最高速度403km/h! マクラーレン、究極のロードカー「マクラーレン スピードテール」日本初公開

画像ギャラリーはこちら
2020年9月14日、マクラーレン・オートモーティブは、アルティメットシリーズの最新モデル マクラーレン スピードテール(McLaren Speedtail)を日本初公開した。マクラーレン・スピードテールは、2018年に発表された究極のハイパーGT。106台の限定生産となっており、すでに予約販売は完了している。価格は175万ポンド、日本円で約2億3,790万円(税別、2020年9月15日のレート)。
目次[開く][閉じる]
  1. 最高速のためにデザインされたフォルム
  2. 最高速度403km/h、1070馬力のハイブリッドパフォーマンス
  3. マクラーレン F1からインスパイアされたセンターコックピット

最高速のためにデザインされたフォルム

マクラーレン 新型スピードテールのエクステリアは、上から見ると自然界において最速移動を可能とするティアドロップ(しずく)型になっている。

また、フロントホイールのカーボンファイバー製スタティック・エアロカバー、ミラーの代わりとなるデジタル・リアビュー・カメラ、および特許技術であるアクティブ・リア・エルロン(補助翼)が一体となり、優れたエアロダイナミクス性能を実現している。

最高速度403km/h、1070馬力のハイブリッドパフォーマンス

マクラーレン・スピードテールに搭載されるパワートレインは、ガソリンエンジンとモーターのハイブリッド。システム最高出力は1070馬力、最高速度はマクラーレン市販車史上最速の403km/hに到する。

0-300km/h加速は、わずか13秒。この数値は、アルティメットシリーズの先代ハイブリッド・モデル McLaren P1の0-300km/h加速16.5秒を3.5秒も上回る。

軽量化技術を結集

優れた運動性能を実現するために、パワートレインのみならず、ボディの軽量化も徹底。マクラーレン・スピードテールのボディは、独自のカーボンファイバー製「McLaren Monocago」構造を核とし、オールカーボンファイバー製ボディや、アルミニウム製のアクティブ・サスペンション、カーボン・セラミック製のブレーキなど、マシン全体にわたって軽量化技術が駆使されている。

403km/hを出すための「ヴェロシティ・モード」

マクラーレン・スピードテールには、最高速度の403km/hに到達するため特別な走行モード「ヴェロシティ・モード」を用意。マクラーレン・スピードテール用に専用開発されたヴェロシティ・モードは、ハイブリッド・パワートレインを高速走行用に最適化すると同時に、アクティブ・リア・エルロンの角度を調整される。

マクラーレン F1からインスパイアされたセンターコックピット

マクラーレン・スピードテールのインテリアは、McLaren F1ロードカーにインスパイアされた中央のドライバーズシートと、両サイドに配置された2つのパッセンジャーシートが特徴。

また、チタニウムを蒸着したカーボンファイバーの新素材や、デジタル・エンボス加工を施したフルアニリン仕上げの軽量レザー等、新しいビスポーク・カスタマイゼーションを導入している。

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... ABBA RESORTS IZU - 坐漁荘
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

おすすめの関連記事

マクラーレンの最新自動車ニュース/記事

マクラーレンのカタログ情報 マクラーレンの中古車検索 マクラーレンの記事一覧 マクラーレンのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる