autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 最後の6気筒MRポルシェ、選ぶべきはどっちだ! ポルシェ ボクスター/ケイマンGTS 試乗レポート

試乗レポート 2016/1/17 10:51

最後の6気筒MRポルシェ、選ぶべきはどっちだ! ポルシェ ボクスター/ケイマンGTS 試乗レポート(1/3)

関連: ポルシェ ボクスター , ポルシェ ケイマン Text: 大谷 達也 Photo: 島村栄二・ポルシェジャパン
最後の6気筒MRポルシェ、選ぶべきはどっちだ! ポルシェ ボクスター/ケイマンGTS 試乗レポート

ポルシェのモデルを決めること、それは実に贅沢な悩み

ポルシェ ボクスター(6気筒2.7リッターNA)・ケイマンGTS(6気筒 3.4リッターNA) 試乗レポート/大谷達也

ポルシェのモデル選びは、複雑なパズルを解くのに似ている。タイプやグレードの違いによって驚くほどたくさんの選択肢が用意されているのがポルシェの特徴だけれど、それぞれの上下関係や価格差が絶妙で、一旦悩み始めるとキリがない。

それは、上下左右にたくさん並んだピースのなかから、自分にぴったりあうたったひとつのピースを探し出す作業とそっくりのようにも思える。

自分の理想を追い求めるための極めて難しい作業

ポルシェ ボクスター(6気筒2.7リッターNA)・ケイマンGTS(6気筒 3.4リッターNA) 試乗レポート/大谷達也

たとえば2ドア・スポーツカーのエントリーモデルに位置づけられているボクスターとケイマンは、2012年に行われたフルモデルチェンジでクォリティ感と走行性能が大幅に向上し、いまや上級モデルの911に肉薄する存在になっているけれど、オープンのボクスターにするかクーペのケイマンにするかという根本的な問題を別にしても、基本的なグレードだけでもそれぞれ4つが用意されているうえ、さらに無数ともいえるオプション装備が設定されている。

そのなかから自分が求める1台を選び出すのは、相当なポルシェ・マニアでもない限り、極めて難しい作業といえる。

「ボクスター」と「ケイマン」・・・私ならこれを選ぶ!

ポルシェ ボクスター(6気筒2.7リッターNA)・ケイマンGTS(6気筒 3.4リッターNA) 試乗レポート/大谷達也

でも、私だったら迷わない。もしもボクスターやケイマンを買う予算が手元にあったら、私は間違いなく“素”のケイマン、それもマニュアルギアボックス・モデルを買うと思う。

理由は簡単、こんなに素直で、自分の思いどおりに走らせることができて、しかも乗り心地がよくて実用性も高いスポーツカーは滅多にないと思うからだ。

[ケイマン4グレードの中で、”素”ケイマンを推す理由・・・次ページへ続く]

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
オートックワンの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

ポルシェ ボクスター の関連編集記事

ポルシェ ボクスターの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ポルシェ ボクスター の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
オートックワンのおすすめ特集
編集企画(パーツ・用品)PR