日産 リーフが4日分の電力になる!? 災害時、EVの蓄電機能が活躍

画像ギャラリーはこちら
日産は、蓄電機能のある電気自動車「リーフ」の新たな活用法として、「太陽光発電でフル充電したリーフの電気で一軒家3人家族が何日間暮らせるか」を特設Webサイトにて検証するとともに、1日に家庭で使用する電気量と電気費用に関するWEBムービーも公開した。

リーフe+をフル充電すると一般家庭で使う電力の4日分相当になり、優れたエネルギー源としての活躍も期待される。

目次[開く][閉じる]
  1. 日産 リーフe+の蓄電を使って何日暮らせる!?
  2. V2Lシステムを活用した電気機器への電力供給
  3. 電気自動車の歴史
  4. 【動画】リーフ その時 #電気自動車 だからできること(公式)

>>何を使うと電気を食うの!? 家庭で使う電力一覧表を見る

日産 リーフe+の蓄電を使って何日暮らせる!?

一般家庭(3人家族想定)で使用する1日当たりの電気使用量は、約12kWhと言われている。リーフ e+に搭載した大容量のバッテリー(62kWh)を太陽光パネルからフル充電すると、一般家庭で使用する電力の4日間分相当となる。

V2Lシステムを活用した電気機器への電力供給

V2L(Vehicle to Load)システムとは、電気自動車(EV)などの発電・蓄電能力の発電能力を活用して電気機器に電力供給を行う装置である。

これによりリーフに充電された電気を取り出し、AC100Vに変換することで家電機器への電力供給を可能にする。

日産 リーフ特設Webサイトはコチラ

電気自動車の歴史

世界初めての電気自動車は、約180年前の1830年代に誕生した。当初はガソリン車と注目度がほぼ同等であったが、戦争などの影響でガソリン車の普及が進み、反対に電気自動車は急速に衰退してしまった。

こののち電気自動車の開発は2000年代後半より活発になり、2010年の日産 リーフの発売を皮切りに本格的な普及が始まった。電気自動車保有台数の推移を見ると、2010年から2017年にかけて約15倍に伸びており、大きな市場を作り上げている。

クルマの普及に伴い、多くの人々がモビリティによる利便性や運転する楽しさを享受しているが、その一方で、温室効果ガスの排出量や交通事故は緊喫の課題となっている。日産は新車走行中のCO2排出量をゼロの実現を目指している。

【動画】リーフ その時 #電気自動車 だからできること(公式)

日産/リーフ
日産 リーフカタログを見る
新車価格:
330.3万円481.7万円
中古価格:
35万円442万円
この記事の画像ギャラリーはこちら
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 古屋旅館
日本カーオブザイヤー
カー用品・カスタムパーツ
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAがオススメする宿・旅館

MOTAがオススメする宿・旅館

日産 リーフの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 リーフのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 リーフの中古車検索 日産の記事一覧 日産 リーフの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 リーフのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる