ジャガーにも電動化の波! 次期型XJはEVだ

新型からすべての車種にEVを設定

ジャガー・ランドローバーは2019年7月5日に、フラッグシップサルーン「XJ」の次期モデルをEVにすると発表した。

同社は2017年秋に「ジャガー・ランドローバー」から'20年以降にデビューするすべての車種に、電動モデルをラインナップする計画を発表した。EV、PHV(プラグインハイブリッド車)、マイルドハイブリッド車といった電動モデルを取りそろえ、顧客のニーズと日々厳しくなる規制に対応する。そんな中、ジャガーはフラッグシップモデルをEVのみにすると大胆な発表をしたのだ。

XJは50年もの内燃機関車としての歴史に幕

多くの著名人や政治家などに愛されたXJは、現在発売されているモデルで初代から数えて8代目。これまで120カ国に輸出されてきたその歴史に一旦幕を閉じることとなる。

EVとなる次期型は、歴代モデルの優美なデザインや圧倒的なパフォーマンス、さらには人々を魅了するラグジュアリーさなどの特徴は受け継いでいくという。ピュアEVとしてすでにデビューしている「I-PACE」は、バッテリーを前後アクスルに搭載して4輪を駆動する。最大出力は400psで、0~100km/h加速は4.8秒と圧倒的なパフォーマンスを発揮する。次期XJは、このI-PACEの開発陣が担当するため、十分に期待できるだろう。

EVのための工場を建設

また、ジャガー・ランドローバーは、英国ミッドランドに、電動車向けのバッテリーなど電動パワートレインの組み立て工場を建設する計画だ。この電動パワートレイン工場は、2020年に稼働する予定で、年間15万ユニットのバッテリーを生産する。ここで製造されるバッテリーなどの電動パワートレインは、次世代のジャガーとランドローバー車に搭載される。

この記事の画像ギャラリーはこちら
「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 雄琴温泉 びわ湖花街道
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

ジャガー XJの最新自動車ニュース/記事

ジャガーのカタログ情報 ジャガー XJのカタログ情報 ジャガーの中古車検索 ジャガー XJの中古車検索 ジャガーの記事一覧 ジャガー XJの記事一覧 ジャガーのニュース一覧 ジャガー XJのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる