脱炭素社会の実現に向けてEVでの行動を後押し ~「人の行動変容によるディマンドリスポンス実証事業」に参画 ~


e-モビリティで脱炭素社会を目指すEnergy Tech企業の株式会社REXEV(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:渡部 健、以下「REXEV」)は、「脱炭素社会の実現に向けた消費者行動をゲーミフィケーションで後押しする行動変容型ディマンドリスポンス実証事業(以下「本実証」)」に参画いたします。REXEVは、SBエナジー株式会社(エスビーエナジー、本社:東京都港区、代表取締役社長:三輪 茂基、以下「SBエナジー」)が開始する脱炭素型ライフスタイル転換促進ウェブアプリケーション「yOUR(ユアワー)」※1を使った本実証に参加し、電気自動車(以下「EV」)の目的地充電と店舗や観光地への集客を組み合わせた新たなサービスの可能性について検討を進めて参ります。


「yOUR」は、SBエナジーが開発した「どうせなら楽しく、地球に優しい生活を」をコンセプトに、脱炭素社会の実現に向けた消費者行動をゲーミフィケーションで後押しすることを目的とした、脱炭素型ライフスタイル転換促進ウェブアプリケーションです。
本実証では、参加するユーザーへアグリゲーターのSBエナジーが翌日の電力需給が逼迫する特定の時間帯を想定し、「yOUR」のLINE公式アカウントから外出を促す通知を発信します。通知を受領したユーザーは、指定された時間に特定のスポットでチェックインすることで、獲得数に応じてPayPayポイントと交換可能な「環境貢献ポイント(仮称)」が獲得できます。


REXEVはこれまでダイナミックプライシング実証※2において電力ひっ迫時のEV充電回避など、EVユーザーの充電時間のシフトを誘導する取り組みを実施して参りました。
今回はSBエナジーとEVの所有者向けのDRサービスおよびREXEVが提供するカーシェアリングサービスと「yOUR」の将来的な連携を模索し、例えば、EVの目的地充電と店舗や観光地への集客を組み合わせたサービスなどの可能性について検証を進めて参ります。

REXEVは、EVを”モビリティ”と”蓄電池”の価値を統合して管理する新たなエネルギーマネジメントの先駆者として、EVの付加価値を高めながら再生可能エネルギーの普及を推進し、カーボンニュートラル社会の実現に貢献します。

*1 脱炭素型ライフスタイル転換促進アプリケーション「yOUR」の利用申し込み受付を開始(2022年6月20日付SBエナジープレスリリース参照: https://www.sbenergy.co.jp/ja/news/pdf/press_20220620_01.pdf

*2 ダイナミックプライシング実用化に向けたEV・PHEV向け充電調整の実証事業を開始します(2021年6月30日プレスリリース参照: https://rexev.co.jp/2021/06/30/2389/

■会社概要



《本件に関するお問い合わせ先》
株式会社REXEV
企画開発本部:盛次、落合
Tel:03-3525-8008 E-mail:info@rexev.co.jp


企業プレスリリース詳細へ

プレスリリース提供:PR TIMES

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... ビーチサイド温泉リゾートゆうみ

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる