MOTAトップ 記事・レポート 自動車ニュース クラシックポルシェの証明書サービスを開始

自動車ニュース 2019/9/10 14:53

クラシックポルシェの証明書サービスを開始

ポルシェに乗りたい!憧れを叶えるサービス「カレシェア」で初の外車体験!
ポルシェに乗りたい!憧れを叶えるサービス「カレシェア」で初の外車体験!ポルシェクラシックテクニカルサーティフケートの販売を開始ポルシェクラシックテクニカルサーティフケートの販売を開始ポルシェに乗りたい!憧れを叶えるサービス「カレシェア」で初の外車体験!画像ギャラリーはこちら

ポルシェが製造時の各種データなどを証明するサービスを開始

ポルシェジャパンは、2019年9月2日より「ポルシェクラシックテクニカルサーティフケート」の販売を開始した。

ポルシェクラシックテクニカルサーティフケートは、製造時の各種データや車両の現在の状態を明確に証明するもので、現在、日本国内にある4拠点のポルシェクラシックパートナーでのみ発行される。

対象は356から、空冷エンジンの911、914、924、944、928、そして水冷エンジンの986、996及びカレラGTなど、ポルシェがクラシックモデルとして区別しているモデルで、そのオーナーのみがオーダーする事が可能だ。

>>伝統を受け継いできたポルシェ 911の画像を見る(9枚)

技術的チェックを受け、最終的には評価コメントも

クラシックポルシェのオーナーは車両をポルシェクラシックパートナーに持ち込み、ポルシェ認定クラシックテクニシャンの広範囲な技術的チェックを受け、評価される。評価は外装、内装、エンジン、ドライブトレイン、シャーシなどを含み、技術的な点検に加え製造時の各種データが記載され、エンジン番号、トランスミッション番号など記録と一致する場合に表記される。

また内装、外装の写真を含み、点検を実施したクラシック認定テクニシャンの評価コメントも記載される。

ポルシェクラシックパートナーについて

ポルシェクラシックパートナーとは、ポルシェセンターの中でも特にクラシック認定テクニシャン、アドバイザー、パーツマンの人員とクラシック専用ワークベイを備え、ポルシェクラシックに専門的なサービスを提供できる拠点だ。

日本ではポルシェセンター青山 世田谷工場、ポルシェセンター横浜青葉、ポルシェセンター名古屋、ポルシェセンター堺の4拠点がポルシェクラシックパートナーに認定されている。

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
MOTAの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

ポルシェ 911 の関連編集記事

ポルシェ 911の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、MOTAがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ポルシェ 911 の関連ニュース

MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
車のカスタムパーツ(カー用品)PR