山野哲也選手 JAF全日本ジムカーナ選手権2022年シーズンJG10クラスチャンピオンをアルピーヌA110Sで獲得 通算22回のシリーズチャンピオン獲得の偉業を達成


 アルピーヌ・ジャポン(所在地:神奈川県横浜市、CEO:小川 隼平)がサポートするレーシング  ドライバーの山野哲也選手が、アルピーヌ A110 Sを駆り参戦している全日本ジムカーナ選手権JG10クラスで、今シーズン参戦した全てのイベントで優勝を飾り、早くも2022年シーズンのシリーズチャンピオンを獲得しました。
 このチャンピオン獲得により、山野哲也選手はこれまで参戦したJAF全日本ジムカーナ選手権において、通算22回のシリーズチャンピオン獲得の偉業を達成しました。



 前戦までの全5戦中、4戦で優勝し(1戦欠場のためノーポイント)、着実に勝利を重ねて迎えた第6戦岡山国際サーキット戦は、山野選手が優勝してポイントランキング2位の選手が3位以下となった場合、山野選手のシリーズチャンピオンが決まる大事な1戦となりました。

 山野選手は、土曜日に行われたヒート1、ヒート2をトップタイムで終え、翌日曜日も、路面温度の上昇でコンディションが悪化する中、巧みなマシンコントロールによってヒート1、ヒート2とも見事トップタイムを記録し、完全優勝を飾りました。そして、ランキング2位の選手がこの第6戦をを3位で終えたため、山野選手のシリーズチャンピオンが確定しました。


 時代に合った、新たなジムカーナの世界を切り拓くことを目指し、オートマチック限定免許で運転できる2ペダル+電動パーキングブレーキ車で挑戦した今シーズン、シリーズチャンピオンを獲得した山野選手の活躍に、大いに注目が集まっています。



【山野哲也選手コメント】
 速度が高く、コーナリングが長く、そして平均スピードも高いラウンドだった。セッティングの満足度は頂点に至っていないが、A110S というマシンのサーキット特性がタイムに表れた。2 位にポルシェ 911GT3 も入り、このクラスの車種構成も面白くなってきた。
 私の意思に同意してくれるエクセディ、ブリヂストン、ルノー・ジャポンはじめスポンサー各社に、そして無償の愛を注いでくれるファンに心から感謝している。クルマの進化や免許制度に合致する新しいジムカーナの世界を作り上げていきたい。




企業プレスリリース詳細へ

プレスリリース提供:PR TIMES

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... AMANE RESORT GAHAMA

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる