200万円未満から購入できる軽EV「日産 サクラ」が今夏登場! EV市場を活性化させる起爆剤となるか!?

  • 筆者: MOTA編集部
  • カメラマン:堤 晋一/日産自動車
画像ギャラリーはこちら
日産自動車は、2022年5月20日、新型となる軽EV(電気自動車)「日産 サクラ」を今夏に発売すると発表した。 新型サクラは、100%電気で走る新型の軽EV。コンパクトなボディでありながら、通勤や買い物などの日常的なドライブに十分な航続距離(最大180km)と広々とした室内空間を確保する。価格(税込)は233万3100〜294万300円。
目次[開く][閉じる]
  1. リーフやアリアに続く日産EV第三弾として登場!
  2. 内外装は日本の伝統美をイメージした上質なデザインに仕上がっている
  3. eペダルやプロパイロットなど先進技術も多数盛り込まれている

リーフやアリアに続く日産EV第三弾として登場!

また、日産の軽自動車として初めて先進運転支援技術「プロパイロットパーキング」などを搭載。

星野朝子副社長も「サクラは日産 リーフ、日産 アリアに続く、量販3モデル目となる電気自動車。軽自動車市場に初投入するこの電気自動車は、日本の自動車市場の常識を変えるゲームチェンジャーとなり、電気自動車の普及促進に弾みをつける存在になる」と期待を寄せる一台だ。

車名の「サクラ」は、「日本の電気自動車の時代を彩り、中心となるクルマになって欲しい」という願いから、 日本を象徴する花である桜に由来し、社員から募集して決まったという。

内外装は日本の伝統美をイメージした上質なデザインに仕上がっている

見た目は軽自動車の日産 デイズ、ルークスとも差別化を図っている。ボディサイズは全長3395mm×全幅1475mm×全高1655mmと、全長と全幅はデイズ、ルークスと変わらないが、全高はルークスに比べるとヒンジドアである分下げられており、デイズよりは少し頭上方向が高い。次世代の日産らしいフロントフェイスと光るエンブレムを採用し、落ち着いた大人の雰囲気を感じさせるデザインだ。

軽自動車初となるプロジェクタータイプの3眼ヘッドライトを採用し、先進的な薄型ヘッドライトの光が夜道でも安心感を与える。バックドアは日本の伝統的なデザインである格子をヒントにしたワイドなLEDリアコンビネーションランプを搭載し、テールランプ全体を美しく演出する。

ホイールは、日本の伝統美を感じさせる水引からインスピレーションを受けたデザインのアルミホイールを採用し、足元のアクセントとしてクルマ全体にシックな印象をもたらす。

ボディカラーにはブロッサムピンクやブソルベブルーなど四季の彩りを想起させる2トーンのシーズンカラー4色をはじめ、全15色を用意した。

内装についても見ていこう。

高品質なファブリックを広範囲にしつらえ、シートには座り心地の良いソファデザインを採用することで、ワンランク上の質感を演出。上級グレードではカッパー色のフィニッシャーを水平ラインに配置することで室内をモダンで広がりのある空間へと仕立てた。前席のインパネは奥行きを持たせ、室内空間を広々と見せている。

また、飲み物のぐらつきを軽減するホールド力の高いカップホルダーやスマートフォンや財布などの小物が置ける横長のインストセンタートレイなど、使い勝手も高めている。

ステアリングはスポーティさを演出する2本スポークステアリングを搭載。メーカーオプションとなるプレミアムインテリアパッケージでは本革巻ステアリングを採用した。

インテリアカラーは定番のブラック、明るく開放感のあるベージュ、シックで落ち着いた印象のプレミアムインテリアの3種類を用意。外装色に合わせてオシャレな室内空間を演出する。

インターフェイスには視認性に優れた7インチのアドバンスドドライブアシストディスプレイ採用のメーターと、大画面の9インチナビゲーションの2つのディスプレイを水平方向に配置。ドライバーの視線移動に合わせた形状にすることで、使いやすく、見やすいよう設計されている。

また、NissanConnectナビゲーションシステムでは充電を考慮したルート設定機能や緊急時の SOSコール、Apple CarPlayワイヤレス接続など、カーライフを快適にする多彩な機能を用意した。

新型サクラは、日産 リーフ e+にも採用される最先端のリチウムイオンバッテリーを搭載。搭載効率を高めるユニバーサルスタック構造により、床下に薄く広げて配置することで室内空間を広く確保しながらも、最大180km(WLTCモード)と、日常生活に十分な航続距離を確保する。

運転席から降りてすぐに充電ができるよう、充電ポートは運転席側の後部に設計。充電口を開けるとライトが点灯し、使い勝手も良い。急速充電では約40分で、2.9kW普通充電では約8時間で満充電にすることができる。

また、EVバッテリーに蓄えた電気を自宅へ給電することで、家庭の電力として使用することも可能。もしもの時には「走る蓄電池」となり、非常時には約1日分の電力を賄える。

eペダルやプロパイロットなど先進技術も多数盛り込まれている

走行性能面を見ていこう。最大195Nmのトルクを発揮するモーターと、日産 リーフの開発で培った技術を投入したEVならではの滑らかな加速により、 高速道路の合流も無理なくスムースに行うことができる。また、モーターの構造を最適化することにより、 軽自動車としては最高水準の静粛性を実現。軽自動車の小回り性能(最小回転半径4.8m)とあわせて使い勝手の良い一台に仕上がっている。

ドライブモードは「Eco」「Standard」「Sport」の3つから選ぶことができ、シーンに合わせて変更が可能。また、アクセルペダルだけで車速を自在にコントロールできるe-ペダルを搭載したことで、加減速を繰り返す市街地走行、なめらかな減速が必要な雪道などでも楽に運転することができる。

ほかにも、高速道路単一車線での自動運転技術「プロパイロット」の採用に加え、駐車時にステアリング、アクセル、ブレーキ、シフトチェンジ、パーキングブレーキまでの一連の流れを自動で制御する「プロパイロット パーキング」を軽自動車で初めて搭載。街中から高速道路、さらには駐車場に至るまで、先進技術が運転をサポートしてくれ、安心感の高い一台になっている。

新型サクラは今夏ごろの発売を予定し、クリーンエネルギー自動車導入促進補助金を活用した場合の実質購入価格は、約178万円(消費税込み)からとなる予定だ。

電気自動車は高価な印象があるが、補助金込みで200万円を切る価格帯は軽自動車の主利用用途となる日常使いにピッタリで、セカンドカーとしてもお手頃価格となっている。

走りの質感など実際に乗ってみて感じたポイントについては今後の記事で紹介したい。

【筆者:MOTA編集部】

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... おごと温泉 びわ湖花街道

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

日産の最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産の中古車検索 日産の記事一覧 日産のニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる