新型タイプRの存在が明確に! 米国ホンダ、2021年春発売予定となる新型シビックの画像を公開

画像ギャラリーはこちら
2020年11月17日、11代目シビックが北米で発表された。かつてはホンダを代表するコンパクトカーだったシビックも、ここ日本ではフィットにその役割を譲り、欧州でも2021年に生産を終えると発表するなど、すっかり過去のブランドになりつつある。しかし北米では今も人気の中心のようだ。果たして新型はどのような車になったのか。シビックの今に迫る!
目次[開く][閉じる]
  1. タイプRがちゃんとある新型シビックが米国で発表
  2. 伝統は守りつつもやや優しく落ち着いた雰囲気に変化
  3. 新型タイプR用のハイパワーなパワートレインに期待

タイプRがちゃんとある新型シビックが米国で発表

北米ホンダは、通算11代目となる新型シビックを、アマゾンが展開するライブストリーミング配信プラットフォーム「Twitch」にてワールドプレミア公開し話題となっている。中でも注目したいのは、2021年春に米国で発売される予定の新型シビックには、ハッチバックとパフォーマンスSi、そしてRの存在がハッキリと明記されている点だ。

速さが隠しきれない現行型シビックタイプR

シビックタイプRとは、シビックシリーズの中でも特に運動性能に優れたスポーツモデルの名称だ。現在日本でも欧州製のシビックタイプRが輸入され、熱狂的なホンダファンの支持を集め続けている。現行型(10代目)タイプRの限定車である「リミテッドエディション」は、鈴鹿サーキットにおいて2分23秒993というFF車最速のタイムをマーク。前輪駆動でありながら320馬力というハイパワーなVTECターボエンジンを搭載し、空力性能をとことん突き詰めた攻撃的なエアロパーツを装着する。

もはやスーパーカーの域に達したNSXを除けば、現行で販売されるホンダ車の中で最強のシビックタイプRだが、生産していたイギリス工場に閉鎖やF1撤退などのニュースと相まって、「タイプR消滅」の噂が囁かれていた。

メーカー広報は当然新型の存在を知っていた

しかし、その点については、リミテッドエディションを取り上げた記事でメーカー広報に確認しており、「タイプRが消滅することはありません。」という回答を得ている。また、その際「次期タイプRが新型なのかマイナーチェンジなのかは申し上げられませんが、ぜひ楽しみにお待ちください。」と、やや含みを持たせた答えが返ってきていたのだが…。やはりあの時のやや明るめな声のトーンは、新型シビックにタイプRが計画されていることを含んでいたようだ。

伝統は守りつつもやや優しく落ち着いた雰囲気に変化

今回の発表では、外観のディテール以外、エンジンスペックや外寸などの詳細は明らかになっていない。しかし、1973年に初代シビックが米国市場に導入されて以来、米国で1200万台以上販売されてきたホンダを代表する人気車種。それだけに、基本コンセプトは継承しつつも、走行性能や燃費、安全性能などの技術基準を引き上げることが明言されており、タイプRじゃなくても十分期待が持てる。

大きくイメージチェンジしつつ良好な視界を確保

デザインをもう少し見ていくと、前後の意匠も大きくイメージチェンジしていることが分かる。現行型では、やや釣り目ガチで攻撃的なヘッドライトとなっていたが、新型では無理に釣り上げてシャープに見せるのではなく、どちらかと言えば穏やかな目つきに変化。またリア周りは、よりワイド感を強調したテールランプに変更され、トランクリッド後端はダックテールのように跳ね上げられ、遊び心と空力性能を考慮したデザインだ。

ロー&ワイドなスタイルに、ベルトラインを低く抑えガラスエリアを広く取った見晴らしの良いキャビンなどは、これまで歴代シビックが継承してきたスタイリングだ。そして、よく見るとフロントガラスの位置(Aピラー)がかなり後ろにセットバックしているが、これはドライバーの視界を広げるためのデザインだという。また、ドアミラーの位置も視認性を高めるため、現行型のAピラー付け根からドア上端に移動されている。

水平基調のスッキリとしたインテリア

そして、内装に目をやると、現状ではイメージ画像にとどまってはいるものの、現行型よりもさらにシンプルな仕上がりとなっている。ダッシュボードは水平基調をさらに強め、メーターフードの盛り上がりを低く抑えたことで、歴代シビック同様、見晴らしの良い良好な視界を実現しているようだ。

新型タイプR用のハイパワーなパワートレインに期待

今回の発表はあくまでティザーのレベルを脱しておらず、今後のさらなる情報に期待したいところだが、イチ車好きとしては、タイプRの存在が最初から明言されていることはかなりの朗報だ。

現段階では新型シビックやシビックタイプRに、どんなパワーユニットが搭載されるのかは不明だが、これまでワクワクするスポーツモデルをリリースし続けてきたホンダのこと。きっと車好きの心が踊るような新型シビックになることを期待せずにはいられない。

ホンダ/シビック
ホンダ シビックカタログを見る
新車価格:
294.8万円294.8万円
中古価格:
29万円344万円

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 草津温泉 つつじ亭
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

ホンダ シビックの最新自動車ニュース/記事

ホンダのカタログ情報 ホンダ シビックのカタログ情報 ホンダの中古車検索 ホンダ シビックの中古車検索 ホンダの記事一覧 ホンダ シビックの記事一覧 ホンダのニュース一覧 ホンダ シビックのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる