なぜ普及しない!? あると便利な「ガラスハッチ」を備えたモデル3選

画像ギャラリーはこちら
バックドア、それはSUVやミニバン、ハッチバック、ステーションワゴンなどのクルマが備える荷室部分のドアのこと。一部横開きタイプや観音開きタイプもあるが、その多くは後方に跳ね上げるタイプのものが多い。大型の荷物も積み込めたり、雨のときなどでも屋根代わりとなって便利な跳ね上げ式ながら、後方のスペースが狭い場所での開閉には苦労を伴う。

そんなバックドアのガラス部分のみが独立して開く「ガラスハッチ」という存在がある。ひと昔前は、多くのモデルで採用されていたが、最近のモデルではあまり採用されていない。大きなバックドアを開けることなく、荷物の出し入れが容易に行える点が大きな魅力。今では希少な存在だが、今回はそんなガラスハッチを備えるモデル3選をお届けする。

目次[開く][閉じる]
  1. ファミリーカーの定番! 日産 5代目セレナ
  2. 悪路も走れて利便性もバツグン! トヨタ 4代目ランドクルーザープラド
  3. アメリカ育ちの本格オフローダー! トヨタ FJクルーザー

ファミリーカーの定番! 日産 5代目セレナ

2016年にフルモデルチェンジして登場した5代目セレナ(C27型)は、広い室内と運転がしやすい日産の人気ミニバンモデル。

車に触れることなく開閉可能な「ハンズフリースライドドア」や、バリエーション豊かなシートアレンジを実現する「2列目超ロングスライドシート」を備え、使い勝手の良さが大きなセールスポイント。そしてセレナには、名称こそガラスハッチとは呼ばないものの、2通りの開き方ができる「デュアルバックドア」と名付けられたバックドアが採用されている。

セレナに限らず、ミニバンは全高が高いことからバックドア自体の長さがある。そのため、狭い駐車場でバックドアの開閉ができない場面も少なくない。セレナでは「デュアルバックドア」が採用されており、リアガラス部分だけが開くため、後ろのスペースが限られていてもラゲッジルームへアクセスが可能。

長さがあるバックドアならではの悩みを解決するガラスハッチは、ちょっとした荷物を載せるときに便利な装備となっている。

悪路も走れて利便性もバツグン! トヨタ 4代目ランドクルーザープラド

2台目に紹介するのはトヨタ ランドクルーザープラド。4代目となる現行モデルは2009年より発売を開始している。ランドクルーザープラド(150系)は、ランドクルーザーから受け継いだ走破性や信頼性に加え、オンロード/オフロード問わず快適な走行を実現。また、使い勝手を追求し、「いつでもどこへでも行ける安心感と快適性」を備えたSUVとして開発された。

ランドクルーザープラド(150系)には、バックドアを開けることなく荷物の出し入れを可能とする「バックドアガラスハッチ」が備わる。こちらもセレナ同様、後ろに壁がある駐車場など狭い場所でもラゲッジルームの荷物を出し入れすることが可能だ。また、リアガラスの範囲も広いため、買い物袋などの手荷物を楽に収納できる。

アメリカ育ちの本格オフローダー! トヨタ FJクルーザー

3台目は、トヨタ FJクルーザー。2006年から北米で先行販売していたFJクルーザーは、丸型のヘッドライトやレトロなスタイリング、ポップなカラーリングが日本でも話題となり、2010年、当初予定のなかった日本国内での販売を開始した。その後、2018年1月末まで販売が行われた。

目を引くフロントグリルの「TOYOTA」ロゴや角の無いデザイン、さらに、観音開きのサイドドアなど個性的なスタイリングのSUVとなっている。また、オフロード性能も抜かりがなく、高剛性ボディと四輪駆動システムにより高い悪路走破性も兼ね備えている。

観音開きドアが目をひくFJクルーザーは、横開きのバックドアと縦開きのガラスハッチを備えているのも特徴のひとつ。横開きのバックドアは、狭い空間での開閉が得意ではなく、そこで縦開きのガラスハッチを備えることで横開きバックドアの苦手分野を補完。狭い場所でも開口部を十分に確保できるガラスハッチにより、ラゲッジルームへのアクセスを容易にしているのだ。

省スペースでも容易にラゲッジルームへアクセス出来る「ガラスハッチ」。今では中々稀少なアイテムとなってしまったが、一度使うと病みつきになる便利さ。これが備わっているからそのクルマを選ぶという人もいるほど。今後も絶滅することなく、願わくば再び日の目を見る日がくることに期待したいところだ。

[筆者:望月 達也(MOTA編集部)]

日産/セレナ
日産 セレナカタログを見る
新車価格:
257.6万円419.2万円
中古価格:
20.9万円449万円
トヨタ/ランドクルーザープラド
トヨタ ランドクルーザープラドカタログを見る
新車価格:
366.6万円554.3万円
中古価格:
89万円816.7万円
トヨタ/FJクルーザー
トヨタ FJクルーザーカタログを見る
新車価格:
330万円355.7万円
中古価格:
170.5万円527.7万円

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

望月 達也(MOTA編集部)
筆者望月 達也(MOTA編集部)

1984年生まれ。埼玉県出身。週末はサッカーや自転車でツーリングなど体を動かすことが大好きな1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから10余年、乗り換えに悩むユーザーの目線に立ったコンテンツ作りを常に意識し続けている。記事一覧を見る

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 南熱海網代山温泉竹林庵みずの

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

日産 セレナの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 セレナのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 セレナの中古車検索 日産の記事一覧 日産 セレナの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 セレナのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる