日産、電気自動車の走行性能を高める新技術「e-4ORCE(イー・フォース)」を発表

画像ギャラリーはこちら
日産は、電気自動車の性能を更に押しあげる新たな電動駆動 4輪制御技術を「e-4ORCE」と命名した。e-4ORCEは瞬時にトルクを4輪に伝え、プレミアム・スポーツ・カーに匹敵する安定したパワーとハンドリングを実現。東京モーターショー2019に出展した電気自動車のSUVコンセプトカー「アリア コンセプト」にも採用されている。

>>日産がCES2020で発表したe-4ORCE

目次[開く][閉じる]
  1. 最先端制御技術で乗る人すべてに快適な乗り心地を提供
  2. 開発の元となるのはGT-RのATTESAシステム
  3. 初心者でも安心してドライブできる技術をCES2020で世界へ発信

最先端制御技術で乗る人すべてに快適な乗り心地を提供

「e-4ORCE」の「e」は、100%電気自動車の電動駆動に由来。また、「4ORCE(フォース)」は、物理的なパワーとエネルギーに四輪駆動の「4」を掛け合わせた造語。

日産自動車で研究・先行技術開発を担当する専務執行役員の浅見 孝雄氏は、「e-4ORCEは正確なハンドリングと安定性で、ドライバーに今まで以上の安心感とワクワク感をご提案します。この技術により、滑りやすい道でも思い通りのコーナリング性能と高いトラクション性能を実現するほか、乗る人すべてに快適な乗り心地を提供します。」と語る。

開発の元となるのはGT-RのATTESAシステム

e-4ORCEは、日産 GT-RのATTESA E-TS電子制御トルクスプリット四輪駆動システム、および日産 パトロールのインテリジェント4x4システムの開発実績を通じて生み出されたもの。e-4ORCEは電気自動車のスムーズで安定した出力とブレーキ性能の実現を目的に開発された。

その乗り心地は、車体の振動を最小限に抑えるe-4ORCEならではのもの。フロントモーターに加え、リアモーターの回生ブレーキも併せて活用することで、渋滞時でも揺れが少なく、快適に過ごすことができる。同様に、凹凸のある路面や、加速時には、モーターを最適にコントロールすることで車体姿勢の変化を抑え、快適なドライビングを提供する。

初心者でも安心してドライブできる技術をCES2020で世界へ発信

さらに、モーターの駆動力やブレーキをきめ細かくコントロールすることで、高いライントレース性能を実現し、ドライバーに安心感を与えることが可能。どのような路面状況においても、自信をもって運転できるため、初心者でも滑りやすい道でよりドライビングを楽しむことが出来る。

CES 2020会期中は、日産ブースで「e-4ORCE」を搭載したゼロ・エミッション クロスオーバーの「ニッサン アリア コンセプト」を展示するほか、同技術を搭載したテストカーもラスベガス市内で併せて公開した。

CES2020日産コンセプト動画

最後まで読んで頂いた方には超豪華な旅館宿泊のチャンス!

2019年12月17日からMOTAにてリリースされた「ドライブ/宿」企画。

今回は、MOTA厳選宿公開記念として、1組2名さまに抽選で当たる宿泊券プレゼントキャンペーンを実施します。

応募条件は、以下のページからMOTAのメールマガジンに会員登録し、当キャンペーンに応募するだけ。

豪華宿泊券プレゼントキャンペーンのご応募はコチラ

この機会に是非ご応募ください! 中には1泊10万円以上の宿も…!?

どんな宿があるかは、ページ上部右端の「ドライブ/宿」ページで見れるので要チェック!

豪華宿泊券プレゼントキャンペーンのご応募はコチラ
日産/リーフ
日産 リーフカタログを見る
新車価格:
332.6万円499.8万円
中古価格:
33.5万円2,280万円
この記事の画像ギャラリーはこちら
「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 柳生の庄
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる