2030年までに死亡事故ゼロへ! スバルが普及を進めてきたアイサイトの歴史を振り返る

画像ギャラリーはこちら
スバルは他社に先駆け、先進運転支援システム「アイサイト」の普及を進めてきた。その結果、アイサイトver.3搭載車の追突事故発生率が 0.06%という調査結果が明らかとなり、着実に衝突被害の軽減や防止に役立っていることが分かる。そんなスバルの運転支援システムはどのような歴史を辿ってきたのか、ライバル他社に先行して市販されてきた車種と共に振り返ってみよう。
目次[開く][閉じる]
  1. アイサイトver.3搭載車の追突事故発生率が0.06%にまで低下
  2. 実は20年以上前からあった!? スバル アイサイトの歴史
  3. 新型レヴォーグに新世代アイサイト&アイサイトXが登場

アイサイトver.3搭載車の追突事故発生率が0.06%にまで低下

2020年10月9日にスバルが発表したデータによると、2014年から2018年に日本国内で販売したスバル車の人身事故件数について調査した結果、運転支援システム アイサイトver.3搭載車の追突事故発生率が 0.06%であることが分った。

なお、本調査は株式会社SUBARUが、公益財団法人 交通事故総合分析センターのデータを基に独自算出したもので、アイサイトVer.3搭載車モデル(456944台)の人身事故件数をその発生状況毎に分類したものとなっている。

アイサイトVer.2非搭載車

期間:2010年~2014年/販売台数:48085台

事故総件数:741件(内訳:対歩行者67件/対車両、その他674件/追突269件)

追突事故発生率:0.56%

アイサイトVer.2搭載車

期間:2010年~2014年/販売台数:246139台

事故総件数:1493件(内訳:対歩行者176件/対車両、その他1317件/追突223件)

追突事故発生率:0.09%

アイサイトVer.3搭載車

期間:2014年~2018年/販売台数:456944台

事故総件数:2013件(内訳:対歩行者209件/対車両、その他1804件/追突259件)

追突事故発生率:0.06%

実は20年以上前からあった!? スバル アイサイトの歴史

スバル アイサイトが一躍有名になったのは、「ぶつからないクルマ?」というキャッチコピーと共にデビューした5代目レガシィからだが、実はこの自動停止まで行うアイサイトはVer.2。つまり、アイサイトにはVer.1が存在し、さらにさかのぼれば、ADA(アクティブドライビングアシスト)という運転支援技術も存在するのだ。

ぶつからないクルマの祖先「レガシィランカスター ADA」

1999年にデビューした3代目レガシィランカスター(現在のレガシィアウトバック)に搭載されたADA(アクティブドライビングアシスト)は、ステレオカメラによって前方の景色を立体的に認識し、カーナビと連動することで警告や運転支援を行うシステムで、ベースモデルとの差は約50万円。現在の緊急自動ブレーキ機能のように、急制動や停止まで行うことはできないが、車線逸脱警報や車間距離警報、車間距離制御クルーズコントロール、さらに、カーブ警報/シフトダウン制御などが提供される。

このADAは、2001年に第2世代、2003年にはミリ波レーダーを加えた第3世代に進化。悪天候でも安定して作動するようになったほか、ブレーキによる車間距離制御やふらつき警報、前車発進モニターなど機能の充実が図られた(第1世代と第2世代にはブレーキによる制御は無い)。

ADAから“アイサイト”に改名

2008年5月に登場した4代目レガシィから、ついにアイサイトという名前に変更される。高額になりがちなミリ波レーダーをやめ、ステレオカメラのみというシンプルな構造としたことで価格を抑えることに成功。さらに新開発の画像処理エンジンによって、歩行者や自転車の認識も可能となったほか、価格もプラス20万円(消費税抜き)に抑えられた。

当時は国の規制によって完全停止までは行われなかったものの、自動ブレーキによる被害軽減やAT 誤発進抑制制御、全車速追従機能付きクルーズコントロールなど、現在のシステムに近い充実した内容となっていた。

ついに“ぶつからないクルマ?”アイサイトVer.2が登場

2010年、ついに“ぶつからないクルマ?”アイサイトVer.2を搭載した5代目レガシィがデビューする。前年の2009年に、ボルボ XC60が国内で完全自動停止機能の認証を獲得し、従来の規制を撤廃。アイサイトVer.2は、完全停止を行う衝突被害軽減ブレーキの日本車初採用例となった。価格はプラス10万円(消費税別)という低価格を実現し、キャッチーなフレーズとテレビCMによって大ブレイク。当時の販売現場を知るスバルディーラー店長によると、「ぶつからないクルマください!」と言ってレガシィを買い求めるユーザーまでいたという。

国の規制を突破したボルボと、低価格で完全停止までサポートするアイサイトVer.2を市販化したスバルによって、日本での自動ブレーキ(衝突被害軽減ブレーキ)の認知度は急上昇。他メーカーも続々と自動ブレーキの開発を行ったことで急速に進化し、現在のハンドル操作までアシストする運転支援技術に繋がる。

新型レヴォーグに新世代アイサイト&アイサイトXが登場

2020年10月15日に正式発表された新型レヴォーグには、ステレオカメラの広角化によって右左折時や見通しの悪い交差点、自転車の急な飛び出しまで対応する新世代アイサイト。さらに、3D高精度地図データとGPSや準天頂衛星「みちびき」などの情報を活用する高度運転支援システム「アイサイトX」が搭載される。

スバルは2030年までに、スバル車乗車中の死亡事故、およびスバル車との衝突による歩行者・自転車等の死亡事故ゼロを目指すとしている。今後はインプレッサやフォレスターといった他のスバル車にも、新世代アイサイトやアイサイトXが搭載されるのは間違いないだろう。

スバル/レヴォーグ
スバル レヴォーグカタログを見る
新車価格:
310.2万円409.2万円
中古価格:
84.8万円430.3万円
スバル/レガシィツーリングワゴン
スバル レガシィツーリングワゴンカタログを見る
新車価格:
264万円381.7万円
中古価格:
18万円395万円
この記事の画像ギャラリーはこちら
「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 別邸 仙寿庵
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

スバル レヴォーグの最新自動車ニュース/記事

スバルのカタログ情報 スバル レヴォーグのカタログ情報 スバルの中古車検索 スバル レヴォーグの中古車検索 スバルの記事一覧 スバル レヴォーグの記事一覧 スバルのニュース一覧 スバル レヴォーグのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる