アウディ 電気自動車SUVクーペ「e-tron スポーツバック」が登場

画像ギャラリーはこちら
アウディは2019年11月20日ドイツ・インゴルシュタットにて、SUVクーペ「e-tron スポーツバック」をヨーロッパにおいて2020年春に発売することを発表した。価格は7万1350ユーロ(日本円:約857万円/2019年12月時点)~。なお、日本仕様・価格は未定となっている。

>>広々とした室内空間! e-tron スポーツバックの内外装を見る

「e-tron スポーツバック」の主な特長

e-tron スポーツバックは、最大300kWのパワーを発生し、1回の充電で最大446kmの航続距離を実現する、ダイナミックなSUVクーペだ。今回、アウディの量産車として初めて採用されたデジタルマトリクスLEDヘッドライトにより、道幅の狭い道路でも正確に路面の中央を照らし出し、車線内を安全に走行することができる。

エレガントで豊かなエクステリア

e-tron スポーツバックは、広々としたスペースのSUVモデル、エレガントな4ドアクーペ、先進的な電気自動車のキャラクター、その全ての顔を持っている。

全長は4901mm、全幅は1935mm、全高は1616mmのボディからなるルーフは、筋肉質なボディ上にフラットに伸び、リアに向かって優雅なラインを描く。

専用カラー:プラズマブルーメタリックを設定

e-tron スポーツバックには、専用の新色「プラズマブルーメタリック」を含む、合計で13種類のボディカラーが用意された。充電フラップには、高電圧システムを示すオレンジ色のロゴが設置され、このカラーはオプションでブレーキキャリパーに適用することも可能だ。

ホイールアーチトリムとシルには、アンスラサイトが採用され、オフロードモデルならではの力強い外観を強調。ブラックに塗装されたアンダーボディプロテクション、ディフューザー、ドアシルも同様の効果を演出する。

また、アドバンスト エクステリアラインでは、アタッチメントは対照的なグレー、またはオプションとしてボディ同色仕上げとなり、アンダーボディプロテクションとディフューザーには、マットシルバーが採用されている。

完成された形体のインテリア

e-tron スポーツバックのインテリアは、デザインとテクノロジーがシームレスに融合した、エレガントなラウンジのような雰囲気を創出している。インストルメントパネルは、左右いっぱいに弧を描いて伸び、運転席側にはアウディバーチャルコクピットのカバーが一体化しており、まるで空間に浮いているように見える。

ラップアラウンド形状のドアトリムには、オプションのバーチャルエクステリアミラーのスクリーンが統合された。2つのタッチディスプレイを備えたインストルメントパネルは、人間工学に基づき、ドライバーに向かって角度が付けられ、アッパーディスプレイはディスプレイをオフにすると、周囲の大型ブラックパネルに溶け込んで、ほとんど見えなくなる。

95kWhのエネルギー容量を備えた高電圧バッテリーシステム

e-tron スポーツバック 55quattroは、高い効率、パフォーマンス、そして静粛性を提供する。そのバッテリーシステムは、95kWhのエネルギー容量を備え、396Vの定格電圧で動作する。100km/hから制動する場合、e-tron スポーツバックは最大300Nm、220kWの電力を回生することができる。

航続距離を延ばす最高のエアロダイナミクス

Sラインエクステリアおよびバーチャルエクステリアミラーを装備したe-tron スポーツバックは、わずか0.25の非常に優れたCd値を誇る。この数値は、姉妹モデルのe-tronよりもさらに優れている。

これは車両後方の空気抵抗が少ないためであり、高い位置に設置されたテールゲートのエッジ部分が、このエリアにおけるエアフローの乱流を最小限に抑え、最終的には電力消費量の削減にも繋がっている。

特別限定車「エディション1」

アウディは、e-tron スポーツバックの発売を記念して、プラズマブルーのカラーを纏った限定モデル「エディション1」を発売する。

S lineエクステリアをベースに、バーチャルエクステリアミラー、アルミニウム調アタッチメント、21インチ専用ホイール、オレンジのブレーキキャリパー、パノラマガラスサンルーフが標準装備される。

照明付きフロントドアシルトリムは、モデル名の「エディション1」ロゴを地面に投影。インテリアは、ヴァルコナレザー製の専用モナコグレーシートカバー付カスタマイズドコンツァーシート、同じくヴァルコナレザー製のスポーツシート付Sラインインテリアから選択できる。

さらに、フロント3Dサウンドを備えたBang&Olufsenプレミアムサウンドシステム、Tourアシストパッケージ、フロントおよびリアのダイナミックターンシグナルとダイナミックライトシナリオを備えたマトリクスLEDヘッドライトも含まれている。

※スペック・仕様などは全て欧州値。

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 和心亭豊月
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

おすすめの関連記事

アウディの最新自動車ニュース/記事

アウディのカタログ情報 アウディの中古車検索 アウディの記事一覧 アウディのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる