autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 日産 プレサージュ 試乗レポート

試乗レポート 2001/9/12 11:48

日産 プレサージュ 試乗レポート

関連: 日産 プレサージュ Text: 初芝 均哉 Photo: 原田淳
日産 プレサージュ 試乗レポート

ハイウェイスターが一押しモデル。

今回試乗の機会に恵まれたのは、標準グレードのCIIと新設定されたハイウェイスターの2車種。まずはCIIから。

室内の第一印象は、明るく上質感があるということ。「うんいい感じだ」と運転席から振り向くと、開放的空間が広がっているのに気づく。シートアレンジも多彩だが、プレサージュの特徴は3列目がサイドに折り畳めること。このお陰で手軽に広い荷室を確保できる。2列目がテーブルになるのも利便性がいいと感じた。運転席もコラムシフトだから、スペース的に余裕を感じる。ただし、助手席との間にあるカップホルダー付きの折り畳みテーブルはちょっと気になった。折り畳むのにちょっとした力が必要なのだ。

男でも両手で押さなければならないほどなので、女性にはきついかもしれない。片や新設定のハイウェイスターはローハイトサスペンションを装備しており、標準車より20mmローダウンされている。そのせいかCIIより若干ステアリングの重さを感じた。走りの方はローダウンされた分、コーナーでのロールが少なく好感が持てた。室内色は専用のグレーを基調としたシックな出来映えとなっている。

標準車と比べて5万円程高くなっているが、全体の印象や走りのテイを考えると、ハイウェイスターの方がお得な気がする。少なくとも、僕にはそう思える。

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
オートックワンの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

日産 プレサージュ の関連編集記事

日産 プレサージュの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
オートックワンのおすすめ特集
編集企画(パーツ・用品)PR