ボルボ、最新EVのSUV「C40 Recharge」を受注開始! 日本は今秋から導入予定

画像ギャラリーはこちら
ボルボは、最新の電気自動車であるC40 Rechargeの受注を正式に開始した。ボルボ本国であるスウェーデンと英国では2021年6月3日から注文を受付けており、その他の欧州市場では今後数週間のうちに順次発売。なお、日本への導入は今年の秋頃を予定している。

ボルボの最新EV「C40 Recharge」登場

EVらしい、ボルボの新しい顔!

C40 Rechargeの外観は、SUVらしい精悍さを備えつつ、より低く洗練されたデザインとなっている。フロントデザインは、電気自動車であるボルボの新しい顔として、最先端のピクセル技術を用いたヘッドライトを採用。またリアは、低いルーフラインに合わせて印象的なリアエンドデザインを採用した。

またインテリアは、多くのボルボ車ユーザーが好む高いシートポジションを実現しているほか、C40 Recharge専用のカラーやデコレーションのオプションを用意。さらにボルボのモデルとして、初の完全なレザーフリーを実現している。

Googleソフトによる高い利便性

C40 Rechargeは、先行して導入されているXC40 Rechargeと同様に、Googleと共同開発したAndroid OSをベースにしたインフォテイメントシステムを搭載。Googleマップ、Googleアシスタント、Google Playストアなどを利用できる。

データ通信は無制限で、ソフトウェアのアップデートを無線で受けられるため、C40 Rechargeは購入後も時間の経過とともに改良されていく。

航続距離は約420km

C40 Rechargeの動力源は、前輪と後輪に1つずつ搭載されたツイン電気モーターで構成され、約40分で80%まで急速充電できる78kWhのバッテリーを搭載している。

航続距離は約420kmを想定しているが、今後ソフトウェアのアップデートによりさらに向上していく予定だという。

10年後にはすべてのボルボ車をEVに

ボルボ・カーズは今後数年間でさらにいくつかの電気自動車を展開し、2025年までに全世界の販売台数の50%を、2030年までにはすべてのモデルを完全な電気自動車にすることを計画している。

なお、C40 Rechargeは、ベルギーのゲントにあるボルボ・カーズの製造工場で今秋から生産を開始する予定だ。

この記事の画像ギャラリーはこちら
「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... オーベルジュ フォンテーヌ・ブロー熱海
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

おすすめの関連記事

ボルボの最新自動車ニュース/記事

ボルボのカタログ情報 ボルボの中古車検索 ボルボの記事一覧 ボルボのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる