2022年はEV(電気自動車)の年! 「今年の1台」は日産 サクラ/三菱 eKクロス EVに、輸入車ではヒョンデ IONIQ 5に決定【2022-2023 日本カー・オブ・ザ・イヤー】

  • 筆者: MOTA編集部
  • カメラマン:MOTA編集部/日本カー・オブ・ザ・イヤー
画像ギャラリーはこちら
2022年12月8日(木)、自動車評論家や文化人を始めとした総勢60名が今年の1台を選ぶイベント「日本カー・オブ・ザ・イヤー」の最終選考会が開催され、EV(電気自動車)の日産 サクラ/三菱 eKクロス EVが見事「2022-2023 日本カー・オブ・ザ・イヤー」のイヤーカー(大賞)に選ばれました。また、インポート・カー・オブ・ザ・イヤーには、こちらも同じくEVであるヒョンデ IONIQ 5(アイオニックファイブ)が選ばれ、脱炭素社会が叫ばれる昨今、2022年は「EV元年」であることが改めて示された形となりました。
目次[開く][閉じる]
  1. 「今年の1台」に輝いた日産 サクラ/三菱 eKクロス EVとは
  2. インポート・カー・オブ・ザ・イヤーにはヒョンデ IONIQ 5が輝く
  3. 2022-2023 日本カー・オブ・ザ・イヤー最終結果

「今年の1台」に輝いた日産 サクラ/三菱 eKクロス EVとは

日産 サクラ/三菱 eKクロス EVは、43年の日本カー・オブ・ザ・イヤーの歴史の中で、軽自動車としては史上初となるイヤーカーに輝きました。また、バッテリーEVとしては第32回 2011-2012 日本カー・オブ・ザ・イヤーの日産 リーフに続く受賞となります。

そんな日産 サクラ/三菱 eKクロス EVは、100%電気で走る新型の軽EV。コンパクトなボディでありながら、通勤や買い物などの日常的なドライブに十分な航続距離180km(WLTCモード)を実現。軽自動車とコンパクトカーユーザーの約8割は1日あたりの走行距離が50km以下(三菱調べ)であることから、大半のユーザーは2日以上充電せずに走行できる計算です。

さらに、ガソリン車の軽ハイトワゴン日産 デイズ/三菱 eKクロスと同等の広々とした快適な室内空間と使い勝手の良さはそのままに、EVならではの滑らかで力強い走り、圧倒的な静粛性と上質な乗り心地が魅力なモデルです。

日産 サクラは3グレード展開で、価格(税込)は233万3100〜294万300円。三菱 eKクロス EVは2グレード展開で239万8000円〜293万2600円。

現実的な価格や日本が抱える社会的課題解決への可能性を評価|日産 サクラ/三菱 eKクロス EVの授賞理由

2022-2023 日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞した日産 サクラ/三菱 eKクロス EVの授賞理由は、「日本独自の軽自動車規格を採用し、現実的な車両価格でバッテリーEVを所有するハードルを下げ、日本でのバッテリーEV普及の可能性を高めた。また本格的な脱炭素時代を前に、減少するガソリンスタンドや公共交通などの衰退も予想される状況で、軽自動車+バッテリーEVという組み合わせは、高齢者を含めた多くの人の移動の自由を担保するだけでなく、社会的課題解決への可能性を示している。さらに、走行性能についてもハンドリングと動力性能が従来の軽自動車を凌駕しているという声が多く集まった。安全装備も360°セーフティアシスト(全方位運転支援システム)を搭載し、高級車並みの運転支援機能を装備している点も評価された」としています。

インポート・カー・オブ・ザ・イヤーにはヒョンデ IONIQ 5が輝く

また、日本カー・オブ・ザ・イヤーのイヤーカーが国産車だった場合、輸入車で最も得票が多かった1台が選出される「インポート・カー・オブ・ザ・イヤー」では、ヒョンデのEVであるIONIQ 5が受賞しました。これまで欧米の自動車メーカーが受賞することが常だった同賞で、ヒョンデはアジアメーカーで初となる「インポート・カー・オブ・ザ・イヤー」受賞メーカーとなりました。

初代フォルクスワーゲン ゴルフ、アルファロメオ アルフェッタGT、いすゞ 117クーペなど数多くの名車をデザインした、カーデザイナーの巨匠ジョルジェット・ジウジアーロ氏による1974年型ポニーコンセプトをオマージュしたモデルとして登場したヒョンデ IONIQ 5。

ヒョンデの過去と現在、そして未来を繋ぐ「Timeless value、時間を超えた価値」というコンセプトから誕生。さらに、サステナブルかつ革新的な機能の搭載や広い空間性を実現したことで、新しいEVエクスペリエンスを提供します。

IONIQ 5は現在、4つのグレードが用意されており、最もベーシックなグレードが58kwh、それ以外のグレードには72.6kwhの駆動用バッテリーが搭載され、航続距離は498km~618kmというスペックを持ちます。価格(税込)は479万円〜589万円。

実用的な航続距離や卓越した動力性能、充実した快適装備や安全装備などを評価|ヒョンデ IONIQ 5の授賞理由

2022-2023 日本カー・オブ・ザ・イヤーでインポート・カー・オブ・ザ・イヤーを受賞したヒョンデ IONIQ 5の授賞理由は、「革新的なエクステリア/インテリアデザインとともにバッテリーEVとして、498km~618km(WLTCモード)という実用的な航続距離や卓越した動力性能のほか、充実した快適装備や安全装備、V2Hや室内/外V2Lにも対応している点などが評価された。さらに、ステアリングのパドルシフトレバーで回生制動量を変更できる点も、走りの楽しさを高めてくれるポイントとして指摘する声が多かった」としています。

2022-2023 日本カー・オブ・ザ・イヤー最終結果

最終選考の対象車と、最終選考での順位および得票点数は以下のとおり。

1位:日産 サクラ/三菱 eKクロス EV(399点)

2位:ホンダ シビックe:HEV/シビック タイプR(320点)

3位:トヨタ クラウン(236点)

4位:マツダ CX-60 e-SKYACTIV D 3.3(141点)

5位:日産 エクストレイル(84点)

6位:ヒョンデ IONIQ 5(75点)

7位:日産 フェアレディZ(72点)

8位:ルノー アルカナ(70点)

9位:BMW iX(45点)

10位:ランドローバー レンジローバー(30点)

11位:スズキ アルト(28点)

2022-2023 日本カー・オブ・ザ・イヤー 各特別賞

また、各特別賞が以下のモデルに贈られました。

■デザイン・カー・オブ・ザ・イヤー

BMW iX

■テクノロジー・カー・オブ・ザ・イヤー

日産エクストレイル

■パフォーマンス・カー・オブ・ザ・イヤー

ホンダ シビックe:HEV/シビック タイプR

■K CARオブ・ザ・イヤー

日産 サクラ/三菱 eKクロス EV

[筆者:MOTA編集部 カメラマン:MOTA編集部/日本カー・オブ・ザ・イヤー]

日産/サクラ
日産 サクラカタログを見る
新車価格:
233.3万円294万円
中古価格:
220.8万円308.8万円

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

樺田 卓也 (MOTA編集長)
監修者樺田 卓也 (MOTA編集長)

自動車業界歴25年。自動車に関わるリテール営業からサービス・商品企画などに長らく従事。昨今の自動車販売業界に精通し、売れ筋の車について豊富な知識を持つ。車を買う人・車を売る人、双方の視点を柔軟に持つ強力なブレイン。ユーザーにとって価値があるコンテンツ・サービスを提供することをモットーとしている。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... ビーチサイド温泉リゾートゆうみ

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

日産 サクラの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 サクラのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 サクラの中古車検索 日産の記事一覧 日産 サクラの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 サクラのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる