備されている。新型フリードも引き続きホンダセンシングが標準となるのだが、最大の違いはACCだ。この機能は任意の車間距離とスピードを保ってくれる機能で長距離運転時に重宝するモノである。

現行モデルの作動条件は30km/h以上となっており、渋滞などの低速時には対応していないのだ。新型フリードはそのネガを払拭し、渋滞にも対応する全車速ACCが装備される。

新型フリードはセンタータンクレイアウト採用で、シートアレンジはより多彩に

そして内装の使い勝手である。

N-BOXなどの軽自動車やフィット、さらにはヴェゼルといったホンダの小型モデルにはセンタータンクレイアウトが採用されている。こちらは前席下に薄型のガソリンタンクを設置することにより、フラットなフロアを実現しているホンダ独自の技術である。

現行フリードはこれらモデルとは少し異なり、2列目シート下にガソリンタンクを設置しているのだった。

そのためフィットやヴェゼルなどで好調のチルトアップ機構なる便利なシートアレンジに対応していないなど、わずかながら違いがあるのだった。

おそらく新型フリードはフィットなどと同様にセンタータンクレイアウトを採用し、よりシートアレンジが多彩かつ楽な作業で行える仕様となるはずだ。

>>ホンダ フリード買うなら断然6人乗り! その理由は快適性と荷物の積載性にあった

3列目シートは床下収納に! 2列目の快適性も向上

そして3列目シートの収納方法にも変更が加えられる見込みだ。現行モデルは左右跳ね上げ式のため、収納したとしても荷室スペースを最大限使用できないという問題がある。少々細かい話だが、3列目シート収納時に2両目シートのリクライニングも可動域が狭められてしまうといったネガポイントもあるのだった。

そこで新型フリードはすでにステップワゴンやオデッセイで採用している床下収納ヘと変更されるのだ。それにより荷室を最大限使えるようにするだけでなく、2列目シートのリクライニング可動域を向上するのだ!

今回は新型フリードの細かい部分を予想してきた。おそらく新型フリードの発売は2024年となると見込んでいる。というのも2022年初頭に新型ステップワゴンを、そして2023年には新型オデッセイと続々とミニバンを投入していく予定となっており、3番目にフリードが登場するのだ。

新型もまた大ヒットとなるほどの仕上がりとなることに期待したい。

>>2023年に新型オデッセイが登場!? 中国仕様がフルモデルチェンジされるタイミングで日本へも導入か!?

【筆者:MOTA編集部 木村 剛大】

ホンダ/フリード
ホンダ フリードカタログを見る
新車価格:
199.8万円327.8万円
中古価格:
19万円338.2万円

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

MOTA編集部 木村 剛大
筆者MOTA編集部 木村 剛大

記事一覧を見る

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 御宿The Earth

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

ホンダ フリードの最新自動車ニュース/記事

ホンダのカタログ情報 ホンダ フリードのカタログ情報 ホンダの中古車検索 ホンダ フリードの中古車検索 ホンダの記事一覧 ホンダ フリードの記事一覧 ホンダのニュース一覧 ホンダ フリードのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる