スズキ、アルトの安全装備が充実|アルトワークスには新ボディカラーも設定

画像ギャラリーはこちら

スズキは2018年12月13日、同社の軽乗用車「アルト」「アルトワークス」を一部仕様変更し、安全装備を充実させて発売した。価格は84万7800円~165万5640円(税込み)。

アルトは今回新たに、前方の車両や歩行者の検知を可能とした衝突被害軽減ブレーキ「デュアルセンサーブレーキサポート」を採用。また車線逸脱警報機能や後退時の衝突被害軽減ブレーキ「後退時ブレーキサポート」、ハイビームアシストなどを追加した。

内装では、シート表皮色に「ネイビー」を、インパネやドアトリムガーニッシュ色に「グレージュ」を採用し、落ち着いた室内空間に仕上げた。さらにディスチャージヘッドランプをメーカーオプションで設定した。

アルトワークスは、5AGS車に衝突被害軽減ブレーキ「デュアルセンサーブレーキサポート」などを標準装備。加えて車体色には、鮮やかな「ブリスクブルーメタリック」を新設定した。

販売目標台数(月間)

アルト、アルトワークス 合計7500台

「アルト」「アルトワークス」一部仕様変更の3つのポイント

予防安全技術「スズキ セーフティ サポート」の機能を充実

・単眼カメラと赤外線レーザーレーダーを組み合わせた衝突被害軽減ブレーキ「デュアルセンサーブレーキサポート」を採用。あわせて誤発進抑制機能、車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能、先行車発進お知らせ機能、ハイビームアシストを搭載し、安全装備を充実。

・リアバンパーに内蔵した4つの超音波センサーで後退時の衝突回避または被害軽減を図る「後退時ブレーキサポート」を採用。あわせて後方誤発進抑制機能、リアパーキングセンサーを搭載。

アルトの内装色を変更

・シート表皮色には「ネイビー」を採用。

・インパネ、及びドアトリムガーニッシュ色には「グレージュ」を採用。

アルトワークスに車体色を新たに設定

・車体色「ブリスクブルーメタリック」を新設定。

この記事の画像ギャラリーはこちら
「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 海石榴 つばき
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

スズキ アルトの最新自動車ニュース/記事

スズキのカタログ情報 スズキ アルトのカタログ情報 スズキの中古車検索 スズキ アルトの中古車検索 スズキの記事一覧 スズキ アルトの記事一覧 スズキのニュース一覧 スズキ アルトのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる