MOTAトップ 記事・レポート 自動車ニュース ジャガーにも電動化の波! 次期型XJはEVだ

自動車ニュース 2019/7/11 14:00

ジャガーにも電動化の波! 次期型XJはEVだ

ジャガー XJ50
ジャガー XJ50ジャガー XJ50ジャガー XJ50ジャガー 新型I-Pace画像ギャラリーはこちら

新型からすべての車種にEVを設定

ジャガー・ランドローバーは2019年7月5日に、フラッグシップサルーン「XJ」の次期モデルをEVにすると発表した。

同社は2017年秋に「ジャガー・ランドローバー」から'20年以降にデビューするすべての車種に、電動モデルをラインナップする計画を発表した。EV、PHV(プラグインハイブリッド車)、マイルドハイブリッド車といった電動モデルを取りそろえ、顧客のニーズと日々厳しくなる規制に対応する。そんな中、ジャガーはフラッグシップモデルをEVのみにすると大胆な発表をしたのだ。

XJは50年もの内燃機関車としての歴史に幕

多くの著名人や政治家などに愛されたXJは、現在発売されているモデルで初代から数えて8代目。これまで120カ国に輸出されてきたその歴史に一旦幕を閉じることとなる。

EVとなる次期型は、歴代モデルの優美なデザインや圧倒的なパフォーマンス、さらには人々を魅了するラグジュアリーさなどの特徴は受け継いでいくという。ピュアEVとしてすでにデビューしている「I-PACE」は、バッテリーを前後アクスルに搭載して4輪を駆動する。最大出力は400psで、0~100km/h加速は4.8秒と圧倒的なパフォーマンスを発揮する。次期XJは、このI-PACEの開発陣が担当するため、十分に期待できるだろう。

EVのための工場を建設

また、ジャガー・ランドローバーは、英国ミッドランドに、電動車向けのバッテリーなど電動パワートレインの組み立て工場を建設する計画だ。この電動パワートレイン工場は、2020年に稼働する予定で、年間15万ユニットのバッテリーを生産する。ここで製造されるバッテリーなどの電動パワートレインは、次世代のジャガーとランドローバー車に搭載される。

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
MOTAの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

ジャガー XJ の関連編集記事

ジャガー XJの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、MOTAがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ジャガー XJ の関連ニュース

MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
車のカスタムパーツ(カー用品)PR