トヨタ 新型プリウスは高級車へシフトする!? 燃費性能とパワフルな走行性能を向上させるだけでなく、プラグインハイブリッドはRAV4 PHVに近い存在へ

画像ギャラリーはこちら
2015年に登場したトヨタ 現行プリウス。歴代モデルのモデルサイクルを考えると、そろそろフルモデルチェンジされてもいい時期でもある。そこで今回は新型プリウスのあるべき姿を考えてみたい。かつてプリウス=ハイブリッドという図式が成り立っていたが、現在もトヨタ車だけでも選択肢が相当数存在する。そう考えると、新型プリウスはどんな仕上がりとなるべきなのだろうか!?
目次[開く][閉じる]
  1. 新型プリウスは高級モデルへ! カローラシリーズと差別化を進める
  2. レクサスのハイブリッドユニットを搭載!? 燃費とパワフルさが魅力に
  3. プラグインハイブリッドはRAV4 PHVと近い仕上がりへ

新型プリウスは高級モデルへ! カローラシリーズと差別化を進める

トヨタのハイブリッド専用車であるプリウスの現行モデルがデビューしたのは2015年のこと。今年2021年には6年目が経過しているだけに、フルモデルチェンジの噂が聞こえてきてもいい時期となっている。

そこで今回は新型プリウスの展望を筆者個人の期待も交えながら考えてみた。

>>新型プリウス、2023年にフルモデルチェンジか!? ハイブリッドカー普及の立役者、プリウスの次期モデルが推すのは新世代システムとPHV(プラグインハイブリッド)だ

となると価格面も少々アップか!?

筆者としてはプリウスがハイブリッドカーのパイオニアであるという事実を考えると、カローラハイブリッドを「普及型ハイブリッドカー」とし、新型プリウスは「プレミアムなハイブリッド専用車」に移行させるのも一つの手ではないだろうか。

収益としては販売台数を追わず、単価を上げることで確保するというモデルになるべきではないかと感じている。

まずボディスタイルは、空気抵抗の低減を目指し、2代目プリウスから続いている5ドアセダンボディをプリウスのアイデンティティとして継承するのが良いと思う。ただし後席の乗降性やスペースを両立できるのが必須条件となる。

>>プリウスは“オワコン”じゃない! あえて今、プリウスを買う意味とは

レクサスのハイブリッドユニットを搭載!? 燃費とパワフルさが魅力に

ハイブリッドシステムに関しては、RAV4に搭載されているもののようなエンジンユニットをイメージしている。

普通のハイブリッドは、カムリとRAV4の2.5リッターがエンジンの存在感が強いパワフルなものになっているだけに、新型プリウスもこの性格のパワートレインが似合うだろう。

具体的には現行プリウスの1.8リッターから、レクサス UX200hに搭載されているの2リッタータイプに変更。そしてバッテリーは先日登場した新型アクアで採用され、出力が高いというメリットを持つバイポーラ型ニッケル水素とし、「一気にパワフルなクルマとしながら燃費も向上」でどうだろう。

>>新型アクア、新開発のニッケル水素電池でバッテリーの常識を覆す! アクアを皮切りとした他車展開予測に末恐ろしいの声【みんなの声を聞いてみた】

プラグインハイブリッドはRAV4 PHVと近い仕上がりへ

また、新型プリウスには現行モデルではイマイチな販売台数となっているプラグインハイブリッドも新型プリウスの柱となるよう注力して欲しい。

プラグインハイブリッドもRAV4 PHVのイメージでバッテリーをなるべく多く積み、モーターをパワフルにすることで速さを備えた、次期プリウスのフラッグシップとなると面白そうだ。

次期プリウスがこんなクルマになったら、再びプリウスの存在感が増すように感じるのだが、どうだろうか。

【筆者:永田恵一】

トヨタ/プリウス
トヨタ プリウスカタログを見る
新車価格:
259.7万円364万円
中古価格:
20万円398.5万円

MOTAおすすめコンテンツ

一年中履ける! 話題のオールシーズンタイヤ「セルシアス」の実力をテストしてみた[晴れの日編]/TOYO TIRES(PR)

この記事の画像ギャラリーはこちら
永田 恵一
筆者永田 恵一

1979年生まれ。26歳の時に本サイトでも活躍する国沢光宏氏に弟子入り。3年間の修業期間後フリーランスのライターとして独立した。豊富なクルマの知識を武器に、自動車メディア業界には貴重な若手世代として活躍してきたが、気付けば中堅と呼ばれる年齢に突入中。愛車はGRヤリスと86、過去には日本自動車史上最初で最後と思われるV12エンジンを搭載した先代センチュリーを所有していたことも。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 時音の宿 湯主一條

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

トヨタ プリウスの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ プリウスのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ プリウスの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ プリウスの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ プリウスのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる