ロールスロイス レイス 試乗レポート/石川真禧照(1/3)

ロールスロイス レイス 試乗レポート/石川真禧照
ROLLS ROYCE Wraith(ロールスロイス レイス) 試乗レポート/石川真禧照 ROLLS ROYCE Wraith(ロールスロイス レイス) 試乗レポート/石川真禧照 ROLLS ROYCE Wraith(ロールスロイス レイス) 試乗レポート/石川真禧照 ROLLS ROYCE Wraith(ロールスロイス レイス) 試乗レポート/石川真禧照 画像ギャラリーはこちら

もしあなたが「ロールスロイス レイス」のオーナーになる幸運に恵まれたら

ROLLS ROYCE Wraith(ロールスロイス レイス) 試乗レポート/石川真禧照

人生、いつ意外なチャンスが巡ってくるかわからない。

もしあなたが「ロールスロイス レイス」のオーナーになる幸運に恵まれたら。

そのようなときに戸惑わないように、ロールスロイス レイスの乗り方をレクチャーしよう。

ROLLS ROYCE Wraith(ロールスロイス レイス) 試乗レポート/石川真禧照

ロールスロイス史上もっともパワフルなクルマがレイスだ。2ドアクーペのボディは全長5.28m、全幅1.945m、ホイールベース3.110mなので、メルセデス・ベンツ Sクラスのロングバージョンに近いサイズ。

パワーユニットはV12、6.6リッターのツインターボで、632ps(5600rpm)、800N・m(1500-5500rpm)を発生する。

エレガントな乗降のために、ご用意いたしました

ROLLS ROYCE Wraith(ロールスロイス レイス) 試乗レポート/石川真禧照

レイスのドアハンドルはドアミラーの下にある。それを引くとドアはうしろヒンジでガバッと開く「コーチドア」。長いドレスの女性がエレガントに乗り降りするための配慮だ。だから乗りこみはドアの前からシートに座ることになる。

ドアを閉めるときは、ドアに手をかける必要はない。Aピラーの根元にあるスイッチを押せば、大きなドアは自動的に閉じる。

[次ページへ続く]

1 2 3 次へ
この記事の画像ギャラリーはこちら
石川 真禧照
筆者石川 真禧照

1947年東京都生まれ。1970年日刊自動車新聞社入社。翌年同社退社後、フリーの自動車評論家となる。1982年「I.W.OFFICE」を設立し、自動車を中心としたメディア活動を開始。「自動車生活探検家」として、『GORO』『DIME』(小学館)、『HOT DOG PRESS』(講談社)、『カーセンサー』(リクルート)など多数のメディアで活躍、現在に至る。日本モータースポーツ記者会会員。日本自動車ジャーナリスト協会副会長。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

日本カーオブザイヤー
カー用品・カスタムパーツ
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

ロールスロイス レイスの最新自動車ニュース/記事

ロールスロイスのカタログ情報 ロールスロイス レイスのカタログ情報 ロールスロイスの中古車検索 ロールスロイス レイスの中古車検索 ロールスロイスの記事一覧 ロールスロイス レイスの記事一覧 ロールスロイスのニュース一覧 ロールスロイス レイスのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる