そういえばあったね! コラムシフトが姿を消した理由とは!?

画像ギャラリーはこちら
その昔、「コラムシフト」と呼ばれるフロントシートのスペース効率に優れたシフトレバーがあった。ミニバンから軽自動車まで、幅広い車種に採用された人気のレイアウトだったコラムシフトだが、最近ではその姿を見かけることも少なくなった。なぜコラムシフトはなくなったのか!?その理由に迫る!

 

■コラム、フロア、インパネ…様々なシフトを画像でチェック(20枚)

目次[開く][閉じる]
  1. 誰もが触れるシフトレバー、その形状は様々
  2. 前後左右方向にウォークスルーが容易くなるインパネシフト
  3. “ベンコラ”なんて言葉も生まれたコラムシフト
  4. コラムシフトは絶滅へ…。

誰もが触れるシフトレバー、その形状は様々

自動車を動かすときに誰もが必ず触れる部分であるシフトレバー。最近では一部スイッチになっている車種もあるが、いずれにしても操作する頻度の高い部分である。

そんなシフトレバー、MT車であればほとんどの車種がフロア部分からニョキっと生えているフロアシフトと呼ばれるタイプが一般的だ。一方のAT車でも、クラウンなどのフォーマルなセダンなどは現在でもフロアシフトを採用している車種が多い。

前後左右方向にウォークスルーが容易くなるインパネシフト

それ以外の車種で現在主流となっているのは、インストルメントパネル(インパネ)からシフトが生えているいわゆるインパネシフトと呼ばれるタイプだ。インパネシフトの最大の利点はセンターコンソールを必要としないため、前後左右方向にウォークスルーが容易くなるということ。そのため、現在日本で販売されている3列シートミニバンすべての車種がこのインパネシフトを採用しているほどなのである。

“ベンコラ”なんて言葉も生まれたコラムシフト

その陰でひっそりと姿を消す直前となっているのが、コラムシフトだ。コラムシフトとはその名の通り、ステアリングコラムからシフトレバーが生えているタイプで、インパネシフトが全盛となるまではミニバンから軽自動車まで、幅広い車種に採用された人気のレイアウトだったのだ。

コラムシフトのメリットもインパネシフトと同じく、センターコンソールを廃することができる点にあった。そのため、フロントシートをベンチシート(左右分かれていないタイプ)とし、フロントで3人掛けができる車種が登場して「ベンコラ(ベンチシートとコラムシフトという意味)」という言葉が生まれるほどだったのである。

コラムシフトは絶滅へ…。

しかし、最近ではシフト制御も電子化の波が押し寄せてきており、今までのようにリンケージを這わせて物理的にシフト操作をせずとも、電気的にシフトを変更できるようになってきた。トヨタ プリウスや日産 リーフなどのシフトはまさにそれで、ギリギリシフトレバーが生えている体裁は保っているものの、実のところあれは電気信号を送っているだけなのである(そのためアフターパーツでスイッチ式にするものが存在している)。

そのため、スペース効率には優れるものの、今どのギアに入っているのかが分かりにくいコラムシフトは姿を消すようになり、目視でシフトポジションが確認できる上にウォークスルーも実現できるインパネシフトが全盛となってきたというわけだ。

実際、あれほど多くの車種に採用されていたコラムシフトだが、現在の国産乗用車のラインナップで採用しているのは2008年にデビューした3代目キューブのみ。そのキューブも2019年末をもって生産終了することがアナウンスされており、コラムシフト車両の絶滅へのカウントダウンは刻一刻と迫っているのである。

日産/キューブ
日産 キューブカタログを見る
新車価格:
165万円206.8万円
中古価格:
9.9万円188.3万円

[筆者:小鮒 康一]

この記事の画像ギャラリーはこちら
小鮒 康一
筆者小鮒 康一

1979年5月22日生まれ、群馬県出身。某大手自動車関連企業を退社後に急転直下でフリーランスライターへ。国産旧車に造詣が深いが、実は現行車に関してもアンテナを張り続けている。また、過去に中古車販売店に勤務していた経験を活かし、中古車系の媒体でも活動中。最近では「モテない自動車マニア」の称号も獲得。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

日本カーオブザイヤー
カー用品・カスタムパーツ
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

日産 キューブの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 キューブのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 キューブの中古車検索 日産の記事一覧 日産 キューブの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 キューブのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる