日産 プレサージュ 試乗レポート

  • 筆者: 初芝 均哉
  • カメラマン:原田淳
日産 プレサージュ 試乗レポート
画像ギャラリーはこちら

ハイウェイスターが一押しモデル。

今回試乗の機会に恵まれたのは、標準グレードのCIIと新設定されたハイウェイスターの2車種。まずはCIIから。

室内の第一印象は、明るく上質感があるということ。「うんいい感じだ」と運転席から振り向くと、開放的空間が広がっているのに気づく。シートアレンジも多彩だが、プレサージュの特徴は3列目がサイドに折り畳めること。このお陰で手軽に広い荷室を確保できる。2列目がテーブルになるのも利便性がいいと感じた。運転席もコラムシフトだから、スペース的に余裕を感じる。ただし、助手席との間にあるカップホルダー付きの折り畳みテーブルはちょっと気になった。折り畳むのにちょっとした力が必要なのだ。

男でも両手で押さなければならないほどなので、女性にはきついかもしれない。片や新設定のハイウェイスターはローハイトサスペンションを装備しており、標準車より20mmローダウンされている。そのせいかCIIより若干ステアリングの重さを感じた。走りの方はローダウンされた分、コーナーでのロールが少なく好感が持てた。室内色は専用のグレーを基調としたシックな出来映えとなっている。

標準車と比べて5万円程高くなっているが、全体の印象や走りのテイを考えると、ハイウェイスターの方がお得な気がする。少なくとも、僕にはそう思える。

この記事の画像ギャラリーはこちら
筆者初芝 均哉
監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 遊季亭 川奈別邸
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

日産 プレサージュの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 プレサージュのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 プレサージュの中古車検索 日産の記事一覧 日産 プレサージュの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 プレサージュのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる