autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 豪雨で視界が悪いと自動ブレーキの効果は変わるのか?

自動車ニュース 2018/7/18 11:49

豪雨で視界が悪いと自動ブレーキの効果は変わるのか?

豪雨で自動ブレーキの効果は変わる?

jaf 濃霧・大雨での自動ブレーキの効果を検証した動画を公開

JAFが公式サイトにおいて、豪雨で視界が悪くなった際、自動ブレーキが正常に機能するかの検証動画を公開した。

使用した車両はトヨタ プリウスで、搭載している自動ブレーキはToyota Safety Sense。

動画内では、雨の降っていない状況と雨量80mm/hの雨の下、速度30km/hと40km/hで障害物に向かって走るというもの。ちなみにこの雨量80mm/hは、気象庁の用語で“猛烈な雨”と表現されるほどの強い雨。

検証の結果、40km/hでは障害物に衝突

jaf 濃霧・大雨での自動ブレーキの効果を検証した動画を公開

検証の結果、雨の中40km/hで走行したケースで、テスト車両が障害物に衝突。自動ブレーキは障害物の存在を一瞬検知したものの、自動ブレーキは作動せず、減速しないまま障害物に衝突してしまった。

衝突被害軽減ブレーキ(自動ブレーキ)はドライバーのミスをカバーしたり、衝突時の被害を軽減するものだが、悪天候時など正常に作動しないこともある。機能を過信しないことが大切だということを改めて実感する結果となった。

※車種、検知システム、雨量、速度、路面状況などによって結果は異なる。

検証動画はコチラ

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
オートックワンの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

トヨタ プリウス の関連編集記事

トヨタ プリウスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ プリウス の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
オートックワンのおすすめ特集
編集企画(パーツ・用品)PR